悩める僕のヴァンパイア

nayameru boku no vampire

悩める僕のヴァンパイア
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784775522837

あらすじ

ヴァンパイアの兄弟と結婚した、大学生の柏木聡莉。そこに新たなヴァンパイアがやってきた。
彼は聡莉の夫2人とは兄弟同然の、いわば小姑。甘え上手で小悪魔な彼から何かといじめられて、妻として自信を失くす聡莉。
そんなとき、人間との協定をよく思わないヴァンパイア勢力に拉致され、聡莉は闇の人間オークションに出品されてしまう…!!

表題作悩める僕のヴァンパイア

エルネーとアルベルト,ヴァンパイア兄弟
柏木聡莉,ヴァンパイア兄弟の花嫁

評価・レビューする

レビュー投稿数1

乙女系なBL

プリズム文庫で、しかも作者が「あすか」と来たら
オレ的には自然と期待をしてはいけない作品だな、とは思うんだが
いかんせん、3Pモノでしかも前作もしっかり読んじゃったので…。

まったくもー、あすか氏のキャラ設定ってどう考えても合わないとしか言いようがない。
がっ、ブチブチ文句を言いながら最後まで読ませる何かは凄いよなー…。
スットコドッコイながらも世界観にブレがない。

いうなれば乙女脳な世界。
美しいヴァンパイヤにかわるがわる愛される平凡な男の子
なわけですが。
正直、この受けの何がよくてヴァンパイヤ二人が永遠ループの争奪戦を
繰り広げているのやら…作ってる弁当があまりにマズそうで嫌だし(笑)
こういうのって健気というのか?
しかし、そういう受けの存在は割にどうでもよくて、むしろ周囲の人間に
なんとなーく魅力があったりするんだよね~。
今回はとくに、ヴァンパイヤ少年、セレシュ!

前半は「あーー・・・・勝手にやっててよ」的な投げやり感タップリで読み進めていたわけですが、後半はめまぐるしく動く展開に「アホくさい世界観」と悪態をつきつつも目が離せない。続き
こういうところは「あすか」の面白さかもしれないッス。
3P好きな人にすすめられるかというと…うーん…3Pモノという観点はあまりありません。
つか、ヴァンパイヤもので3P描写に成功している作品ってあるんだろうか。
なんとなくだが、相いれないものを感じるんだなー。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ