堅物リーマンをビッチに調教!!

指づかい

yubidukai

指づかい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
37
評価数
13件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896442250

あらすじ

知り合いの勧めでAVプロダクションに経理として雇われた雨宮泰貴は、この業界にも女にも不慣れだった。世渡り下手な雨宮に、何かと突っかかる同じ職場の黒谷悟志は、SEXに免疫のない雨宮を、からかい半分で抱き、快楽を仕込んでいくが…。

何もかも真逆な2人、この関係にハマったのはどっちだ!?
さらに!あの大ヒットシリーズから、喜春の飼い犬・房市のサイドストーリーも同時収録!!

表題作指づかい

黒谷悟志 AV制作会社社員
雨宮泰貴 転職してきたAV制作会社社員

同時収録作品悦の匣

房市 オーナーがよこした用心棒
要 SMクラブの女王様

その他の収録作品

  • おかっぱちゃんの飼い犬

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ハッピーエンドならそれでいい

ホモな上司に掘られそうになって逃げてきた先で
あまつさえまた掘られ・・・そんでもって最終的に
ビッチに行き着くというな(ノД`)・゜・。

この作家さんの漫画好きなのですが
久しぶりに読んだせいなのか、、今回今一つでした。
真面目に生きてきたサラリーマン(受)
上司にお尻撫でられたの拒否したら嫌がらせを
仕方ないから転職したら~から始まるお話。
どんどんビッチに仕込まれていくわけですが
心と体裏腹に~ではなかったのがちょっと残念かな。
最後、他の男に抱かれ~なシーンも
がっつり嵌められてるところで遭遇してほしかっ・・(殴

1

もうちょっと長めでじっくり読みたい…

「色恋沙汰」シリーズのスピンオフと言う事で買ってみた。
房市出てくるの載ってるしと思って。
そしたら、表題作の方に匡虎と喜春がー!!
匡虎のAVプロダクションだから匡虎も出てくるのかなー?と思ってたら、予想より多く出てて、喜春も少し出てて、嬉しかった。倫がいちばん好きなのでちょっと寂しかったけどw
喜春といちゃいちゃしてる匡虎は可愛いな。
肝心の本編なんだけど、もうちょっとじっくり読んでみたかったような。

房市が出てくる「悦の匣」はおかっぱちゃんの要がすごく好きで!!
こっちもじっくり読みたかったー。
口絵のカラーの要がいい(*´Д`)
高校生時代からどうして房市がああなったのか知りたいんだけど。
房市といい倫といい恐ろしい、ホントに違うところからみると完璧ストーカーだよね…。
続きが出たらいいなぁー

3

構われたいが発展し過ぎ

匡虎の傍にいた、言いたい放題の新堀が気になっていたのですがそのへん全くスルーされました。
何がきっかけなのか。
基本表情が少ないせいか雨宮も黒谷も何を考えているのかわかりにくく、どう転んでいくのか。
そのスリリングさを楽しめます。
無意識の感情をつい探してしまうのですが、黒谷には裏切られ、雨宮も求められる喜びはあっても恋愛感情とは違うような微妙なほだされ方。
唐突に怖くなる。
黒谷の動揺がちぐはぐとした関係に少しだけホッとするような瞬間でした。
2人の収まり方に、まだまだ修行が足りないと実感した次第です。

他「悦の匣」
翔馬の色気が半端なく。
目の向く先が最初から間違ってしまいました。
おかっぱちゃんになかなか馴染めず、房市の印象も薄すぎてスピンオフというにはちょっと苦しいかな。
女王様な要様の姿はもう少し覗いてみたくなりますが、ページ数の割に内容が詰まりすぎててラストまでの道のりがあっけない。
逆転する2人の関係が軽く感じられてしまいました。

2

調教もしくは育成

「色恋沙汰」シリーズからのスピン。
表題はドMの喜春ちゃんの兄であり恋人であるヤクザの息子・匡虎がフロント企業としてオーナーをしているAV制作会社を舞台にした、傲慢でやんちゃな従業員と、ワケアリで転職してきた真面目社員とのお話。
そしてもう一本は、過去本編の中でお仕置きで登場したSMクラブの女王様をしている要と喜春の犬をしている房市との物語。
以上の2本が収録されています。

面白みからいったら、本編の喜春ちゃんシリーズの方が面白いのですが、
今回のこのスピンは春日さんお得意のというか、割と定番化している流れではあるのですが、調教や開発によって相手にのめり込んで行く様(自らは最初は不本意に思いながらも)という点で共通のものがあると思われました。

以前勤めていた会社で上司にセクハラされ拒んだところ嫌がらせを受けて退職せざるを得なくなり、友人の紹介で匡虎のAV会社に転職してきた真面目な会社員雨宮。
彼の世間知らずな面や、社長への態度にイラついた同じ社員の黒谷は八つ当たり的に雨宮を襲ってしまう。
それから、それを脅しの理由にして雨宮をいいなりにしていく黒谷だが…

続き真面目で性に疎そうな会社員が、黒谷に不本意ながら犯されてしかしその中で自分を解放していいのだという事を知り淫乱に調教されて変容していく姿。
ただの遊びと思っていた黒谷が、いつのまにか雨宮にのめり込んでいた事に気が付く展開。
「愛してる」という名目からはとても緩い繋がりだが、そこには御約束の執着があります。

【悦の匣】はSM女王様の要がストーカーに付きまとわれていることから、そのガードに着いたのが喜春の犬をしている房市。
バカワンコのように要につきまとい(まるで房市のほうがストーカーのようだw)激情と嫉妬から要を襲ってしまい、普段虐げる立場の要が房市に蹂躙され立場が逆転するという展開から、要が普段はSだがMも持っていたという面を見せると共に
房市と要の間に実は甘酸っぱい思いでが過去あったという~

冒頭に書いたが、いかにも春日作品らしい2本だった。
酷い部分もあるのに、あまりそれを感じさせない。
エロエロのはずなのに淡々とエロい?
要の髪型はおかっぱだが、番外短編で「おかっぱちゃん・・・」と題名になっているのに笑ってしまった。
多分、本編喜春編を読んでいなくても左程人間関係は影響しないので、この本単発でも大丈夫でしょう。

6

ヤクザものスピンオフ(ホモ化拡大中)

ボクシングジムシリーズからのヤクザシリーズからのスピンオフ?でした。
総ホモワールド拡大中ですw

今度は喜春の兄・匡虎の持っているAVプロダクションに入社した雨宮の話。前の会社をセクハラ&パワハラで辞職に追い込まれ、その後拾われて入社。そこで同じ社員の黒谷に目をつけられて、面白半分に仕込まれていきます。
当然SM要素ありで、いつもの乳首責めや人前プレイで、あー春日作品だなぁと(笑)
天然で淫乱な受けも春日作品では定番ですね。この本では2話分しかないので、もう少し先まで読みたかったです。

もう一カップルは喜春の取り巻きの房市が?年越しの思いを実らせる話。
こちらはさらにSM色が強く、房市の思い人は職業Sの人。客がストーカーになってしまって困っていたところ、喜春の店を紹介されて転職→房市遭遇。これももっと長くして掘り下げて読みたかったです。

いつもの春日作品、といった感じで安定していました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ