恋ならいいのに

恋ならいいのに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アイスノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784872787245

あらすじ

「乗ってかない?」・・・高津がナンパしたリーマンは、なんと高校時代に憧れていた生徒会長の阿南だった!超ラッキー?な高津は、さっそく飲み友達からアタックを開始(酔って意識がない阿南にイタズラできちゃう、というオマケもついる?)しかし、阿南の友人&高津のH友達(?)の槙野が(まきの)が、実は阿南に恋していたことを知り、高津は恋愛モードで行動に出るが・・・!?年下攻書き下ろし?

表題作恋ならいいのに

高津八角(たかつ やすみ)
阿南義裕(あなん よしひろ)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

個人的な簡単な感想

大学生×リーマンのお話です。
阿南よりも二つ年下の高津は、性に対して自由奔放で、女性も男性もOKなバイです。気持ち良くなれれば、『何でも好し!』といった感じです。明るい性格ではありますが、正しく遊び人ですね・・・。阿南の高校の先輩槙野とは、セックスフレンドで、高津は抱かれていたようです。『何でもあり!』ないい加減な高津ではありますが・・・、阿南に対しては、執着を見せます。高校の時からずーっと阿南に片思いをしていたのですから、一途だったんですね。阿南は顔立ちが整った美人ではありますが、なよなよしたところがなく、体育会系なので、男らしいです。真面目といった感じでもありませんが。阿南は高津に絆されたといった感じですね。
個人的には、満足のいく一冊でしたv

0

この攻め、この先ゼッタイ浮気するぞ(笑)

読み終えて一番はじめに思ったのは、この攻めゼッタイにこの先どこかで浮気するだろーなと。
そういうタイプだ!

最初は三角関係です。
セフレしてる二人が、同じ男(ノンケの主人公)に恋している。どっちと結ばれるかな?ってタイプのお話ではないです。最初から主役二人はすぐに分かる。
この当て馬がなかなか面白いポジションで、読者は先にそれを知るんですが、登場人物が一気にそれをぶっちゃけあう居酒屋のシーン、かなりハラハラドキドキして面白かったです。
セフレしてる二人は二人とも遊び人タイプで完全に身体だけの関係。プラトニックで一途な愛情は、主人公だけにある。
その関係がバランスが崩れていく過程にも、それが収束していく過程にも、緊張感のある大小のドキドキがたくさん詰まってました。
攻めは見事にチン軽のアホアホ男ですが、そんな男の一世一代の「本気の恋」は見事なストーカーでした。ひたすら強引で前向きで身勝手。プッシュプッシュプッシュ!嫌いじゃないです。こういう押しの強いタイプはリアルにモテるんだよなァと思いつつ読みました。
受けの心の陥落、もうちょい引っ張ってくれたほうが良かったなとは思いましたし、当て馬続きがもうちょい活躍してくれても良かったような気もしましたが、とても面白かったです。
でもやっぱこの攻め、この先どっかで浮気すると思うよ~w

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ