MAGAZINE BE×BOY 2014年9月号(雑誌著者等複数)

magazine be×boy

MAGAZINE BE×BOY 2014年9月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN

あらすじ

☆「ジュリアが首ったけ」スペシャルピンナップ

◆表紙 北上れん

◆コミック
御景 椿「できちゃった男子 隆介×波留日編」
北上れん「よそはよそ、ウチはウチ」
我守丸「泣かぬ蛍は身を焦がす」
川唯東子「Marble」
佳門サエコ「猛獣スクールデイズ」
寿たらこ「SEX PISTOLS」
小嶋ララ子「アイロニーミーティング」
山田二丁目「検索:笑う猫 捕まえる」
ハル「俺が勉強しなければならない理由」
来栖ハイジ「お前が好きと言うから」
ゆき林檎「セカンドワールド」
真東砂波「GURI+GURA」
市川けい「それを恋心と呼ぶのなら」
草間さかえ「やぎさん郵便」
会川フゥ「STEP WISE STEP」
せいか「顔のいいひと 地味なひと。」
端丘「本日の課題」

◆pixiv連動企画作品
おまる「夏とカゲロウ」
青田「青春の夢」
昨日みどり「彼と彼のはなし」

◆ショート
楢崎壮太「月刊ねこねこ」
雨季野「ちいふく!」
藤生「裸ネクタイちゃん」
カワイチハル「いぬとねこ。」

ビーボーイ的腐女子ライフ<おげれつたなか>

表題作MAGAZINE BE×BOY 2014年9月号(雑誌著者等複数)

その他の収録作品

  • 御景 椿「できちゃった男子 隆介×波留日編」
  • 北上れん「よそはよそ、ウチはウチ」
  • 我守丸「泣かぬ蛍は身を焦がす」
  • 川唯東子「Marble」
  • 佳門サエコ「猛獣スクールデイズ」
  • 寿たらこ「SEX PISTOLS」
  • 小嶋ララ子「アイロニーミーティング」
  • 山田二丁目「検索:笑う猫 捕まえる」
  • ハル「俺が勉強しなければならない理由」
  • 来栖ハイジ「お前が好きと言うから」
  • ゆき林檎「セカンドワールド」
  • 真東砂波「GURI+GURA」
  • 市川けい「それを恋心と呼ぶのなら」
  • 草間さかえ「やぎさん郵便」
  • 会川フゥ「STEP WISE STEP」
  • せいか「顔のいいひと 地味なひと。」
  • 端丘「本日の課題」
  • 雨季野「ちいふく!」
  • カワイチハル「いぬとねこ。」
  • 楢崎壮太「月刊ねこねこ」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

作家狙いの方はサイトで掲載してるか確認を。

 ゆき林檎さんは初めて読みましたが、ダークな倒錯系もいけると知って期待値が跳ね上がりました。(切ない純愛系が得意な作家さんだと勝手に思い込んでました。ちるちるランキング1位だった「玉響」も読んでないのに)
先月号の予告にあった「イツカと黒い竜」はお休みです。

★端丘「本日の課題」読み切り(26頁、表紙なし)
 可愛い妹に彼氏できて ぐぬぬ なお兄ちゃんがデートを尾行。すると、背後に(自分と同じ)不審な男が・・・。
 なんとそいつ、先日偶然見かけた妹の初彼“タケシくん”といちゃついてた男だったんです。しかも思わず凝視してしまったお兄ちゃんに向かって、口パクで「タケシは渡さない」と宣言w
こうしてお兄ちゃんは妹を、口パク男はタケシくんを一緒に尾行することに。
最初から最後まで笑ったドタバタコメディでした。

★北上れん「よそはよそ、ウチはウチ」(14頁)
 6月号で寝ている叔父さんにキスしてしまった場面の続きです。
「可愛いからついしたくなる、悪くないから困るんだ」と、その場をおさめる昴之(たかゆき)の言葉にがっかりした様子のフミ。
「やりすぎは良くないだろ?」と続きいう昴之の言葉を思い出し、それでも「別にいい」と思ってることに驚きつつも、自分にはもう『好きなひと』がいるんだと気がついたみたいです。
 叔父の昴之は既に自覚してたようなので、今は自分に自制を促すモードに入ってます。あちこちから見合い話が舞い込んでることもあり、フミとこじれる原因になりはしないかと少し不安です。

★ゆき林檎「セカンドワールド」第1話(35頁、カラー3頁含む)
 倒錯ストーリーきました。
 主人公の夏川は、女装でギャラリーの前に立ち撮影を受ける高校生コスプレイヤー。学校では真面目な副会長で、知り合いにはこの趣味を隠してます。
 ある日、夏川がコスプレしている女騎士・セブンが大好きな男子高校生が「写真を取らせてください」と近づいてきました。
本名が入ってるんですよと名刺を渡してきた「チアキ」は、親しげに女騎士についての話をしてきます。主人公も本名からの名前なんですと告げて「ナツ」と名乗り、それを聞いた千秋が気がつきます・・・夏川先輩ですか?と。
 今回「倒錯」という言葉を使用しましたが、これは夏川を指したものではありません。彼はその「倒錯」に巻き込まれる側の人間です。
夏川は女騎士・セブンのコスプレをしているものの、そのキャラクターについては詳しく知りません。
 主人公をナツ(夏川)と呼ぶ友人と、ナナ(セブン)と呼ぶ後輩。
推測ですが以前(文化祭などの)イベントで着た際に、想いを寄せる友人にキレイと言われたんじゃないかと思います。その時の記憶が心地良くて嵌ってしまったのでは?
 しかしこの密やかな楽しみが悪夢の始まりになってしまいました。

★寿たらこ「SEX PISTOLS」第51話(16頁、表紙なし)
 本音は志信とヴァルネラの続きが読みたいんですけど、新カップルのお話です。タイトルロゴの絵は“蛇”。
高校生の赤股倫太(アカマタ りんだ・蛇)は4年間付き合ってた稲荷木(とうかぎ・狐)に、棟蛇(とうだ,カガシ・蛇)は教師の金森(かねもり・狸)に、斑目愛美(まだらめ まなみ・猫)は告る前から犬飼(いぬかい・犬)に、振られて足蹴にされてます。ちなみに全員男です。
 赤股は蛇キャラらしいんですけど属性に「ワンコ」とつきそうな見た目と性格。振られても稲荷木をワンワン追っかけまわしてます。話の流れをみると、メインはこの二人になりそう。
 作中の世界観と階級社会のなかで、(恋愛感情は別にして)システムに逆らって「雄雌の役割を逆転」させたカップルってありましたっけ?← 稲荷木が赤股を振ったのは、まさしくこれが理由。
 雄雌逆転カップルが出てきたら、斑類の段階的組織構造が崩れた具体的な事例になりそうですが、この二人の話でそこまで踏み込むのかは正直読めません。

―― 以下の作品もちょこっとだけ感想。
★川唯東子「Marble」第9話(10頁)
 小鹿シェフから「梶はお前(の料理)にベタ惚れだからな」と言われて赤くなってる近森シェフに、ツンデレセンサーが感知しました。すぐにいつもの鬼シェフに戻りましたが。
 一方の梶くんは小鹿シェフの置き土産(?)のせいで散々な目に遭い、心労で熱が出ちゃって・・・不憫な子。

★御景 椿「できちゃった男子 隆介×波留日編」第2話(25頁、巻頭カラー3頁含む)
 通算3話目。高1から付き合い始めたはずの彼氏(隆介)が手馴れてることに気づいて不信感を募らせる波留日。そこに波留日を諦めてないヤクザの実父がからんできて・・・。我が子に手荒なことはしないだろうと思ったら、彼氏は別でした。ですよねー。
 シリーズものですが複雑な家庭環境は作中で説明されてます。

[次回予告]
 ねこ田米蔵「酷くしないで 彰編」が久しぶりに登場。本庄りえ「速水くんと4人のオオカミ」も再開です。桜日梯子「抱かれたい男1位に脅されています。」が完全お引越しで3回連載とありました。
 他にも、緒川千世、佳門サエコ、腰乃、寿たらこ、鈴木ツタ、高永ひなこ、御景 椿、ヤマシタトモコなど、楽しみな作品が盛り沢山です。(敬称略)

[補足のお知らせ]
 8/28発売の姉妹誌 BE BOY GOLDで「PINK GOLD 5」の詳細情報がのる予定です。既にサイトも開設されており、同日発表するとのこと。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ