俺と子作りしませんか?― お父さんたちだって恋をする。シングルファザー同士の恋。

ちょっと並んで歩きませんか

chotto narande arukimasenka

ちょっと並んで歩きませんか
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
73
評価数
23件
平均
3.3 / 5
神率
8.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784796406314

あらすじ

1歳の娘を残して妻が出て行ってから育児に翻弄されている会社員の桜町。年下だけど二人の息子を持つマンションの管理人・久保田とパパ友になるが、「桜町さんみたいな人、好みなんですよね」って迫られるようになり…!?

表題作ちょっと並んで歩きませんか

久保田一生,息子が二人いるマンションの管理人,27
桜町征弥,娘と二人暮らしのシングルファザー,34

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

恋愛部分の展開がちょっと駆け足

とってもキュートな3人の子どもたちに★1つプラスかなー。子育てBLが好きで、それだけで甘めの評価になりがちなのですが、今作は最後までそんなに萌えを感じませんでした。

育児周りの描写は多くて、苦戦している様子は結構リアルなのかもと思います。その分、恋愛部分の展開が駆け足になっているように感じました。久保田が積極的に口説いてくるタイプであることを差し引いても、桜町はちょっと簡単に絆されすぎじゃないかな(汗) パパ友から恋人にシフトチェンジするにはあるべきステップを何段もすっ飛ばしている気がしました。

久保田家の事情があれこれ説明されている一方で桜町家の経緯があまり書かれていなくて、桜町と弥玖ちゃんがまるで二人だけで生きているような雰囲気なのも気になりました。実際は桜町のご両親が育児に前面協力しているはずなんだけどな…。別れた奥さんのことが全然出て来なかったな…。

北上れんさんの描く赤ちゃんが可愛いのは嬉しい発見でした。

2

パパさんガンバっています

最近小説は、作家買いばかりで冒険していないなぁ~と思い。
本屋さんの棚から、良さげなタイトルの本を引っ張り出してみまして。
北上れん先生の描く親子の絵に惹かれて、思わず買った一冊です。
表紙の、パパに抱っこされて眠る弥玖(みく)ちゃんが超可愛い!

表紙のまんまですが、シングルファーザーの子育て奮闘記でした。
背表紙のタイトルで手にしたので「並んで歩く」の意味するところは何だろう?
と興味が沸きまして。
楽しく読み始めました。


娘がまだ一歳で離婚してしまった、生真面目なサラリーマンの桜町。
歩いて数十分のところに実家があり、普段は実母が保育園へ迎えに行って娘を預かってくれていて。
たまに実母に用事がある時は、仕事を早退して保育園へ迎えにいく。
そんな育児中心の毎日です。

自宅マンションの管理人である久保田は桜町よりも若いが、二人の息子を育てる先輩パパ。
同じ保育園へ子供を迎えに来ていて。
そんな些細なきっかけから、唯一のパパ友になります。
久保田は桜町よりも何もかもが優れていて、コンプレックスを刺激する存在で…?


※感想書くと、結構続きネタばれするかも?注意☆

一番面白かったのは、娘が父親の桜町よりも他の男(久保田やその息子達など)に懐くと、桜町がヤキモチを焼くところ。
子供同士でも男とお風呂はダメとか、笑えましたw
桜町、ほんと親バカすぎです。
そこがチャームポイントなんですけど。
そして育児ノイローゼ気味な桜町とは対象的に、久保田の大雑把な育て方が楽しいです♪
息子だからなのか?
久保田だからなのか?

久保田の息子達、私の元職場のヤンママの息子二人によく似ていて懐かしくなりました。
上が真面目で人見知りで、下がヤンチャで人懐こくて。
正反対なのに顔は似ていて。
別の職員の赤ちゃんがいた時、触りたがって騒いでいたのを思い出しました。
子供同士仲良しなのは微笑ましいですが。
これだけイケメンに囲まれていると、弥玖ちゃんは相当な面食いになりそう…?

ちょっと残念だったのは、二人の奥さんの事。
色んな奥さんがいるのはわかるんですが。
どちらの奥さんも、色々とあっさりスルーしすぎかな?と思いました。
まあ、パパが子育てしないと始まらないお話ではありますが。
それから、久保田の友人の漆原。
結局、彼は何がしたかったんでしょうか?
二人の邪魔をしたかったのか、横取りしたかったのか?
ただ単に、からかいたかっただけなのかなぁ?

そして、最後のほうでの久保田のスネた感じの態度を取った時なんですが。
あれも何故そうなったのか、イマイチ私には理解出来ませんでした。
久保田は実は、押せ押せキャラでは無かったという事なのかなぁ?
本当は意外とヘタレだったという事?
そこがわからず、私にはしっくりこなかった部分でした。

何にしても、パパものは楽しいです♪
子供の扱いに悪戦苦闘している男性の姿は、母性本能を擽りますね!
今回弥玖ちゃんが可愛すぎて、ニコニコしながら読んでしまいました。
タイトルも素敵だし、北上れん先生の挿絵も最高だし♪
次もパパものを読もうかしら?

栗城偲先生の本は、初読みだと思っていたら、以前一冊読んでいました。
レビューしてなかったから忘れてました~☆
この他にも、栗城先生の本を読んでみようと思います。
ありがとうございましたm(__)m

2

う~ん…

ちるちるさんのBL News『子連れ男の恋 3シングル』の記事を拝見して手に取ってみました。内容はすでに書いてくださってるので感想を。

なんだかしっくりこないな。
というのが読後の感想です。自分が産んだ子を可愛いと思えない、という桜町の元妻の気持ちは分からなくはない。けれど、あんなにあっさり「子供いらない。離婚する」という発想になるかなあ…。子どもがかわいく思えないという感覚は別におかしいことでもなんでもないと思う。子どもと一緒に親も成長していくものだと思うし。なのにまだほんの赤ちゃんなのにすぐに「いらない」「離婚」という結論を出してしまう元妻と桜町に全然感情移入できなかった。

バイだという久保田の気持ちはわかる。離婚して幼い娘を抱えて、家事に育児に一生懸命でテンパってる桜町を可愛いと思い助けてあげたい、という気持ちから恋心が芽生えてくるのは。

けれど、桜町はノンケさんで、性的にも淡白で、子どものことで手いっぱいで、そんな中言い寄られたからって男を恋愛対象として見れるものなの?と。優しくされても、それが「恋愛」にはふつう結びつかないんじゃないのかなあ。とそこで躓いて続きしまった。どこでどのように恋心が育って行ったのか、全くさっぱりわからなかった。

久保田の二人の息子たちが桜町の娘に「結婚して!」というくらい可愛がる姿にも「?」と思ってしまった。あれくらいの年の男の子なら、一緒に遊べない年下の女の子にそこまで執着しないんじゃないのかな、とか。上の子はともかく下の子はあんなにしっかりするものなのかな?とか。

久保田の友達で元義弟の漆原と久保田がくっついた方が個人的にはよかったな。漆原の作り話だったみたいだけれど、ずっと好きだった友達を肉食系の姉ちゃんに取られ、ノンケだと思って我慢してたのに相手はバイで男も恋愛対象になる男で。で、恋人になれそうだと思ったらどっちもタチ?どっちが受けやんの?的な。でもそしたら全然違う話になっちゃいますねえ。

北上さんの表紙も挿絵も、すごく良かった。子どもたちはすごく可愛かったし、イケメンさんが見れて目の保養にはなったのですが。

けれどごめんなさい、同じ親としてぜんぜん気持ちが理解できなかったし、BL的な展開も、どうにもこうにもツボに入らないお話でした。

5

ほのぼのしてました。

管理人:久保田一生×リーマン:桜町征弥です。2人とも嫁に捨てられたシングルファザーでした。

今までの子持ちBLってある程度、手が離れているけど同性愛については良く分かっていない皓也(久保田の息子)くらいの年齢が一般的ですが、今回は乳児(桜町の娘)と保育園児(久保田の次男)が出てきます。
正直のっけから育児ノイローゼから始まるBLって珍しいかもしれません。

初めはパパ友からだったのですが、桜町親子が体調不良になったときに最近寝付きが悪いということで久保田が抜いたというまさかの突然のBL展開でした。←レビューとか何も見ずに北上さんだったため購入したので、両想いくらいで終わると勝手に決め付けてましたw

個人的に、思春期になった子供たちが父親たちの同性愛に気付いて、盛大に悩んでいるのが見たかったりするんですよね。

今まで色んな当て馬を見て救済してあげてって思う当て馬がほとんどでしたが、今回の漆原に関しては特に何も思わなかったですね。
なんか、ただ単に久保田と桜町をからかってるだけにしか見えなかったもんで・・・。

2

身につまされ過ぎて・・・

 まず思い出したのがクロホシイシモチ、というお魚の話。雌が産んだ卵を雄が口の中で育てる習性で知られてますが、時々、育児中の雄を置いて別の雄とラナウェイしちゃう雌が出るそうな。
 本作の受け桜町と攻めの久保田。ともにおさな子を残して妻に去られたシングルファーザー同士です。子育てBL自体はさほど珍しくない昨今ですが、生真面目な桜町が育児ノイローゼ寸前まで追い詰められる辺りが異色といえましょう。
 忙しく働く同僚に肩身の狭い思いをしつつ、早退して保育園のお迎えに走る。仕事で疲れてても家での用事は山積、しかも子どもはぐずって夜もゆっくり寝られない。なにも片付かないうちすぐ次の朝が来て、また子どもを起こして、ご飯を食べさせて、保育園経由職場へ・・・
 そのしんどさがすごくよくわかる、というかわかりすぎてつらい。身に覚えがありすぎる。現役で育児に悪戦苦闘していたころ、何度「クロホシイシモチの雌に生まれたかった」と夢想したことか。普通の仕事なら、辛さに耐えかねて職場放棄したところで、せいぜいペナルティは馘首になるくらいで済むけど、育児じゃそうはいかない。下手すりゃ殺人罪だ・・・自分にそう言い聞続きかせてなんとか踏みとどまったけれど、正直、地獄だった。(そういうスタンスの親に育てられる子どもの側もたいがい迷惑でしょうが)
 
 もちろん、本作の桜町にはちゃんとイケメンのパパ友久保田という救いが用意されていて、孤独な育児に風穴を開けてくれると同時に新しい恋も芽生える。でもそこに、ずっと不幸だった受けが最後の最後で幸せをつかんだ時のようなカタルシスを覚えるかというと、私には無理でした。心が単なる絵空事と認識しきれなかったのでしょう。当時のしんどさ、息苦しさだけが鮮明に蘇ってきて、物語を楽しむ余裕が生まれなかったんです。


「萌え」のはるか対岸に連れ去られたような感じ。私がBLに求めているものは、いつも自分の上に垂れこめているのと同じ灰色の雲ではない。少しだけ違う色の空が見たい。別にそこにきらびやかなセレブや超絶美形が群れをなしていなくてもいい。地味でも地に足の着いた暮らしをしながら、誰かと心を通わせてゆく過程を読みたい。でもささやかな非日常は残しておいてほしい。
 
 現実の子育ての地獄から私を救ってくれたのは当然のことながら素敵な新恋人などではなく、時間の流れでした。子どもが育って手が離れただけのことです。


 評価は、きっぱり「趣味じゃない」とするべきなのかもしれませんが、おっぱぶから鵺まで、とてつもなく広い栗城さんの作家としての守備範囲と、北上さんのフェロモン滴る挿絵に敬意を表して星ふたつとします。

 

 

3

タイトルが沁みます

すみません、北上れんさんのイラストがあまりにも素敵だし
子持ちやもめ同士で萌えないわけないな!と確信がありましたw

一歳半の娘を持つ桜町は、妻に「娘を愛せない」と言われ離婚に至り
実家の助けも借りて、理解のある職場のお陰もあり
日々奮闘する34歳のシングルファーザーです。
自分なりに妻に一生懸命接して来たつもりでしたが
何事も荒立てない性格の為、言い分を了承し
娘をしっかり育てようと努力していても
言葉もままならぬ、むずかる子供に対して疲れも出るのは当然です。
そんな時に、若くしてマンションの管理人・久保田と縁があって
度々顔を合わせるようになり
久保田も二人の息子がいるシングルファーザーだと知り…。

これがね、子供を愛するのが当たり前的な
パキパキ育児書通りみたいな展開とかだったら入り込めませんでしたが
桜町の心身疲労と、でもこれじゃいけない葛藤がリアルでしたし
久保田のアドバイスが心地よかったです。
自分でもどうにもならない気持ちの時に
「それでいいんですよ、あなたはちゃんと頑張ってるよ」と認められたら
ママ友ならぬパパ友がいない桜町は心続きを許してしまいたくなりますよ!
自分の時間さえままならなくて、
思い通りになんていかなくてイラついて…。
でも「ちょっと無理にでも笑った方がいいですよ」みたいな久保田の言葉、
魔法のようでした。
少し口角を上げるだけで、子供にも伝わるものがあるって。
最初は語尾を伸ばす喋り方がチャラいな…と思いましたが
さすが子育てにおいて先輩だけあって
(しかも男の子だから、多少雑でも平気!w
とは言えちゃんと躾等してました)
色々頼れるし、心強いに決まってます。

桜町はストレートでアッチの方が淡泊でしたが
年下だけど頼もしいところがあるバイの久保田に押され気味になって
当て馬登場という展開もあり
どんどん久保田が自分以外を好きになったら…と不安に駆られます。
この当て馬、最初は小憎たらしいな!って思っていましたが
おおお、あなたはそうだったんですか!と終盤で微笑ましくなりましたw

桜町はちょっと天然で優柔不断っぽいところもあるけど
真面目なので嫌な気持ちになりませんでした。ホントに頑張ってるし!

久保田のアプローチに無理矢理感は無くて、
ちゃんと桜町に逃げ場を残してくれながらも
しっかり想いを伝えるところが好感度高かったです。
どこの家庭でもあれこれ事情があって、
それでも共に生きていくのですね。
余談ですが、久保田の強い想いが
松下優也さんの「Trust me」にぴったりな気がして
桜町に捧げたくなりましたw
“泣いてみればいい”とか…泣いちゃってましたもん、桜町。

久保田の優しさが全面に出ているようなタイトルでじーんとし、
北上れんさんのイラストに「ほぁあああ!!」になり、
(桜町の首を背後から甘噛みして前を弄るところは鼻血もの)
ほのぼのむらむらさせていただきました!w

6

子連れ同士

攻め様、受け様共にシングルファザーです
お互い理由は違うものの元妻に「捨てられた」形で別れて
シングルファザーとなっています

受け様は娘を一人、自分では頑張って頑張って
もう限界だ!というところで攻め様と出会います
気真面目で一人で抱え込んでと、ちょっと育児に疲れておられます

そんななか年下のそれも息子2人の父親でもある攻め様が
現れ、パパ友という形からではありますが知合います
子供をかえしてですが、仲が良くなり・・・
攻め様が冗談めいたように聞こえるように最初は
受け様を口説いていきますが、本気だと言いだして・・・

受け様が子育てで苦悩するのを、攻め様がいいようにカバーしてくれて
どんどん距離が縮まっていきます

受け様が消極的でたんぱくな感じだけど、攻め様が積極的で肉食で
話がどんどん進んでいきます
2人の中を良いようにかき回してくれる、攻め様の友達も現れて
受け様振り回されっぱなしでした

子育てあるあるがよく書かれていて、子育て中な自分には
そうだよね~そうなんだよね~と楽しく読めました(*´∀`*)

5

シングルファザー同士の恋

表紙に惹かれたのと、BL新刊小説が積まれてる中で一番減ってたので購入してみました。

シングルファザー同士の恋愛のお話で、子育てと恋愛の話のバランスがよかったので安心して読めました。
子育ての悩みや嬉しさが、深刻すぎずでもちゃんと書いてあって、一緒に恋愛が進んでいく様子も自然に書かれてる感じが私は好きでした。
ちょっと心配だった子供の母親についての書かれ方が、私は良かったなと思いました。変に責められたり美化されてなくて。

受パパがかわいかったです!真面目で押しに弱い美人パパですが、攻パパに迫られてる時の様子がかわいくて萌萌でした!
子供達もそれぞれ個性的でかわいかったです!!

北上れん先生の挿絵もよかった!子供はかわいいし受パパは美人さんだし攻パパはチャラいけど頼りがいのあるイケメンというのが素晴らしく表現されてました!義弟の絵も見たかったな

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ