「俺が楽しくなるかどうかは、お前次第だ」

暴君の初愛

mafia no hatsuai

暴君の初愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773087369

あらすじ

「俺が楽しくなるかどうかは、お前次第だ」
イタリアでトラブルに巻き込まれた広海は、冷酷な雰囲気を漂わせた男・ジーノに助けられる。
しかし、ジーノはマフィアのボスだった。そのまま何故かジーノに連れ去られる広海。
マフィアだということに怯えつつも、命を軽く扱うジーノに広海は持ち前の正義感で説教をしてしまう。
だが、それを面白がったジーノに組み伏せられて抱かれてしまい――!?
キスも何もかも初めての広海は、甘く淫らに啼くことしかできなかった。
そしてジーノから、嫁にしてやると傲慢に告げられるが……。

表題作暴君の初愛

ジーノ・ロッシ=ドラゴ, シチリアマフィアのボス
森広海, シチリア旅行に来た大学生 22歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

アレさえなければ

1冊丸ごと表題作です。
広海(受け)の目線でストーリーは進んでいきます。

懸賞で当選してイタリア旅行に行った広海は、シチリアでマフィアの抗争に巻き込まれ、ファミリーの若きボスのジーノ(攻め)と出会います。ジーノに気に入られた広海は拉致されて抱かれてしまい…という話です。

暗殺が仕事のジーノと、平凡な大学生の広海とは価値観が違います。
殺さないで、と頼む広海は甘いかもしれませんが、読んでいて共感がもてます。孤独で殺伐とした男に、平和な国から来たピュアな青年が癒しを運び愛を教えるという、王道なストーリーだと思いました。

ただ、ジーノが広海に惹かれた理由が「母親に似ている」かららしいこと。そして、その言葉はジーノ本人でなく、幼馴染で片腕のレオから言われたものであるのが、ちょっと物足りませんでした。

あとは、レオを交えての3Pですね。その後の「もう抱かない」という転機に繋がることを思えば必要なのかもしれませんが、ううん、とちょっと思いました。

ラスト、広海がイタリアに来た当初の目的であるアグリジェント宮殿に行く事ができ、そこで愛を誓い合ってのハッピーエンドでは続きあるのですが、殺人を請け負って成り上がった男が、殺人を厭うようになって大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいました。

年上マフィアボス×年下ピュア大学生の、王道マフィアの恋模様です。3Pはありますが、それ以外は受けが感じているので無体な印象は余りありません。自分比ではエロ多めですが、読みやすい作品だと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ