俺の上司がセクハラしてくるはずがない(表題作 セクハラ対策課‼出会い編~ドキドキ告白編)

ore no joushi ga sexual harassment shitekuru hazu ga nai

俺の上司がセクハラしてくるはずがない(表題作 セクハラ対策課‼出会い編~ドキドキ告白編)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
32
評価数
12件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799715499

あらすじ

「こんなセクハラ、仕事じゃない! やめてやる! 」
男性専門(!!)のセクハラ課に飛ばされることになった俺を待っていたのは、 ドSでイケメンな課長からの愛ある(?) "セクハラ"だった!
おとり捜査の一環として痴漢電車に乗り込んだり、ナース服に着替えさせられたり…と、
課長の命令でイヤラシイことばかりさせられて…vv

あまエロ大量描き下ろし40P収録!!

表題作俺の上司がセクハラしてくるはずがない(表題作 セクハラ対策課‼出会い編~ドキドキ告白編)

課長,セクハラ対策課課長,34歳
三上,抜擢された部下,22歳

同時収録作品きらいなアイツと×××?

鬼頭義経,議員秘書,元同級生
望月要,フリーター,銭湯の長男

その他の収録作品

  • セクハラ対策課‼ 出会い編
  • セクハラ対策課‼ 痴漢編
  • セクハラ対策課‼ いいスギいきスギ編
  • セクハラ対策課‼ 病院潜入編
  • セクハラ対策課‼ 遊園地でラブラブ(?)デート編
  • セクハラ対策課‼ 酔って誘惑しちゃった編
  • セクハラ対策課‼ ドキドキ告白編(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

波乱の幕開け

正義漢あふれる三上くん。

ゲイと噂の上司にセクハラされかけ、強姦紛いのことをされ、配属された先はセクハラ上司が課長の新部署。

波乱の幕開けですね。

中込カスガ先生の「キミとながい夜」が好きなんですが、こっちはセクハラが題材なだけにエロ多目ですね。

「乳首クリクリしないで…っ」
「股間もおしつけちゃ、ダメ」
三上くんのこの二つのセリフが可愛かった。

課長の返しは
「お◯ん◯んだろ三上くん?」
どんだけ、変態なんだよというね。

色々、変だなと思うところはあるけど楽しめました。

1

本当に好きなら

上司のビジュアルはなかなかタイプだったのですが、なんか台詞回しとか設定とかが男の人向けというか。尊敬して憧れていた上司だからと言って、セクハラされて強姦されてそれでも拒めなくて遂には好きになってしまうなんて、あんまり好きなお話の流れではなかったです。上司が三上くんを痴漢の囮捜査とは言え痴漢に触らせたり、観覧車でエッチしているところを痴漢に見せたりという件も本当に好きなら見せたくないし触らせるなんて絶対だめ!というありきたりな設定の方がいいなぁ。
でも、こういうのも人それぞれの嗜好だから、私はまさに趣味じゃないということで。

0

いや、セクハラばっかだよ!w

正義漢!と同僚に言われるほど仕事に一生懸命で強気な受けが、
エリート上司の攻めに見初められ(?)、
その上司の元へ配属に☆そこは男性専門のセクハラ対策課!!

そこで、イケメン上司の攻めの命令で、
痴漢のオトリ作戦やら、
ナース服を着て病院潜入やら、
変態をつかまえるために遊園地へ潜入捜査やら~☆
で、そのどこでも、
受けは体を張って頑張ってるんだけど、
結局はあれよあれよと上司に美味しく食べられちゃう展開w

上司のエロテクがすごくて、
嫌だ嫌だと言いつつも受けは逃げられません~
そのうち情も入ってくるしね。

一番エロかったシチュは、
観覧車の中で受けが女装して上司とラブラブ夫婦を装って、
変態の犯人が隣の観覧車からガン見している中で、
見せつけながらエッチ~ってやつかな。

このふたり、本の最後の方ではちゃんと想いを繋げて~となるんだけど、
正直セクハラエッチの方が萌えましたw


キライだった元同級生と銭湯で久しぶりに再会して、
まだ童貞だと聞いて気持ちが大きくなって、
フェラ~69~挿入されちゃって~という短い話も入ってい続きました。

どちらもエロ多めでございます☆

3

やりたい放題

こんな課長がいたら、どういいつくろっても手錠をかけられそう。
男性相手のセクハラ対策部署に押し込められたホモの問題児な課長に徹底的にコスプレ、痴漢、セクハラ対策の名の下に性的に蹂躙される話ですが、
やられる方の三上が怨むでも訴えるでもなく、徹底的に闘っていく、やんちゃさが課長にたいするこれでいいのか感を軽減させます。

そもそも好きでないなら浮気性直す意味あるでしょうか。なんというヤンチャでれ。そして何を言われようがひたすら三上にセクハラしつづけるのも、もしかしたら一本気かもしれない。

期待通り以上にエロいとは思いますが、最初のきっかけがまつげが長いというベタ中のベタでそこ、つんのめった分神は、無しよ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ