言の葉使い

言の葉使い
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥467(税抜)  ¥504(税込)
ISBN
9784094213218

あらすじ

私立高校2年の神宮寺繭子は、霊と“言の葉”を交わす“癒し”の力を持つ能力者。
幼なじみで親友の小泉亜希といつも一緒だ。
ある日繭子は、同学年に編入してきたばかりの美貌の少年・橘綾人と出会う。
彼はプロの術者だが、能力の方向性は正反対。
悪霊を封じたり、力ずくで消滅させる方が得意だった。
現世に強い想いを残して死んだ者が引き起こす霊現象―病院でのポルターガイスト、劇場での怪異。
繭子と綾人はそれぞれの力を合わせて立ち向かうことになる…。
ホラーファンタジーの枠を超えて、人間の哀しみ、愛を描く感動の物語。


人間の愛と哀しみを描くホラーファンタジー

高2の繭子は、霊と“言の葉”を交わす“癒し”の力を持つ能力者。一方同学年の綾人は繭子と正反対で、悪霊を封じたり力ずくで消滅させる力を持つ。そんな二人が、力を合わせて事件を解決することになるのだが…!?

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ