レオパード白書 いやらしの彼【ミニドラマCD】Dear+2014年8月号付録

leopard hakusho iyarashi no kare

男公关白皮书

レオパード白書 いやらしの彼【ミニドラマCD】Dear+2014年8月号付録
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
海津賢
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
14 分
枚数
1 枚
ふろく
本品が「Dear+ 2014年 8月号」付録
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

過去のコミックスに出て来た会話を元にした、ドラマCD書き下ろしシナリオの「周防兄弟の事情」燐世サイド&燐花サイドと、コミックス「続・いやらしの彼」の描き下ろし「ドームのリベンジ、タイトルマッチで周防燐世はなぜ勝利できたのか」のミニドラマ3本立て

表題作 周防兄弟の事情1 燐世

周防燐世 → 小野友樹

目黒鉄狼 → 興津和幸

その他キャラ
周防燐花[鈴木達央]/ 吉原雛胡[武内健]

同時収録作 周防兄弟の事情2燐花

周防燐世 → 小野友樹

目黒鉄狼 → 興津和幸

その他キャラ
周防燐花[鈴木達央]/ 吉原雛胡[武内健]

同時収録作 ドームのリベンジ、タイトルマッチで周防燐世はなぜ勝利できたのか

周防燐世 → 小野友樹

目黒鉄狼 → 興津和幸

評価・レビューする

レビュー投稿数2

燐花の声…が……。

レオパード白書シリーズはほぼ未読ですが、こちらに収録されている【燐花編】【燐世編】のドラマCDは聴けたので、その流れでこちらも聴きました。

case1・燐花編でも、case2・燐世編でも。
本編CDでは全くと言っていいほど見られなかった、
『兄弟としてお互いを好きな感じが無意識に自慢となって声に出してる』
という流れが面白かった(笑)
いや、燐花は分かりますとも。だってあんな超有名な格闘家の兄を持っている訳だし、自慢もしたくなりますよね?
しかし燐世…いやもう何か可愛いとしか言いようがw
それを聴かされる雛胡。そりゃ寂しくなるよね~♡
そしてcase3では、鉄狼がいると負ける筈の燐世が何故勝てたのか、その理由は――というお話。
しっかしかわいそうだなぁ燐世!本当はそんなつもりなかったんだって鉄狼さんは!(笑)
酔っ払って思い切り誘ってきちゃう鉄狼役の興津さんがまた可愛くて。
本当、鉄狼は興津さんが演じて下さってよかったな~と改めて感じました。


しかし、ちょっと…アレ?な疑問というか。
燐花って、あんな声でしたっけ?もっと低くありませんでした?
続きのご本人も、久々で忘れて~というようなニュアンスでお話してらっしゃいましたが、本編CDを聴いて間もないせいか、尚更その違いに驚きを隠せませんでした。
う、うーん…ちょっとそこが…;

でも、仲良し周防兄弟が垣間見れるこちらは、とっても可愛くておばかで愛しくなります。
レオパード白書がお好きな方は、ぜひぜひ♪

2

お互い好きすぎ?

元シリーズ未読です。

付録のCDにしては、とってもキャスティングが豪華なCD。
原作シリーズはまったく未読だけど、キャストに惹かれて思わず購入。
雑誌はかさばるから普段は買わないけど、ドラマCDが付録に付くか、全員サービスの応募に必要な時は例外。
今回のCDは、短いながらもお話が3編、それもすべてこのCDのための書き下ろしシナリオで、おまけに、3編目にはちゃんとエチシーンまでしっかり入っているなんて、なかなかのお徳用でした。

ストーリーは
track.1 燐世side
雛胡と燐世の会話。雛胡に燐花がいかに良くできた弟かを延々と語り、鉄狼も燐花が好きになるのではと心配して、雛胡にあきれられる燐世。
track.2 燐花side
雛胡と燐花の会話。雛胡に燐世がいかに格好いいかを延々と語り、雛胡にあきれられる燐花。
track.3 燐世と鉄狼、タイトルマッチの前の晩。プロポーズの真相の話。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ