バリスタの恋

barista no koi

バリスタの恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784344832077

あらすじ

社長である義兄から理不尽な扱いを受ける秘書の雨多(うた)。息抜きに入った喫茶店で有澄という青年が淹れたコーヒーに癒され!?

表題作バリスタの恋

君和田有澄,喫茶店のバリスタ,28歳
高野雨楽,ファミレス事業部の社長秘書,26歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

トーン低い気がする 表紙はピンクなのにー

中井アオ先生の挿絵狙いで購入。
バリスタ とあるので、コーヒー、スイーツなんかが出てくる
あまんあまんもの かと勝手に期待。
ですがあまんあまんでなく 食べ物系でもありませんでした。
養子になった子(受け)が義理兄がからまれながら、
攻めさんと粘り勝ちで幸せをつかむってところに会社間の思惑が 
ほんのちっぴり からむ というところかな。
エッチシーンは少なく、あまあまでもなく、緊張感たっぷりという訳でもなく
とてつもなくどろどろ執着もの という訳でもなく・・・
受けさんが暗い印象なので、全体的にトーンが低めな気がします。
きゅんポイントが ちょっと少なかったかな。それですいません、中立。

レビューが他にないので、一応細かめに。
攻めさん:上質な接客をすることで有名なコーヒーチェーン店で働いている。
     ドリップ上手なので、何店かを回ってる。
     店で精神的に疲れ果てて泣きそうになってる受けさんを
     ちょっと構って怒らせ、怒りのパワーで
     受けさんを立ち直らせるという芸当をやらかす。
     すげー。(一歩間違えたらクレ続きームもんだろ)
     元々ゲイ。
受けさん:社長の義弟、社長秘書。優秀。やんわりしつつ芯があるため
     安心感持ってもらえるタイプ。童顔。
     養子という立場から遠慮しがちで
     心を許せる家族、友人などがほぼ皆無。
     義理家族も、受けさんの事を家族と思ってない。
     使い捨ての従者ぐらいな感じ。
     (なんでこんな奴らに養子縁組させるんだ・・・)
     煮詰まっちゃいそうな時に気分転換のために家の
     近所のコーヒー店に行き攻めさんに会う。
受けさん兄:ファミレス、飲食店を多数営む同族経営会社の社長。
      受けさんより10歳上。
      養護施設にいた受けさんを「この子がいい」と
      犬猫を選ぶように選んだ。
      ほんとの愛情しらないんじゃね?な方。
      選んだんだから俺のもん 的に受けさんを扱う。
      (あ、凌辱系はないっす)
あとヘッドハンティングされて逆恨みするやつ や 
攻めさん兄ちゃんなんかが出てきます。      
うーん なんでニグレクト系苦手なのに、こういう本getするかなー私。

アオ先生の話を少し。
中の絵もとってもキレイでした!
ただ、ひょっとして先生、スーツ描くの苦手っすか・・?
という気が少々。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ