君の待ってるコンビニへ

kimi no matteru conveni e

君の待ってるコンビニへ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×224
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
182
評価数
49件
平均
3.8 / 5
神率
20.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人uno!(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784812487839

あらすじ

行きつけのコンビニ店員・日比野(ひびの)との会話だけを楽しみにしている
サラリーマンの高蔵(たかくら)は、ある日電車で偶然日比野と乗り合わせ、
彼の体から放たれる匂いに惹きつけられてしまう。
惚れた弱みでタチ専門の高蔵は下になる決意をするけれど、いざとなると
下になるハードルは想像以上に高くて……!?
ノンケ大学生×タチ専サラリーマンの焦れったくて切ない胸きゅんラブが弾ける
表題3連作と、No.2ホスト×No.1ホストの惚れた腫れたのガチバトル2作品を収録!!
男達が熱く激しくガチでぶつかり合う、フジマコ、セカンドコミックス!!

表題作君の待ってるコンビニへ

日比野圭人,コンビニのバイト店員,大学4年生
高蔵,サラリーマン,25歳,タチ専

同時収録作品子供扱いすんじゃねえ! / 黙って俺に泣かされろ!

ナオヤ,ナンバー2のホスト
聖,ナンバー1のホスト

その他の収録作品

  • 俺が待ってるこの部屋へ
  • 君が住んでるあの部屋へ
  • 君と出会ったコンビニへ(描き下ろし)
  • カバー下:4コマ漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数11

癒しと憧れ

表題作の展開は唐突でしたが、毎日の忙しさの中で癒しを求めていたゲイサラリーマンにとってコンビニ男子のの笑顔が心に残ったという流れはアリだなーと思います。
受けが元々バリタチで受け入れるまで葛藤していたのはいきなり折れるよりも良かったです。
ただ、攻めのちょっとネジが抜けたような言動がところどころ受け付けませんでした。

ホストのお話は最初、ナオヤは彼女に捨てられ?恥をかく原因となった聖を恨みこそすれなぜ好きになったのかと理解に苦しみましたが、聖のホストのオーラそのものに憧れて惹かれたのかな…と。

聖のワガママな性格はあまり好きにはなれませんでしたが、泣きぼくろで受けにまわる姿は色っぽかった。
ナオヤはしっかり自炊をしていたりと、NO.2ホストになる前にリクルートスーツを着ていた頃の真面目な性格も垣間見れました。
2作ともストレスなくさらっと読むのに良いのではと思います。

0

エロかわ♡

2冊目のコミックとのことで...初読み作家さんでした。
ゲイのリーマン(バリタチ)が年下のノンケ(コンビニ店員)に狙われる話。
攻×攻の攻防がよいですね~。
でも割と早々に落ちちゃうので、そこはちょっと物足りないかな...。
でも、受にまわって男前のくせにビッチ臭のする高蔵さんがすてき可愛い♡

もうひとり、高蔵を狙ってる真木もいいキャラ。
当て馬好きとしては、この3人の絡みはもっと見たかったな~。

書き下ろしの小話もクロスオーバーで面白かったです。

ところで...お話に全然関係なくて、本当にどうでもいいことなんですが
おでんのちくわぶを食べるシーンがあるんですが...
なんていうの?丸ごと?コンビニのちくわぶってああなの...?って思った(超どうでもいい)

0

思ったよりエロ多め。

いつもの攻x攻系かなと思いきや、タチ専門のリーマン高蔵がノンケのコンビニ店員日比野の匂いで発情が止められず、彼とヤるためなら受けでもなんでもとにかくヤりたい!というお話。
はじめは、入んないんです。でも、『彼とヤりたい…どうしても』って、これは一応恋なんでしょうか?彼の笑った顔が見たいって言ってるしね。
日比野もノンケのはずなのに高蔵に一目惚れしたとか言っちゃってガッついてくるし。
で、高蔵の覚悟のHで、ついに二人とも汗まみれ、色んな液体?まみれで最後まで出来ました。
初めての受けでもイききった高蔵さん、『いつか俺が挿れてやるからな…っ』って心の声だけど、多分それはナシでしょう。

「君が住んでるあの部屋へ」
タチ友達に襲われかける高蔵。『俺がケツを許すのは日比野だけだ!』と雄々しいタンカ。そして日比野とのトロトロHへ。
発情ぶりが半端なくてちょっと引いてしまう要素なんだけど、ストーリーもまあ納得できるし、Hシーンは多く激しくエロく、で楽しく読めました。

「子供扱いすんじゃねえ!」
ホスト同士のお話。ナンバー2のナオヤxナンバー1の聖です。
どうしても聖を抜け続きないナオヤ、何故か聖に煽られて抱いてしまう。そのあとも聖の売り上げを抜く事はできないが、カラダの関係は続いて…
聖に執着して何がなんでも勝ちたい、というナオヤの方はわかりやすいけど、聖がなんでナオヤを手放さないのかがちょっとわかりにくい、かなあ。
Hシーンでは髪型とか似てるんで、一瞬どっちがどっちかわからない時がありました。
続編の「No.1ホストが指名しています」が面白そうなので、そちらも読んでみようと思います。

2

受けのトロ顔が神級。

表題とホスト×ホストの2作品が収録されていて、私は表題の『君の待ってるコンビニへ』の受けのトロ顔がどストライクでした。
どちらかというとストーリーよりエロ・萌え重視です。
暗いお話を読んだ後など、気分回復に一役買ってくれそうです。

1

この受いいw

なんだろうな、雰囲気の作り方描き方がうまいのかな。
無駄にエロかった(∩´∀`)∩ソワソワしてしまう。

ガチ攻だった高蔵さん。相手に困ったこともない。
そんな高蔵さん、お忙しくてなかなかエロに進めない。
毎日の癒しはコンビニ店員の気さくな笑顔。
一発やらせろや。そんな風におもってた矢先
あれ?ちょ・・・突っ込むのは俺だよね?!な展開からの~
なお話であります。
ガツガツ攻だけに従事してきた男のケツがトロトロに溶かされるとか
硬かった肉がやわやわにされてしまうとか。
よもや自分が女のように溶けた顔をさせられちゃうとか。
設定だけで萌え!なわけですが
今回も例外に洩れず。関を超えてしまえば流れるままに。
面白かったです。

後半、ホストの先輩は何故あんなに簡単に・・といのが
謎でした。その過程がもう少し必要だったかなー
エロエロはエロエロなので、エロ読みしたい時にはおすすめです

1

色んな意味で意外

コンビニで働くバイト×会社員。フジマコさんの本を初めて読んだんですが、まさかこんなにえろいとは…。
コンビニ店員と常連さんの恋だから、もっとほのぼのとしたものを予想していました。絵もすごく可愛いし表紙もほんわかとしているので。

最初から互いに微かに好意はあるんですが、満員電車で急接近してから関係は一足飛びに。好きだとかつきあっての前にえろシーンになったので驚きました。しかもとっても濃い!年下わんこ系の日比野がいきなりハードな攻めキャラになったのにも驚きでした。

でも高倉はタチ専門で、結局どちらも譲らず一度目は交渉決裂。
高倉が日比野の匂いを嗅ぐと発情してしまい、その欲情が押さえられず、結局自分がネコでもいいからと日比野と寝ることになります。
えろシーンはすっごく好みでした。でも結局これは君が好きだからネコでもいい、でなく、君としたいからネコでもいい、てことでしょうか?
それが何だかちょっと理解できない気もします。
好きだから「痛くても我慢する」「君とつながりたい」となると思うので、「セックスしたいからネコでもいい」というのはどういう気持ちなのか?もちろん好きは好き続きなんだけど、「身体が好き」のほうが前面に強く出ている気がして、恋愛ものとしてのストーリーはそんなに強くないと思います。
あと、なんでこんなに日比野に対して発情するのか(匂いをかぐとおかしくなるのか)も不思議でした。

同時収録はホストのNo.1とNo.2のお話。
そっちが受けなの?て感じでこちらも意外なおどろきなのですが、同じくこちらもえろがメインでした。
もちろん恋心はあるんですが、肝心の受けの聖のほうはよくわからず…。きちんと恋人になるまでが見たかったです。
でないと、私はどうも聖にどこにもいいところが見出だせなかった^^;ただの偉そうなNo.1ホストという感じに思えました、すみません。

個人的にはえろメインならストーリー無視でえろえろ!てくらいが好きです。これはえろメインにしたいのかちゃんと恋愛したいのか若干どっちつかずかなーという感じにも思えました。
ただ、えろシーんはほんとに素敵だったので、この方の他の作品にも興味がわきました。

3

タチ×タチ、ホスト×ホスト

フジマコさん、ピアスの「迷う犬、誘う猫」がエロくて可愛くて好みだったので2冊目~!

タチ×タチ、ホスト×ホストの二本立てです。
両カプともにリバりそうでリバらない、リバ好きにはちょびっと残念、リバ嫌いには安心の内容になってます。

『君の待ってるコンビニへ』シリーズ(全3話)
残業続きで男遊びもままならないお疲れリーマン〔高蔵〕と、近所のコンビニの大学生バイトでいつも高蔵に人懐っこく話し掛けてくる〔日比野〕の、タチ同士のすったもんだなエロコメディです。
日比野のフェロモンにやられて高蔵がスイッチ入っちゃうところからの展開が早い早い。
フジマコさんの勢い溢れるエロ描写との相乗効果で、これもピアスだっけ?って思うほどにエロがエロエロです。
でも問題は二人ともタチ!
初回はどちらも譲らず未遂で終わってしまうんですが、どうしても日比野と抱き合いたい高蔵が覚悟を決めてネコに。
だけどやっぱり最後までは中々いけないという…
エロがエロいだけにもどかしい寸止めが続きます。
ついに成功してトロトロに蕩けた高蔵はエロ可愛すぎました。

『子供扱いすんじゃねえ!』『黙って俺続きに泣かされろ!』
圧倒的なNo.1ホスト〔聖〕と、聖を追い抜かしたくてたまらないNo.2ホスト〔ナオヤ〕の、こちらも一見どちらが攻めなのか判らない二人のエロコメディです。
余裕綽々のNo.1が主導権握りながらも受けで、余裕のないNo.2に蕩けさせられる、ってのが良かったです。
下剋上の下剋上、みたいな?
こちらも表題作に負けず劣らずの理想的なギャップ萌えカプです。
フジマコさんて下剋上好きなのかな?って思ったら、ふーじょんぷろだくとから出てる「性癖108TYPE」に下剋上が好きだとバッチリ書いてありました。やっぱり(笑)

描き下ろしは、2シリーズのコラボ。
メインはコンビニカプです。
ホストカプが表題のコンビニの常連客で、日比野と顔見知りって設定でした。

いやーしかしフジマコさんのエロは勢いに溢れてるw
絵とのギャップがすごいです。

1

買って良かった!!!!!

つい表紙買いを。
絵柄が好みなだけで買ってしまいストーリーはどうなのか知らず、期待と不安の中で読んでいたのですが…最高でした☆

自分はタチ専なのに…というプライドすらも好きな人のために折れてあげる優しさにグッときました!!!!
そしてなんともエロい!
初の受けに恥ずかしさで何回か未遂で終わったものの、最後にはきっちりフィニッシュを迎えましてとても満足です。
もう振り切ってしまったのか自分から求めにいく積極性を身につけた受けがもうかわいくてかわいくて…!!!!

あともう1つホスト系のお話もついていて、リバ展開くるかと思いきや寸止めでちょっと残念でした笑 (けっこうリバ展開好きなほうでw ものによりますが)

萌えがたくさん詰まっているとても満足いく1冊でした!

0

甘口カレーの良い後味

帯も帯だしどうせエロエロで押し切るつもり
なんでしょとお下品な気持ちでページを開いて
読み進めたら綺麗に裏切られて一本背負いを
喰らいました。
受の雄々しさと攻の女々しさを上手く遣って
ここまで読ませて戴ければ本当に満腹です。
勢いだけかなと思うと要所要所がきちんと
どっしりしているので上滑りしてないんですね。
だから読み直してみてもブレなく美味しく戴ける。
表題作と併録作、リバ展開も美味しいかなと
考えてはみましたが…一寸無理かも知れません。
殊に表題作は、攻めが嵌って戻って来れなく
なりそうなので。

3

1冊マルっとギャップ萌え!

前作の「守ってやるって~」がイマイチ萌えなかったのでドキドキしつつ、
最近タチが受けちゃうギャップ萌え発動中なので購入☆

やー!期待通りでした!!
攻め×攻めなのでどっちが挿れるか押し問答して2回も未遂なのですが
未遂ながらもすっごーくエロイ!!!(>∀<)
とくに1回目はお互い攻めあってるので、どちらもトロンとした顔を見せたり強気な雄の顔を見せたりと正に攻×攻といった感じで良かったです。とはいえ濃く攻め合ってる割にアッサリ未遂に終わって最初は読んでる方も置いてきぼりをくらい ポカー(°Д°)ーン ・・・。でも読み返した時はその後をわかっているので焦らしが逆に良いかも(・∀<)bと更に萌えたのでした☆

もうひとつのホストのお話も良かったです。
どっちが攻受かハッキリしないまま話が進んでたので、俺様で自信たっぷりの№1ホストが上から目線で服を脱ぎだした時は「№1が攻めか・・・」と思ったのですが、次のページでは組み敷かれて攻められてました!(喜) 俺様が泣かされる姿はホント良いですね!(//∀//)

エロいし昼夜逆転のギャップ萌えが詰まってるし買って良かった!続きの大満足です♪1点だけ・・・表題作の攻めのアホチャラさが受け付けなかったので-1です。あのポーズでラブ注入って・・・萎orz

4

タチ専がトロトロネコになるまで♪

タチ専のゲイのリーマンが、コンビニバイトくんの明るさに癒されて、
おまけにその匂いがメチャ好みで欲情して、
でもいざエッチまで持ち込んだら、
ノンケの相手も挿れる気マンマンで譲らなくて~~というラブコメです☆

攻め×攻めと言いつつも、
意外と早く決着がつく本って結構多いように思うのですが、
(わたしが読んでいるのが、たまたまそうなだけかな?)
コチラの受け(タチ専のゲイ・表紙左)は結構一筋縄ではいかなくて、
それがなかなか面白くて良かったです♪

最初の時なんか、片方はもう全裸なのに、
「指挿れんなっ‼」「譲れよ‼」「絶対譲らない‼」「お前が譲れ‼」
そんなやり取りの後「…なら帰れ‼」ってなって、攻めは帰っちゃうしw

後日、タチ専のゲイは覚悟を決めて、ちゃんと準備もしてリベンジ。
なのに今度は、
恥ずかしさと痛さで、先っぽを挿れただけで無理‼になっちゃうw
(でもどちらの時も、漫画的には十分エロエロです♪)

お互いセックスしたくて堪らなくて悶々として、
しかも同じベッドに裸で並んで寝てる……だけどセックス出来ない!
そんなふたりが可笑し続きくて可愛い~~~

そして、
ちゃんと好きな気持ちを実感して3度目の正直で成功したエッチでは、
タチ専だったはずの受けがトロけるトロける~~~
表情がめちゃめちゃエロく色っぽい!
これは間違いなくネコちゃんの顔だわ~~w

で、
うまくくっついた♪と思ったら今度は受けが、
別のタチ専のゲイに狙われてしまって~~なんて展開にも。

かなりエッチシーンには力が入っていて、お話的にも面白かったです☆
でもこの表題作は、本の半分ちょいくらいで終わり(泣)


残りは2話で、
ナンバー2のホスト × ナンバー1に君臨し続ける先輩ホストのお話。
1話目が特に、ちょい昔の作品なので絵も展開も少々荒いかな。

負けたくない、対等に見られたいという思いのナンバー2(攻め)と、
それを面白がるように挑発したり構ったり、
そしてキスまでしちゃうナンバー1(受け)。
要は、受けは攻めのことが可愛くて好きだったんだろうけど、
もうちょっと話の中でその心情がハッキリ見える方が好みだなぁ。

描き下ろしは、
その2CPが両方出ていて、お話が繋がっているのが分かるのがいい♪

表題作だけだと、萌え×2です☆

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ