王太子は無慈悲に愛される

outaishi wa mujihi ni aisareru

王太子は無慈悲に愛される
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
29
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
33.3%
著者
 
原作
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799724477

あらすじ

交通事故から子供を助けようとした大学生・鳳鳴が目を覚ますと、そこは古代の宮殿!
不思議な術で王太子に転生してしまったのだ!!
三食昼寝つきで国一番の金持ちなんて最高…と思ったのも束の間、美しくも傲慢な臣下・容恬に組み敷かれ正体を暴かれてしまう。
しかし容恬は現代の知識を持つ鳳鳴に次第に魅せられ、惹かれていく。そして鳳鳴も…。
そんな中、国を揺るがす大事件が!?

中国や台湾を震撼させた100万部突破の大人気BLシリーズ、待望の2巻!!

表題作王太子は無慈悲に愛される

西雷国・摂政 容恬
西雷国・王太子 安荷 (大学生 鳳鳴)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

中華!

美麗な絵柄と、中華な雰囲気に1巻は燃えた!
・・・はずだったんですが、いかんせん前作からの期間が開き過ぎて
まったく内容もキャラクターも展開も忘れているというね。
しかも次回へ続くとか( ̄◇ ̄;)
申し訳ないのですがチンプンカンプンでした。

中華な世界へ、魂だけ飛ばされてしまった受。
そこで巻き起こるのは王位継承の~なんたら~がメインでございます。
「いや、俺とうとう男に犯されてしまうのか?!」な
展開も今回ちょっとハラハラさせられましたが、
この様子をみると時間の問題な気がするなw
受を愛してしまった故に、血のつながった兄弟でも容赦なく切り捨てるとか。
世襲争い故に、それも気にしてない様子ではありましたが。

ともあれ、早く完結させていただきたい。
正直、完結した頃にまとめて読むのがよさそうな気がする

0

好きだった作品

前作から3年もたちました。設定もイラストもまあまあ好きで次巻の発売を待っていたけど、待ちくたびれて手放しました。そしたら、次巻発売されたというね……。

前作の内容、ほぼ忘れてます。

絵は全体的には綺麗だけど、怒ったり困ったりする顔の時にデフォルメされるのが微妙です。
せっかく、綺麗な絵なのに綺麗なまま表情を変えて欲しかった。

このギャグのノリも苦手かな。

安荷は見た目は美しいけど、中身は酷い。頭も悪く何も出来ないと言われてます。もう、中身が鳳鳴に入れ替わっていて本人の魂はないのに……酷い言われようで可哀想に思えてきた。

3巻は今年出る予定らしいけど、こんなに続く作品とは思ってなかった。
もう一個残念なことに口絵がないですよね。
せっかく綺麗なイラストなのにカラーイラスト見たかったです。

好きだった作品だけど、待ちくたびれて熱も冷めてしまった。

0

中華のキラキラ満載。

絵がとても綺麗。
古いコミックですが 
池田理代子氏の「ベルサイユのばら」は西洋のキラキラ満載でしたが、
このコミックは、中華のキラキラ満載。
衣装や建物が細かく美しく描かれています。
白黒でもいいから、見開きA3 イラスト集は予定ないのかなぁ。

ストーリーは、1巻を一読した時は ???
絵に魅入られたせいか、設定が頭に入りませんでした。
すみません。

交通事故から目覚めると、過去の時代の 王太子の体のなか。
早々に、別人と気が付かれ・・・現代の知識を披露して、最初の天敵(攻め様)摂政と協力体制。
2巻で初めて、母と父に面会、隠されたもう一つの真実と、王位争い。

話の展開が、ゆっくりなので クライマックスまでに10巻位。
と思っていたのですが次巻がクライマックスなのですね。

あっという間に、読み終わってしまって、続きがきになります。





3

素敵過ぎる絵にうっとり

前巻から3年ですか・・・待ちましたよ。
豪華絢爛な中華王朝絵巻再開です。
前巻の最後、皇后に会いにゆくシーンは圧巻でした。
衣装や小道具、背景なども凝ってるし、人物もひとつひとつがさまになってる。
王朝風なBL小説はかずあれど、それをそのままこんなに素敵に具現化して見せてくれるなんて、幸せです♪

攻め様もかっこいいし、受けも生意気なツンデレでモロ私好み( *^艸^)
なんだかんだ抵抗しても、キス一つでおとなしくなっちゃう。
今回は合体寸前で邪魔が入り残念ですがこれはもう時間の問題かと。(≧∇≦)

お話に関しては・・・
入れ替わったもうひとりはどうなっちゃたのって前巻では思っていましたが、それを入れると長編になっちゃうし、仕方ないと思います。
今巻でははっきり捨て駒だったって言われてるし、可愛そうだけど。きっと現代で幸せに暮らしているんじゃないかな。
受けの方は、現代の知識や方策を出して攻めに感心されていて、自分で開発したことじゃないのになにこいつって思いますが、これも彼がこの時代で生きていくために必要なことなのだしたら、理解できます。

登場人物も増え続きて、面白くなってきましたよ。
最後に目つきの鋭い超美形な第2の攻めキャラ?が出てきてワクワク♪
3巻目はクライマックスに入るそうで、来年には出てほしいな!
次巻が待ちどうしいです。




5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ