バーボンとハニートースト (1)

bourbon to honey toast

バーボンとハニートースト (1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
23
評価数
7件
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664434

あらすじ

気っぷと腕っぷしのいい竜王(りゅうおう)は、元ヤクザの探偵事務所所長。
今はカタギで、弟分たちとともに地道に探偵業を営んでいる。
一方、現場で度々はち合わせする空河(くうが)は、クールで、キケンな匂いのする男。
実は竜王と空河は昔……!?

厄介な相手。
だけど熱くて、忘れがたい……。
元ヤクザの竜王と、ワケアリ空河の探偵物語!!

表題作バーボンとハニートースト (1)

流崎竜王 元ヤクザの探偵
国見空河 因縁のある同業探偵

評価・レビューする

レビュー投稿数2

疾走感

正直、『漫画』としてみると、評価は少し厳しいです。
登場人物達のバッグボーンも甘いし、場面転換も唐突。人物はまだしも、背景の描写に至ってはかな~り雑なところも。
ま、その為か、あまり大ゴマで見せる背景はないので、そんなに気にはならないんですが。

しかし、ベテラン作家さんらしく、主役二人のここぞという見せ場は格好いいし、それぞれの探偵事務所の依頼人たちの心理描写もお上手。
何より、石原先生しか描けない、この男臭さ、全体に疾走感溢れる雰囲気。
これらが堪りません。

石原先生の作品は好きで何作か読んでいますが、この方の描かれる男性像って凄く素敵なんですよねー。
少女漫画や一部のBL作品のように甘~く理想が高すぎて現実感がないという訳でもないし、青年漫画のように描写が残酷でキツすぎることもない。
そこはかなく上品ながらも、しっかりとした男らしさは魅せてくれる、個人的には稀有な作家さんだと思っています。

恐らく完結までかなりの時間を要し、最悪未完で終わるかもと、中々購入には至れませんでしたが、この度やっと手に取りました。
いっそ安定した、石原先生らしい男臭く格好良続きいキャラ達が生き生きと動いているのを見れただけでも買って良かった。
続きは、気長にお待ちしております。

2

ハニトーといえばパセラ?

タイトルと内容は一切関係ございません(汗)つい、ハニトーといえば思いだしてしまうのでした。
さて、男同士のガチンコがたまらなく魅力の石原作品は、今回も間違いなくカッコイイイ男くささを振りまいて、たまんないフェロモンを撒き散らしてくれていました。

題名はね、主人公の探偵が好きなモノ。
しょっぱな冒頭にこのハニトーの下りがあるのですが、それは誰かの事を比喩しているような、、、なるほど~そういう例えもあるのかと。
バーボンは、探偵というと連想されるモノの一つでもありますし、「The男」に欠かせない小道具かもしれないです。
題名に関する事はさておき

元やくざの現在探偵の竜生は依頼現場で同じ探偵をしている空河と頻繁に鉢合わせするようになる。
実は空河とは過去、カジノで用心棒をしていた時になにやらあった模様。
互いが気になる存在のようなのに、何もなく~
空河の依頼主の依頼と竜王が受ける依頼の対象が重なってリンクして、そこに表わされる主人公以外の人間模様や関係も見せながら、続く・・・となっている。
空河の依頼者の色々意図するものは一体何なのか?
特に空河の過去や、何やら続きのこだわりの理由がとっても気になります!

今までの石原作品に重なるモノがあるようでいて、今回ちょっと違うなと思わせたのは、主人公が依頼された対象の物語も中に含まれているということだろうか。
ホームレスの話は胸を打つ話だったよ。

ユーモアも交えながらシリアスも軽妙に乗りこなしまるで腕のいいドライバーテクニックを見せられているような進行の気持ち良さ。
安心安定の実にワクワクさせる石原作品になっていたと思う(自分的に)
恋愛面は一体どうなるのかな?
余り期待せずに(最近朝チュン多いしねw)それでも、この男前な2人が魅せる世界を堪能したい。

うう~ん、、石原作品「犬の王」「テッペンカケタカ」「ひまわり」etc...完結してない話がまだいっぱいあるよーーー!そっちもどうか早く見せてね♪

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ