明転飛び出しッ!

meiten tobidashi

明転飛び出しッ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
90
評価数
24件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784864421669

あらすじ

安西と八代は若手のお笑い芸人。安西は大先輩の大原に恋心を抱いていたが、玉砕してしまう。相方・八代はそんな安西を妙に意識してしまって――二人の回りもカップルだらけ!? どきどき芸人ラブv

表題作明転飛び出しッ!

安西庄平,若手お笑いコンビのツッコミ,28歳
八代,ネタ作り担当の相方

同時収録作品明転飛び出しッ!

城島すぐる,元相方
大原泰士,大ベテランのピン芸人

その他の収録作品

  • after take.more take…?(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下イラスト(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

明転!

弾丸!が面白かったので、いつかは読みたいと
思っていた今作。
ようやく読めました(●´ω`●)ノシ
弾丸の時よりもテンポ的にはよろしくないのですが
ゲイじゃないはずの八代が、坩堝にはまっていく様が
おかしくもあり、可愛くもあり。

表題二人。
芸人、相方。そんな関係。
相方はゲイであることを打ち明けていたが
「お前は好みじゃないから大丈夫」そんなだから
なんの抵抗ももっていなかった。
ところが、あれやこれやなうちに、気づかない嫉妬に燃え
しまいには~なお話なのであります。

ノンケがいつの間にか~そしてな気づいた瞬間が好きです。
たびたび見かける設定ではあるのですが、
うっかり萌えてしまうw

弾丸!でも登場していたオッサンカップルw
ここが好きなんですw
ガッツリ結ばれてくれないかな~て、
弾丸でその後が描かれておりましたね。
読み返そ

0

痔持ちのおっさん受けに萌えたやまねむさし先生

やまねむさし先生の作品2作目です。
おっさん受けは抵抗あったけど、痔持ちのおっさん受けで不覚にも萌えてしまいました。
(やまねむさし先生のデビュー作)

今回もおっさんがいます。
ほどよい中性脂肪付きです。
(でも、性描写はない)

……BLで芸人も苦手だったりします。
が、やまねむさし先生の作品は問題なく読めました。

安西が先輩に恒例だからやれと言われて酔ってぐーすか寝ている大原の尻に割り箸を突っ込みます。
尻穴に割り箸って入るの?
あの滑りもない刺々しい割り箸が?
何の準備もなくズボッと入れてたらちょっと恐ろしい。
描き下ろしだと、ボールペンに傘の先端も挿入されてるとか。
お尻大丈夫?

弾丸の二人が人がいるところでホモだなんだっていうから安西と八代が熱愛中!?とスクープされちゃって、鎮圧するための償いとして生放送でキスしちゃう弾丸の二人に萌えた。
(弾丸はコンビ名)

安西と八代のどっちが受けかな、どっちでもいけそうと思ってたら八代が受けでした。

痔持ちのおっさん受けで味わったエロさはあまりなくて、足りなかったですね。

大原続きと城島のエロ見たかったですね。おっさん受けのおっさん攻めです。

1

買ってよかった!

マーブルコミックスの冬フェア小冊子が欲しくて、でも対象コミックスほとんど持ってるなあ…そこまで興味なかったけど買うか…と購入したのがこちらの作品。
なんか買っても損はしないだろうけど機会があったらでいいな、っていうのあるじゃないですか。

でも、でも!!
すっっごく可愛かった!
1話を読んだ時点で、もしかしてコンビCPじゃなくて後輩若手芸人安西×ベテラン芸人大原なのかな?と思ったんですが、一度安西が大原にフられ、相方の八代に「安西が気になる」宣言をされ、そんでグラついて 安西×八代に落ち着くと。
登場人物全員が本当に可愛いんです。
子供みたいなおっさんの大原とか、安西と八代のマネージャーの前田さんもすんごく可愛いです。お人好しっぽい前田さん本当かわいい。

終盤のふたりの会話がふわふわ幸せに満ちているような気がして、あんなに最初は冷め切ってたのに良かったね…!ってなりました。
芸人さんを題材にしたものなので、会話のテンポが良いです。
攻めより受けの目ん玉がちいさいのもすごい良い。
こういう風に何かのきっかけで興味のなかった本を買って、大好きになるのしあわせだな〜

3

裏裏表裏

なんや読んでいる内に何処ぞの誰かさんと
被る様な被らん様なと要らん想像を巡らせた
評者でしたが完全にフィクションでしょう、
多分。
そう言う微妙なバランスの上で成り立っている
世界観ですので読む側にも存外匙加減が
必要なのかも知れません。
ある意味裏話が表の事情だったりする空間だとは
思うのですよ。だからこそ必要以上に繊細に
なってしまう。
じゃあ裏を裏返せばあっさり表になるのかと言えば
そうとは限らない状況もある様だと言うのが
この話の面白い所。
でも次を期待し過ぎたら「丁度時間となりましたァ」と
はぐらかされたりするんでしょうね。

1

芸人さんは、いろいろ大変

なかなか芽のでない若手コンビ「ニルヴァーナ」の安西は相方の矢代に宣言済みのゲイ。
かつて一世を風靡したが、今はピンになってしまった大先輩芸人・大原の飲み会グループに加えてもらった安西は、大原への恋心を自覚しているだけに、自分たちの仕事よりも大原の飲み会を優先しているようで、相方の矢代も微妙な気分。
そんな二人が、新人グランプリの決勝に残って、ネタ作りに悩んでいる頃、
大原の元相方の城島が事務所の人間として現れて、、、。



0

萌える

最初に言っておきたい( ^ω^ )

登場人物が、皆可愛い‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎
読み切りだけど、話の展開やテンポにも無理がなく、スラスラと読める作品でした^o^

どっちのCPも可愛い‼︎‼︎
両方素敵な恋をしてるなぁ、と思うハッピーエンド。

絵も好きな絵柄だったのもスラスラ読めた理由でもあると思います。

私的には、同期の芸人もホモなのかなぁと思っていたのですが、それっぽいところはなくて、少し残念でした。

でも、登場人物全員がホモって言うのもどうかなと思いますしね´д` ;

絵も話もキャラクターもどれも素敵な作品でした。
読んでみる価値あると思います( ^ω^ )

2

運命共同体と書いてコンビと読む!!

楽しみにしておりました、やまねさんの2冊目!!
細かいギャグも笑えて人情たっぷりな今回のコミックスも
非常に楽しかったです!!

先輩芸人の大原(ボス)率いる集まりを大原会と言い、
夜な夜な呼ばれる安西は“芸歴10年、ゲイ歴28年”ww
先輩たちの無茶をこなしつつ、
密かに大原へ片想いをして健気に参加していたのですが…。

この登場人物達、最初は顔と名前と一致させるのが多少難しかったですw
先輩芸人が何気に多いし…。
(同期の弾丸デットヒートは関西弁だからわかりやすかった☆)
でも二回目読んだらすっごくそれぞれが面白くてみんなイイ奴……!!
クセが強かったり、ちょっとひねくれてたりしても
みんなが大原を慕っていて、じーんと来るんです。

その大原が以前コンビを組んでいた元相方の城島!!
こいつがまぁ一番アクが強すぎたww
ゲイで、大原を好きだったけど
それを隠してキレッキレな漫才やっていたのが限界となり
コンビ解散という悲しい結末に…。
…すみません、こちらのおっさん達がいとしくてどうしようもない!
主人公カプそっちのけ(ってわけでもないけど続き)で
長年の愛に浸ってしまいました……ええ話やないかい!!
大原の飼っているインコの喋りが、
城島の言っていた事だと後でわかって
更に「ショートコント『花屋と地上げ屋』」まで言ってたのが
せつなおもろでしたよ…あーやられたわー…。

居酒屋でモメて、(城島が悪いんですがw)
大原が倒れた時に、無意識なんだろうけど城島の腕を掴む姿が…!!
お願いですどうか色っぽい二人を下さい。
(描き下ろしも結局城島萎えてたし!wこれがデフォか…w)
猛獣使いのなれの果て、上等!!

あーっと主人公を置き去りですみません!!;
新人とはもう言えないコンビの成長と、
ノンケだったはずの安西の相方・八代が
徐々に安西を意識するようになる様子がじわじわして良かったです!
ぱっと見は、受け攻め逆そうに見えるのがまた萌えました♪

同期の弾丸との友情とライバル的心境も楽しかった…。
先に売れ気味になられると、やっぱりやる気出ますもんね、
負けてらんねー!って。

先輩後輩入り混じってわちゃわちゃな芸人仲間、
とっても素敵でしたよ!!
萌×2ですが神寄りです!!!


ちなみに“明転飛び出し”とは、
舞台が明るくなってから舞台に出て行くこと、だそうです。
安西と八代もこれからどんどん売れて
明るい舞台の上にとどまらず世間でも人気者になるといいなぁ。
そんでまた先輩達やら同期に弄られて欲しいw

5

芸人っていいな~!!

若手芸人でゲイの安西(表紙右)は
大ベテランのピン芸人・大原を好きで、
ネタを覚えるのもそこそこに
大原率いる「大原会」の集まりに入り浸り。
ある日、大原の元相方がゲイだったと知り…。

この作品、連載で読んでいた頃は
予測困難なカップリングと、
厳しくも温かい芸人の世界がすごく面白く
毎回楽しみでした。

安西×大原でオヤジ受かと思いきや
安西の相方・八代(表紙左)が安西を好きになり半端ない色気を放つように…!
元々、クルクルパーマの長髪で色っぽい見た目ではあったのですが、てっきり色ボケしてネタで噛みまくる安西に怒るモブ要員かと思ってました(ごめん八代)。
そんな八代に元々ゲイの安西が惚れるのはすごく納得だし、可愛いカップルでした♪

でも恋愛云々より、やはり芸事方面のエピソードが圧倒的に面白かったです。
コントの賞レースでネタが出来ず焦る思いとか、
同期コンビとの切磋琢磨、
普段はイジリ合っていても誰かがピンチのときは庇い合う芸人の絆など、
非常にアツくリアリティがあり、
芸人っていいな~と胸が熱くなります。

忘れてはならないのが、
続き
大原と、元相方で今はスタッフになった城島との夫婦のような関係。
コンビ時代は、ゲイで素行の悪い城島を大原が必死にフォローしてきたけど、
解散後、大原が倒れて病院に運ばれたときは、城島が大原に女房のように付き添う。
大原はノンケだけど、芸人の悪ノリでアナルに色んなもの入れられ開発はバッチリなので、そのうち一線を越えても不思議はなさそう…w

この二人の夫婦ぶりと、
これから絆を深めていくであろう若手コンビとの対比も非常に良かったです。

関東芸人のお話ですが、
安西たちと同期の「弾丸デッドヒート」というコンビは関西弁。
安西と八代のホモォ疑惑をいじりつつも、いざというときは助けてくれる二人は非常にカッコいいバイプレイヤーでした。
(芸人としては弾丸の方がずっと売れてるけどねw)

本書はやまねむさしさんの二冊目のコミックですが、渋い題材といい群像ドラマ風の作風といい
安定していますね~
ちなみに中の絵は表紙より大人っぽい感じです。
次回作も楽しみ☆

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ