あなたの好きな人について聞かせて

anata no suki na hito ni tsuite kikasete

あなたの好きな人について聞かせて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×215
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
124
評価数
37件
平均
3.5 / 5
神率
18.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403523601

あらすじ

コンビニバイトで生計を立てつつ作家を目指している路郎は、ある日ネタを考えながら歩いていて車に轢かれかける。間一髪で路郎を助けてくれたのが、コンビニの客でもある高校生の蓉平だった。
自分のせいで骨折して入院する羽目になった蓉平に、何かお詫びをしたいと申し出たところ、彼は毎日SSを書いて持ってこいと言いだして!?

ツンデレ毒舌高校生と天然お人好し小説家の卵の年下攻スイート・ダイアリーv

表題作あなたの好きな人について聞かせて

泉野蓉平・17歳・高校生
星川路郎・作家を目指すコンビニバイト

評価・レビューする

レビュー投稿数9

妄想力がスゴイ!

ツンデレ高校生×天然系のフリーターの、年下攻めのお話です。
全然思っていた雰囲気と違って、ちょっと変わったコメディー風の作品でした。

小説家を目指すフリーターの路郎が、誤ってケガをさせてしまった高校生・泉野を毎日見舞うがてら、彼に自分の書いたSSを見せるのですが、そのSSの内容がどれもズレてて面白い。
こっちがとてもインパクトがあって、あんまり恋愛小説を読んでいる気分にはなれなかったかもしれません。

口が悪くツンデレな年下攻めは、私にはとても可愛く思えました。
天然系やんちゃ系な年上受けもツボでした。
ツンデレと言っても、後半はいっきにデレてはくれますが、恋愛モードに入るのはそれまでがおかしな妄想力(?)過大なコメディーだったので、ちょっと唐突だったかも。
謙遜系の年下よりも、不遜系な年下のほうが好きなのでカップリングには楽しませて頂きました。
ストーリーはただひたすら受けが書いた小説を持っていって攻めに読ませている…というものなので、結ばれるまでにもっと紆余曲折があっても良かったかも知れません。

でもこれはこれで、ちょっと変わったお話になってるのが売りな続きのかなあと思います。表紙のタイトルと雰囲気からしっとりしたストーリーを想像していたので色んな意味で意を突かれたなあと思いました。

0

攻の変わり様が可愛い

内容はほかの方が書かれているので感想だけ
路郎(受)に辛辣毒舌高校生と呼ばれている、蓉平(攻)が、
コンビニでバイトしていた路郎に『ズキューン、好み』って一目惚れ
車に轢かれそうになった所を助け、それをきっかけに
どうにか関係を繋げたくて、あの手この手で面会の約束をして
ひたむきにアピールをする蓉平
でも恋愛事に疎い路郎は、全く気付かず。

蓉平が、自分のいままでの行動を事細かく説明し、ツンな態度の理由や、自分が今までどんな風に路郎を想いアプローチしていたかをバラしていく所は、ツンデレキャラの蓉平の滅茶苦茶可愛い萌えツボでした。
天然で、鈍い路郎には、そりゃあ通じないわな〜てなアピール。
とにかく行動すべてが可愛いです。
それに比べて、路郎が蓉平に対して両想いになっていった過程も
分かりずらく、もう少しはっきりと書いてほしかったかなと…

蓉平はメッチャ萌えたのですが、路郎には今ひとつ感情移入でき無かったので、萌評価です。

0

息継ぎさせてw

コンビニでバイトしながら作家を目指す路郎(受け)は、ある日トラックに轢かれそうになったところを、コンビニ常連のイケメン高校生・蓉平に助けられる。
怪我で入院した蓉平に、毎日SSを書いて持って来いと言われ…。

典雅さんお得意の(?)
コミカルでぶっ飛んだ展開と
ものすごい長台詞の応酬の末に
いつの間にかラブが芽生えている
というなんちゃってラブコメ。

面白い台詞もあるものの、
一人の台詞が4~5行(しかも無駄な情報や喩え話が多い)くらい続くので、
掛け合いの面白さやテンポの良さはイマイチ。
作風なのでしょうが、個人的にはもう少し緩急が欲しいところでした。


毒舌な蓉平(攻め)ですが、
あからさまに路郎に興味津々で
何だかんだ理由をつけて
一緒にいたがるので、
路郎に惚れているのは丸わかり。

中盤の告白シーンで、
今までのツンな言動の理由を
一つ一つ、事細かに一息に喋り倒す場面には圧倒されましたw
お笑いで言うと、
勘違いネタのコントで
最後で一気に種明かしされるような
気持ちよさ。


しかし肝心のSSは、個人的にどれも続き
笑えませんでした(すみません)。
突飛なネタに走りすぎているし、
小説なのにト書きスタイル中心なのも
どうかと。
ただでさえ台詞が長いのに、
作中のSSまで台詞の応酬なので
せっかくのコミカルなシーンが
単調に思えてしまいます;;

また、前半に比べて後半は
蓉平のキャラがハッキリしなく
なくなってしまったのも残念。
毒舌ツンキャラは演技でしたと
告白したまでは良いけど、
そこからデレデレになるでもなく。

実際の彼は気配りができる好青年、
だけどハッキリ物を言うところは健在で、演技で路郎を騙すしたたかさもあり…
という、可愛いんだか憎らしいんだか
よく分からないキャラと化しています。
これなら前半の毒舌ツンデレキャラのままでいてくれた方が面白かったような…。

コメディとしても恋愛物としても
ちょっと不発かなということで
すみませんが中立で。

4

爆笑にはいたらず。

ある日道を歩きながら妄想していた路郎(小説家志望、童貞)は、
あわや車にひかれそうになったところを、
蓉平(イケメン高校生)に助けられる。

足の骨を折る怪我を負って入院することになった蓉平の提案で、
毎日与えられたお題でSSを書いて見舞いに行く事にさせられた路郎。

まぁ、実は蓉平は前から路郎に好意を持っていて
これをきっかけに近づくべくこんな約束をさせたんだけれど、
このSSがなかなかアホらしくて面白い。
おネエものやら、シャンプーの擬人化やら、百合ものやら(笑)

好意を隠してツンツン生意気、
でも本当は好きで好きで飛びかかっちゃいそうな年下攻めと、
恋愛スキルが乏しくて、天然ぶりを発揮する受け。

面白いんだけれど、サラサラーと読みました。
クスッとする場面はあるけれど、爆笑にはいたらず
そして、おおやかずみさんの絵は
小林作品のコミカルさとは違うよなぁ……と、
全体に悪くないけど強くは印象に残らない気分で読了。

4

典雅作品では王道なのかな

典雅さんの年下ワンコもの。
過去どの作品も楽しさのあまり一気読みな典雅さんなんだけど、今回はなんだかなかなか進まず。3日もかけて読了です。
二人の掛け合いも噴き出すほどじゃなかったんだよなあ・・・。
私が勝手に、受けのとぼっけっぷりをもっと要求してしまったのかも。
最後の浴槽に湯を張ろうとしてたとこへの容平のつっこみには笑ったけど、いつもほどの噴き出すってほどでもなかったし。
最近の典雅さんの作品には、アクが強い人がいないように思えて、そこも淋しい限りです。

1

安定の作風に満足♪

待ちに待った典雅さんの新作!
私が典雅作品に求めるものは、肩の力が抜けそうな笑いと癒しなので、この作品も、充分期待に応えてくれました。

典雅さんの作品に多く見られる「本筋とは関係ない小ネタ」は、今回は主人公の書くSSという形で出てきますが、これがまた期待を裏切らない。
ホント、BLでこういう「ぷっ」「くくくっ」と言う笑いをあやまたずくれる作家さんは他にいないと思いますし、ぶれずに姿勢を貫いてくれるので安心して読めますよね~♪
実際、今作でも、何回声に出して笑ってしまったか!
擬人化SSも笑いましたが「百合じゃないですか」のツッコミにも吹き出しましたし、ネタだけの「柑橘擬人化お笑いコンビもの」も読んでみたい!と悶絶しそうでした(笑)
主人公の天然ボケっぷりも、さすが典雅さん!の安定感。
たいてい主人公の心の中で展開されているツッコミが、今回は攻めのツンデレ台詞として展開されます。余計な一言てんこもりのツッコミにも何度も笑いました♪

後書きにありましたが「すこしでも元気な気分になるビタミンBL」を狙っている典雅さん。
ありがとう、元気になれました!
一週間くらい続きおいて、また読んで、気持ちも新たに笑いたいと思います^^

2

楽しい典雅節。でも攻めのよさって「?」

萌×2と迷いました。作中作(SS)が面白かったのです。
このタイトルで、挿画がおおやさん。わたしはてっきりコメディ路線を封印、しっとりラブストーリーに挑戦か?と思ってました。そうではなかったです。コメディです。

「ツンデレ毒舌高校生と天然お人好し小説家の卵の年下攻スイート・ダイアリー」受けを助けた為攻めが入院するはめに。償いにと小説家の卵の受けはSS作品を読ませることになって?ーーあらすじをお読みくださいーー

わたしは年下攻めは好きなんですが、この攻め、ツンデレ「キャラ」だし「態度」だけど、人格っていうか性格が「?」。毒舌すぎ!と思う箇所もあって照れてると感じられず、印象がさだまらなかったかんじがします。
イラストがまた。キレイ目の絵の雰囲気が、内容に合ってないので余計キャラクターの印象がブレた気がしました。

好きになるまでを本編で、書下ろしで思いを深めてHまでというのはいいとおもうんです、本編につめこむよりも。(スンマセン、えらそうー;)
 どっかで攻め視点があればなーとか。
「うわ、ガキっぽいこと言っちゃた俺、スケベ丸出しって引かれるってば、なんで口がすべ続きるんだよ、でも困った顔がかわいいだよ~~」とか、自分に突っ込みを入れまくってる姿(例えばですが)とか垣間見えたら、攻めキャラも好きにもなれたかも、と。
年下を気にしてる感がでたら、年下設定がより生きるかなと思いました。…年下を印象づけるエピソードがないからかな?サカってる、以外に。「(その実)素直だ」的な「言葉」はあるんだけど、印象に残る「エピソード」ってないよね、みたいな?

で、でもレビューを書こうと思ったのは
本を読んでて、声を出して笑ったのは久しぶりだったので!
シャンプーとコンデショナーの擬人化が笑えます!!楽しいものを読みたい方にはオススメ!!

「どうもわたしは作家が作家をかいたものは苦手だな~」と思いつつよんでしまって。あとがきを先に読めばよかった…描かれている作家像は作者の分身ではないそうです。

5

前作に似すぎでは?

うーん、またしても年下攻めなのか、小林さん。
個人的に小林さんの作品では年上攻めの方がだんぜん面白いので、開いてがっかりしてしまいました。
前作に引き続き、またしても高校生攻め…せめて受けなら気分も変わって良かったのに。
設定は違っても前作のディアプラ作品『素敵な入れ替わり』と同じような雰囲気の作品で(年下攻めで、この年下キャラがシッカリしていて最初可愛げがない)、笑いもほとんど生まれませんでした。
そしてなぜ、ディアプラはあらすじを前持って出してくれないのか。
確認してから買いたいです、本当に!

********************
受けは大学卒業後、バイトをしながら作家を目指す路郎、23歳。
勘当同然で家を出、現在友人宅に居候。

攻めの蓉平は、相当モテるであろう容姿の17歳の高校生。
ボヘーっと歩く路郎を、引かれかけたトラックから救ったことで骨折し入院するはめに。
********************

入院中の退屈しのぎにと、毎日SSを書いて持ってくるように約束させられ四苦八苦の路郎。
実は蓉平は路郎に以前から片想いしていて、毎日顔が見続きたいため無理を言ったわけですが、本編は雑誌掲載のため100ページ強という短さで、ほとんどをこのSSの内容とふたりの会話でしめられています。
そしてこのSSは小林さんの他作品の物に登場したドキドキアンケートを凌駕できず中途半端で、これにページをとるのはもったいなかったです。
蓉平がSS風に告白したものの方が面白いっていうのは、本末転倒ではないかと。

本編が短いために書き下ろしで色々補っていますが、そちらはおつき合いスタート後のお話です。
すでに心だけはラブラブ。(体はちょこっと最後に)
個人的には好きになったりつきあい出すまでの過程を読みたい派なので、山も特にありませんし残念だなあと思いました。
最近は小林作品に期待し過ぎてしまっているのかもしれません。
攻めの蓉平よりも、路郎の間借り先の友人の方がキャラが面白いのもね。
いっそのこと、こちらが攻めでも良かったのになあ。

イラストはおおやかずみさん。
わたしの中ではおおやさんは少女漫画家という印象があって(実際学生時代には少女漫画雑誌で拝読してましたし)、なんだか妙な気分でした(苦笑

6

言葉が大事

どんなに心で思っても、言葉にしなきゃ、自分の気持ちは伝わらない。

小説家を目指している路郎は、コンビニでのバイト中も、道を歩いているときも、小説の構想を頭の中でこねくり、こねくり。
今日もポヤンと歩いてて、うっかり車道に出てしまい、そこをイケメン高校生くんにすんでの所で助けられたけど、代わりに高校生くんが骨折してしまい、、、。

入院した高校生くんと話しているうちに、路郎は彼に毎日小説の習作を書いていって見せることになります。

主人公が小説家を目指している設定なので、主人公が書いてくる、ちょっととんちきな短編小説がおもしろい。
この辺は作者の小林先生も大いに楽しんで描かれたようです。
で、この主人公の路郎が、小説家なんて言葉を使う仕事を目指している割には、人の言葉の機微に疎いというか、ツン過ぎる蓉平のアプローチに全く気付かないし、
小説家なんて仕事を目指してるだけあって、すべてを自分の頭の中だけで自己完結しがち。
どちらも、一言ちゃんと言葉にして口に出していれば、些細なことですれ違うこともなかったのに、、、。

まあ、お話としては、ちょっとぐらいもめてくれ続きないと盛り上がらないからね。

さて、はたして路郎の心の叫びは届くのか!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ