新宿退屈男 秘匿の恋情

shinjuku taikutsuotoko hitoku no renjo

新宿退屈男 秘匿の恋情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
原作
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812488911

あらすじ

*竹書房さまよりお知らせ*

9/25発売から9/30へと変更になりました、大変申し訳ありません。なにとぞご了承ください。


新宿にある『便利屋の早乙女』の所員・竜野友紀は、仕事そっちのけで、隙あらば蜜事を仕掛けてこようとする所長の早乙女に翻弄されながらも、ふたりだけの事務所を守ろうと日々奮闘している。そんなある日、早乙女の親友で、ヤクザの碑文谷が重傷を負って現れた。「痴情のもつれで刺された」。その衝撃の一言が大事件へと発展し…!!これが引き金となり、事務所に関わる面々、『早乙女ファミリー』の内に秘めた恋愛模様も明らかとなる(?)。騒がしくても大真面目!!究極のトゥルーラブ。

表題作新宿退屈男 秘匿の恋情

早乙女文人 便利屋早乙女経営
竜野友紀 元刑事の従業員

評価・レビューする

レビュー投稿数2

和製○ーシャンズ11?

Lovers Winter Fair2015小冊子のため購入。
シリーズ9作目となる本書ですが、既刊未読でもそれなりに楽しく読めました☆

あらすじ:
元刑事の友紀(受け・「俺」)は、恋人の早乙女(攻め)の下で働く『便利屋 早乙女』所員。
ある日、早乙女の親友でヤクザの碑文谷が何者かに刺され、ヤクザを廃業すると言い出して…

作品の第一印象としては『和製○ーシャンズ11』(11人もいない?)。
攻めの仲間や、受けの兄とその恋人など個性豊かなキャラが続々登場し、協力し合って事件を解決していきます。
便利屋の早乙女を筆頭に、キャスターにヤクザに…と実に人材豊富な早乙女ファミリー。
受けがパッとしないところも、受けを目の敵にする毒舌美少年が登場するところも、いかにも愁堂作品らしいです。

今回は、侠気あるヤクザ・碑文谷の生い立ちと、彼が母親と弟に対して見せる優しさが一番の見どころ。
彼に協力しつつ、親子関係の修復にも手を貸す早乙女ファミリーの面々もいい味出しています。

個人的には、主人公のユキちゃんにもう少し活躍の場が欲しいところ。
碑文谷を見張ったり元刑事続きのツテを使ったり、それなりに仕事はしてますが、いつも肝心なところで早乙女や碑文谷にフォローされているのが残念。
元刑事でそれなりに男っぽい性格なのに立ち位置はヒロイン的なチグハグ感がありました。

早乙女とユキの二人は、最初から最後までラブラブで大安定。
仲間のことでちょっと気分が落ち込んでも、愛し合うことで互いの不安を癒やそうとする関係が良かったです。
絡みも数回あって良かったですが、喘ぎ台詞に「あっあっあーっ」はやめた方がいいんじゃないかと思いましたw

機会があれば二人の馴れ初めやスピンオフ等の既刊も読んでみたいです!

2

男の友情とツンデレさん

もうこのシリーズ、スピンも入れて9冊目になるんですね!
友紀のお兄さんの件が落着して、早乙女の家の問題が発生して、一応メインの人物のあらましなんかは明らかになったんですが、シリーズとしての終着点は一体どこにあるのかな?と常々思っていたわけで。
仲間がいっぱいいるわけだから、その分だけストーリーはできるわけで
その仲間が織りなすという部分で他社の「スナイパーシリーズ」とたまに混同したりしちゃうんですが(汗、、)

さて、そんな期待とも杞憂ともつかないこのシリーズ、
今回はO次郎ことヤクザの碑文谷の事情と、思いがけない京の恋心が露見いたしました!
そうですね~結構人情話になっていたかな。
その点はやる事大仰な早乙女だけに、ちょっとビックリするような仕掛けを仕込んで読者は友紀視点と同じ立場になってこのストーリー展開を見守っていきます。

碑文谷の事情とは、彼の生い立ち。
ヤクザの父親に嫌気がさして彼と父親を残して出て行った母親と、その母親が再婚先で生んだ碑文谷の弟、というのがキーになります。
いつもおチャラケている碑文谷に何故か悲哀を感じて、それを隠しているような、で続きも、彼は真剣で、そして思いやりがある男なんだという部分が見えました。
その決断と行動は、やりすぎ?と思わないでもないですが、
なんてったって、早乙女と友達ですからね!突飛もなくて当たり前なのかな(笑)
彼等を見てると、ケセラセラ?それとも先をきちんと見通している?
早乙女と碑文谷の真面目な会話を聞いてみたいな~

そんな碑文谷でしたが、始まりが碑文谷が刺された!?そして命を狙われている!?
という事件から始まりましたが、毒舌ツンツンの京が顔色を変えて碑文谷を心配しているのです。
そこから見えるのは、ひょっとして京は碑文谷を・・・?
奥さま達に絶大な人気を誇るキャスター春野が京にいつもちょっかいを出していたから、ひょっとして春野×京という組み合わせが可能性として…と思っていたところ、読者の自分も驚きでした!!
あ、でも京が友紀に冷たくあたるのも、碑文谷への密かな心ゆえと思えばなんとなく納得かも(笑)
碑文谷、男前だったよ♪

さて、肝心の主人公達は、早乙女へのはっきりした気持ちを前のあたりからきちんと示すようになった友紀ですから2人は恋人ではありますが、いつもの万年発情の早乙女ペースでいつでもどこでも押し倒されて~の流れではあります。
今回、大事な友人の碑文谷の件で苦悩もありそうな早乙女でしたが、それでも友紀を襲ってやっちゃうあたり、絶倫な気がしますw
あ、電話とイラストで登場ですが香港の王と友紀の兄が登場しますよ♪
一体どこに着地があるのかな?臨機応変で不思議に思うシリーズです。

今回一緒に出たラブコレはこの本編後のハワイ編です。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ