きみは可愛い王子様 若旦那の恋のお作法

kimi wa kawaii oujisama wakadanna no koi no osahou

きみは可愛い王子様 若旦那の恋のお作法
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
6件
平均
3.5 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大誠社
シリーズ
LiLik文庫(リリ文庫・大誠社・ブライト出版)
発売日
価格
¥609(税抜)  ¥658(税込)
ISBN
9784865180251

あらすじ

事故で両親を亡くした老舗質屋の跡取り・怜一。悲しみに暮れる自分に寄り添ってくれたのは、兄弟同然に育ってきた番頭のまどかだった。「ずっと傍にいる」そんな温かい言葉とともに。家族のように――家族以上に大切な人、まどか。月日は過ぎ、日に日に育っていく彼への想いを温めていたが、まどかがいずれ自分を置いて出て行くつもりだと知り! ? ――傍にいてくれると言ったのに、なぜ? 困惑し、彼を引き止めようとする怜一だが、まどかのとある過去が明らかになって…。

表題作きみは可愛い王子様 若旦那の恋のお作法

折原まどか,幼馴染みの大番頭,31歳
葉山怜一,老舗質屋の若旦那,霊感体質,24歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

天然で腹黒な王子さま

老舗質屋の息子・怜一(受け・24歳)は両親を事故で亡くし
急遽若旦那として店を継ぐことに。

おっとりしたお坊っちゃんだが
身内以外にはドライで意外と腹黒い怜一。

親戚たちが、大番頭で兄代わりのまどか(攻め・31歳)を
追い出そうとしていることを知ると
まどかを守るため、
持ち前のおっとり腹黒キャラと霊感体質を生かして
周囲の大人たちを出し抜いていきます。


天然に見えて抜け目ない怜一は
自分に好意を寄せるまどかのことも逃がしません。
今までは、自重するまどかのスタンスを尊重し
知らないふりをしていたけど、
両親の死後、自分のため屋敷を離れようとするまどかを
自分から襲い、既成事実を作ってしまう。

いつまどかがその気になってもいいように、
ローターや首輪まで用意していた怜一。
昔から無自覚にまどかのことを好きで、
まどかを守るため強くなる!という決意は健気なのに
対外的にやってることは腹黒、
まどかへの迫り方はSなのにプレイではM志向という
なかなかトリッキーなキャラでしたw


ただ、いい歳してお茶の間でなぜHしてくれな続きいのか
まどかに問い詰めたり
「教えて、ください…、僕のこと、まだ、好きですか…?」
とベソをかいたりするのは
あまりに幼稚に思えちょっとげんなりしてしまいました;
でも、まどかがヘタレと紙一重なくらい我慢のきく大人なので、カプとしてのバランスは良いかな。


骨董品や、そこに取り憑く怨霊たちのエピソードは
怜一の世渡り上手な面を演出するために出てくるので
そんなにファンタジー色は強くありません。
天然腹黒でエロい怜一のキャラを楽しむ一冊という感じでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ