狼さんはリミット寸前

ookamisan wa limit sunzen

狼さんはリミット寸前
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×210
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
133
評価数
33件
平均
4.1 / 5
神率
39.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784344832084

あらすじ

弁護士の雄大は、若さゆえの暴走で傷つけた初恋の人・歩と再会。自分に気づかない歩を、今度こそ紳士的に口説こうと決意するが……?

表題作狼さんはリミット寸前

渡辺雄大,新米弁護士,26歳
小谷歩,雄大の初恋の相手,デザイナー

その他の収録作品

  • うさぎさんもリミット寸前
  • 狼さんはご満悦
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

高校生=青春~

同級生再会もの。
初めての先生でした。
花小蒔先生の挿絵目当てでこの本に到達~

ご出身の岡山をイメージに街並みを書かれているそうで
私も自分、の出身県(別のとこですが)を懐かしく思い出しました。
ってぐらい、周りがよく描けていて、脳内に映像がキレイに浮かびます!
カプの勤務先がレトロ風なビルらしいんですが、それも
なんだかすごーく思い描きやすくて、ビル内に入った時の
すこしひんやりしたやや湿った、ちょっとお香っぽい香りまで
匂ってきそうな(笑)。想像しすぎ?

お話自体は、シンプル王道。
攻めさんの頑張って耐えてる狼っぷりが可愛い~

BL的には王道すぎて、そんなにポイントないです。
そのため中立。先生ごめんなさい。
でも周りの描写がすげー素敵だった!
京都のお話など書いてほしいーっ

1

狼さんとうさぎさん

これはイイ!萌えました!!いやぁ…むっつりスケベって素晴らしいですね。死語だけど。これは是非とも続編を読んでみたいです。花小蒔朔衣さんのイラストもキュートでした。

主人公の雄大は弁護士で、仕事に誠実に取り組む好青年です。もちろん彼が狼さんなわけですが、狼さんは八年ぶりに再会した初恋の相手・歩(うさぎさん)の事が好き過ぎて、妄想と苦い思い出とドリームと自慰で暴発しそうになったり悶々としたり鼻の下が伸びたりと毎日忙しいのです。本当、読んでいてニヤニヤが止まりませんでした。歩も、たまに大胆なところが男らしくて良かったです。

物語の冒頭の街の風景、弁護士のお仕事の描写など、二人を取り巻く環境や景色が分かりやすく頭に入ってきて、読みやすくて楽しいお話でした。

2

変態バカップル系

歩が可愛い過ぎます。
雄大と歩の二人を表した狼とうさぎのイラストがさらに可愛い。

攻め目線から始まり、受け目線に代わりと進んでいくんですが…すれ違った理由が物足りない。

歩は雄大が自分を避けてると言っていたけど、どう見ても赤面して逃げるのは歩で避けてるのも歩にしか見えません。

雄大は何度か歩に謝ろうと会いに行ったり、手紙を下駄箱に入れていたりしていましたがその手紙は下駄箱違いで歩には届かず。

手紙が歩に届かないとか、歩が可愛いから恋仲を邪魔をする嫌なやつでもいるのかと思ったんですけどね。

二人共、お互いを想像して妄想とかしちゃうんで変態バカップルにか見えないんです。

歩は可愛いけど、雄大の「うおおっ」みたいな雄叫び?みたいな喘ぎにはちょっと萎えました。

1

再会

舞台の地方都市がリアルに書かれていて、街の感じがすごく良い。
攻視点・受視点とラリーが続きながら、過去と今がゆらゆら書かれていて、読みながら主人公達の恋に揺れる感じが・・・いい。
周りに、スピンオフしても良い感じの先輩やら、花屋やら、歯医者やら、腐女子やら、いるんですが。
ホモだらけになったら。・・・それはそれで、ま、いいか『四つ葉ビル』♡
デキる攻弁護士が初恋再発にぎゅいぎゅいしている有様が楽しいです。
一昔に手痛く失敗してるし、次は上手くヤりたい。ぢゃなかった「お近づきになりたい」気持ち。わかる。わかるよ~
大人になると、臆病になるからね。いろいろ。
息子は言うこと聞かないし!・・・失敬
なぜか攻を応援しながら、読んでましたよ。攻、良い奴だから。
王道なんだろうけど、疲れている時、軽い読み心地で楽しかったです。
お幸せにバカップル。

2

タイトルも中身も可愛い

表紙からもタイトルからも、攻めの余裕のなさがにじみ出ておりまして、そそられます(笑
よく中身エロエロなのがタイトルで一発でわかるものがありますね。
ああいうのは実際中身の予想がついて良い面と、購入時かなり恥ずかしく躊躇うのでやめて欲しいと思う面があります。
こちらの作品のように中身の推測が出来、なおかつ可愛くうまいなあと思うタイトルが増えて欲しいですねえ。

********************
主人公は攻めの雄大、26歳。
新米弁護士(イソ弁)で、眼光鋭く鍛えられた体躯の持ち主。
しかし、高校時代に片想いしていた歩のファンタジーな夢を、未だに見る危ない人。

受けは雄大の高校の後輩で、デザイン事務所に勤める美少年の歩、24歳。
高校時代に雄大が思い余って襲いかかってしまった初恋の相手。
********************

前回わたしが読んだ神香さんの作品はエロ特化的なものでしたが、こちらはジリジリジリジリ(リフレイン)と待たされます(笑
しかしその変わりといってはなんですが、攻めの雄大の妄想がもう止まりませーん(笑
そして歩も、大人しそうな続き顔をしながらエロ妄想しちゃうやらでなんとも似た者同士。
視点はふたりの切り替えなので、両者ともの妄想やら相手の態度にうおさおしているさまが読めて面白いです。
ジャンルで言えばコメディに分類されそうですね。

この作品で何が好きだったかといえば、雄大の先輩弁護士の難波がねー、好きなんですよー。
なかなかに良い味だしているので、ぜひスピンオフ読みたいです!
自分の価値を良くわかっていながら、それが鼻につかない物腰柔らかイケメンなんて最高です。
わたしは攻めの雄大にはまったく食指が動かなかったのですが、難波はひじょうに好みでした。
元恋人とのストーリーは、ただぶっこんできただけなのか気になるところ。
あと、もしかしたら弁護士事務所の入ったビルのオーナーだという探偵が、今後どこかで使われるのかな?と思ったりもしました。
わざわざオーナーを話だけ登場させ、しかも職業が探偵なんていかにもじゃないですか(苦笑
このお話、周りの登場人物が華やかです。
まあ、普通こんなですと主役達が霞むものですが、先にも書いたようにちょっとある意味痛いカップルなので(苦笑)負けていませんでした。

前回読んだ時にも思ったのですが、とにかく文体にクセがなく読みやすいので、まだBL小説に慣れない方でもスイスイ読める作家さんなのかもしれません。
ただ局部の描写がけっこうリアルなので、えっちのあっさり感と奇妙なギャップが。
もっと慣らさなくて大丈夫なのだろうか…などと、よけいな心配をしてしまうのですが(苦笑
これって確か前回も書いたなあ…

5

攻め主人公あたふた

攻め様が主人公のこの作品。
最初は弁護士だし真面目で紳士で・・・と勝手に想像していたのですが
まだ年齢設定が若いのが解り読んでいくと、かなり攻め様、受け様に対して
いっぱいいっぱいな感じでそして興奮していますwwww

冒頭で街の様子が描かれていたのですが・・・「あれ?なんか似てるな」と
思ったらやはり、岡山市内がモデルになっているようで
自分がよく歩き回っていた場所が出てくるので、
読んでいて周りの風景も見えてくるので楽しく読めました
あと倉敷とか快速で15分w

話は高校時代からの再会物で、高校時代に攻め様が受け様に片思い
その思いが暴走しすぎて告白する前に、抱きついてキスして・・・・暴走ww
その苦い思い出を残しての再会です
まあ実際、受け様の攻め様の事が好きだったのですが
お互い再会して認識していたのになかなか進まない間柄・・・
でも最終的にはくっつけたのですが
攻め様の興奮ぶりが凄いですw 男前が台無しぐらいに受け様に興奮していますw
そこがめちゃめちゃよかったんですが

表紙からして、攻め様が興奮して焦っている事が見えますw

2

これは良いバカップル♪

高校の先輩×後輩の再会もの。

リミット寸前なのは、狼さんだけでなく…?
相手の前ではカッコつけてるけど、
頭の中はエロい妄想でいっぱいの
狼とウサギのすれ違いをコミカルに描いた作品です。


弁護士・雄大(攻)の勤務する事務所が入っているビルに
デザイン事務所が引っ越してくる。
そこのデザイナー・歩(受)は
高校時代の後輩で、雄大の初恋の相手だった。

8年前、まだ15歳だった歩のシャツ越しの乳首に
欲情して襲いかかり、歩を泣かせて以来の再会w
雄大は、歩に避けられないよう
初対面のふりをして近づきますが…。


雄大と歩の視点が交互に入れ替わるので
二人のドキドキ感がすごく伝わってきます☆
雄大が、歩の細い腰や寝顔に欲情している時を同じくして
歩も、マッチョな大男・雄大にドキドキして
抱かれる妄想をw

本当は両想いなのに
お互いに嫌われていると誤解し合っているため
初対面のふりをして相手に接触する。
大人ぶった会話と、心の声とのギャップが面白いです☆


歩は、雄大の部屋で
雄大の匂いにムラムラして自慰する
度胸続きがあるならさっさと告白すればいいのにw
乙女なのに意外とエロいというギャップが良いです。

雄大は、たぶん傍目には硬派な男前なのだろうけど
歩を好きすぎて野生の獣と化しているのが面白いw
念願の初エッチで、
「うおお…っ!」と唸りながら
特攻するシーンには笑わせてもらいましたww

清純ぶりながらもノリノリな歩もイイ☆
一緒にお風呂はダメでも、裸エプロンは雄大が頼めば
二つ返事で引き受けてくれることでしょう!


誤解や、相手への遠慮がなくなって
今後どんどんラブ度がヒートアップしていきそうな
いいバカップルでした♪

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ