ひどい男、ずるい男。でも逃げられない――

くちびるに蝶の骨(1)~バタフライ・ルージュ~

kuchibiru ni chou no hone

吻上唇间的蝶骨~Butterfly Rouge~

くちびるに蝶の骨(1)~バタフライ・ルージュ~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
61
評価数
16件
平均
3.9 / 5
神率
25%
著者
 
原作
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861347245

あらすじ

SEの柳島千晶は、傲岸不遜なホストクラブオーナー・王将と同居している。大学時代、彼の下僕のような生活を強いられたあげく、「俺のオンナになれ」とレイプされて以来、身も心も強引に縛り付けられていた。何度も逃げ出しては捕らえられ、お仕置きと称して手ひどく犯される千晶。王将にまとわりつく女性の影に耐えながら不毛な関係を続けていたが、転勤を機に今度こそ別れる決意をするが…。大人気小説、ついにコミカライズ!

表題作くちびるに蝶の骨(1)~バタフライ・ルージュ~

柴主将嗣,元カリスマホストのホストクラブオーナー
柳島千晶,総合通信販売会社のシステムエンジニア

評価・レビューする

レビュー投稿数4

数ある鬼畜攻めの中でもこれは酷い

原作は読んだことがあるので、漫画も絶対読みたいと思っていたんですが、痛々しくて酷いシーンの多いお話だとわかっていたので多分1巻だけだともやっとするだろうなぁと思い、続巻が発売されるまで待っておりました。
読んだ感想は…やっぱりこの巻だけ読むとかなり酷くてもやっとします。

漫画として読む利点・欠点は両方あるなーと感じました。
まず良いところはキャラの表情だと思います。大学生時代の千晶のツンデレな顔や、大人になって次第に無気力になっていく様子、感情を抑えていく様子が漫画だとすごく伝わってきます。
欠点は、やっぱりもとが小説なので、会話の部分はずっと座ってるだけ^^;
2話くらいで千晶と先輩が喫茶店で話してるシーンがあるけど、小説だとなんとも思わなかったのに1話まるまる座って会話していてさすがにこのへんは漫画だと厳しいなーと思ったり…。仕方ないことですが。

しかし、攻めの王将が本当に酷い。酷い攻めは数多く居れど、このキャラは弁明のしようがないくらい酷いですね。
ラストがどうなるかわかっていますが、むかむかします。こんな酷い人本当にいるの?て思ってしまう。
その王将に千続き晶は大学生のころから女のように扱われ、逃げようとしても屈服させられ、今では同居させられて、かといって本人は平気で家に女の人を連れ込んで千晶の見える場所で抱いたりします。

そんな関係のままずるずる10年以上…。というのは流石に何故??とも思います。
「逃げようとしてもセックスで屈服させられる」と千晶は言っていますが、本編中抱かれてるシーンは何度もあるけど暴力を振るわれるわけでも薬を盛られるわけでもないのでホントの本気で嫌なら逃げようはいくらでもあると思います。
なので結局、王将が好きだから離れられないんだなぁとも思う。
千晶と王将を大学時代から知る先輩も、そんな2人の関係をうっすら気にしていながら10年以上も「知らなかった」というのもちょっと奇妙な気もしました。

千晶は最初は感情が激しく抵抗しているのに、10年以上そんな状態でしだいにあきらめ、惰性で逃げられないでいる。そんな千晶がやっとここが限界だと区切りをつけ、王将からはなれようとするお話です。
今まで放ってきた問題を10年経ってやっと向き合うというのは遅すぎる気もするんだけど、どうなっていくのか気になる!と思うようなところで終わっているのが面白い。

あと、かなりえろいです。原作ももちろんえろいけど絵で見るとさらに凄い。
ただし無理やりなシーンが多いのでそういうHが苦手な方が読むとちょっとというか、かなりむかむかするだけかもしれません。
私は陵辱も強姦も無理やりも大丈夫だけど、これは肉体的により精神的にかなり可哀想だと思ってしまいました。ここまでくるといくら王将が好きだと言っても気の毒です…。

イラストは、実は小説のときはあんまり意識していなかったのですが、とても合っていると思います。
身体も綺麗だし、作画されたのがこの方で良かった~と思いました。

なんだか原作を読んだ前提の感想になってしまいすみませんが、^^;原作を未読の方も既読の方もおすすめだと思います。
ただ、個人的には何度も書いたようにこの巻だけだとひたすらイライラするだけなので続きも用意して読んだほうがよいかも、と思います。
ハッキリ書いてしまうと、この巻だけでは千晶がひたすら酷い目にあっているだけで可哀想な作品です。

0

ムカムカ!

なんか、読んでいてムカムカする作品でした。
ホストの王将が身勝手だし、千晶はレイプされるわ、見せつけられるわ、ほんと、なんなの!!

って、思いつつ、まさかこのままで終わらないよね?と期待してしまう。

でも、純愛、ラブラブが大好きな私としてはこの巻は、こんな評価です。

複雑なのが好きな人には神なんだろうなぁ。

0

結末分かってるけど…

崎谷さんの小説をコミカライズ。
原作は既読済みなんですが、先が分かってても楽しめました。

しょっぱな、なかなかのエロシーンから始まるわけですが…早くも将嗣のドグサレ具合が見えてます(笑)
ホストクラブオーナー、柴主将嗣。
かつて王将という源氏名で荒稼ぎしたこの男。
ほんともう、俺様もどころか帝王様。
仕事だ、とぬかし同棲している家に女連れ込んでヤるし浮気はするし。
どこがいいの?こんな腐れ野郎、と思わず疑問。

そんな将嗣にからめ取られたのは大学時代の後輩、柳島千晶。
十二年も縛り付けられ、もういよいよ潮時だ、と山梨への異動を受けようと決める。
それから話は過去、将嗣と出会った時代へさかのぼります。

始まりが始まりだけに、一筋縄ではいかない二人の関係。
次の展開を早くコミックで読みたいなぁ。

1

これ小説も読みたい。

普通の斧落としたのに、金の斧出て来て、思わず「それ!!」って受け取っちゃった系、電子衝動買い(笑)
ええ、そうです。強引、陵辱、強気攻め、淫乱受け、大好ブツですよ!
小説の方は、どこのレビュー見ても酷評の方に『参考になった』多く押されてたけど、腐っててごめん、私これ好きだv
攻めの気持ちがわかんなくて、受けが悩んで、泣かされるヤツ・・好きだ!!
コミックス読んだ感じは、まだまだキッツイ事ないけど(無いって思ってる私がおかしいのかなv)、どれも大事な布石なので、ムフムフしながら楽しめる。
次の巻、当分出ないだろうな〜。やっぱ小説買っちゃおうかな〜。
しかし検索して驚いたのは、新品600円台で、中古の方が1500円近くするってこと・・。
そ、そうなんだ・・。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ