上司と密愛 ~男系大家族物語(3)

joushito mitsuai

上司と密愛 ~男系大家族物語(3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
40
評価数
10件
平均
4 / 5
神率
40%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784774727530

あらすじ

もふもふ犬誕生で大騒動!?
子連れ上司と美形大家族長男のふんわり恋愛♪

表題作上司と密愛 ~男系大家族物語(3)

鷹崎貴 兄の忘れ形見の姪っ子を引き取った上司
兎田寧 西都製粉に入社2年目の大家族の長男 20才

その他の収録作品

  • 赤ちゃんが生まれた日
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

やっぱりウザイ女キャラ! 

2巻で家族そろってのCM撮影。 その放送後の影響は恐ろしい…。 良い人や悪い人、今まで思ってもみなかった周りの変化。 そして今回1番の大騒動はやっぱり双葉に関しての事! 本当に女キャラ絡むと腹の立つ展開なんですよね…(その親や学校の先生たちにも凄く腹が立ったけど)。その分、隼坂くんが凄くカッコ良かったし! そして今回の涙ホロリはやはり七生の弟誕生でしょうか? それまでの兄弟誕生の時のお話とかも含めウルウルしちゃいましたね。 

0

美形大家族の恋物語、第3弾です

来月4巻が発売されるので再読しました。家族ものが大好きです。このお話では、父親含む美形な8人家族が登場して、いろいろなエピソードにキュンとなったり、涙ぐんだりできます。今回は、お隣のワンちゃんのエリザベスがパパになったり、デマ報道に次男の双葉が巻き込まれたり、相変わらずのドタバタです。

2巻で、双葉はエリザベスの散歩中に、告白してきた同級生の隼坂に会って、今までの天邪鬼な態度を謝られます。3巻では、この隼坂くんの株が急上昇しました。ハッピーレストランの広告に出たことで、注目されるようになった寧一家。そのことがあだとなって、週刊誌に載ったデマ騒動で、退学に追い込まれそうになった双葉。隼坂は、その時に理路整然と説明して、双葉の無実を証明するのです。そして、大人たちに双葉を傷つけたことを謝れと、怒りを表すのです。この時の隼坂がカッコイイんです。その後の愛犬エルマーの出産では、兎田家の風習を大切にして、目に見えない優しさを見せてくれた隼坂に萌えます。なので、双葉のお相手は、鷲塚よりも隼坂でお願いしたいです(笑)

双葉のデマ報道騒動には胸が痛かったけど、周りの人たちの温かさに胸がホッ続きコリと温かくなります。4巻では、この一家にどんなことが待ってるのか楽しみです。

2

激しい恋愛はこの本に要らない!!

今回は前作のCMの影響を交えたストーリーで
自分達が思ってもみないところで影響があるんだなと。
いい意味での影響ばかりならいいけれど
やはりそこは妬みや、誤報といろいろと起こってきます。
(売るためには何でもする業界は本当に怖いねぇ…)
だけどこの家族の結託と、周りの人からの助けも有で乗り越えていきます!!


どこかの場面で必ず泣いてしまうこのシリーズ。
今回は最後のエリザベスの赤ちゃんでしたが、
七生に新しい弟(分)ができました!!
最初は、今回も超可愛いイラストだな~っとしか思ってなかつた口絵も
このストーリーを読んで改めて涙しましたっ。


やはりこの本は家族愛を楽しむものだな~と改めて実感!!
家族の生々しい現場を見たくないのと同じ気持ちカナ?
キスどまりで全然かまわないです!!
だけど双葉たちがどうなるのかは気になりますよ。
大きくなったきららちゃんが最終的に誰を選ぶの?とかね。
(もちろん家族目線でですけど)
なので子供がある程度成長するまで地味に続けてほしい作品です。

1

キラキラ(*´∀`*)

3巻目です!
3巻目ですが…もっともっと次を欲してしまいますよ
あとがき見るからにして・・・次あるの??文面見るにどうなんだろう
この3巻目のことなのかな・・・
とりあえずですが、まだ自分で読んだ中で解決しきれてないこの感じ・・・
つぎつぎwww

今回もキラキラな大家族は健在で、CMをかわきりに
家族の周りにいろんな騒動が巻き起こります
しょっぱなにメインのカップルのラブラブが見れて楽しいのですが
後半は大家族ネタ(よからぬ輩が出てきますよ)で大騒動です
家族ネタも大好きなのですが
もう少しカップルネタを欲してしまいました(;^ω^)

兄弟達の今後の成長やメインカップルの今後が気になって仕方ありません

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ