「言ノ葉ノ使い」出版社特製書き下ろしペーパー

kotonoha tsukai

「言ノ葉ノ使い」出版社特製書き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
言ノ葉ノ使い

商品説明

B5サイズ片面印刷
紙面を4分割する形で、4分の1は表紙イラスト、4分の3は2段組3ページ相当の本編後ストーリー。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

不器用なカンナ

出版社特典のSSペーパーです。
片面印刷、本編後日談となってました。

ふたりが住むアパートの、曲がっている風見鶏を直すお話です。
仕事がまだ見つからない時、ガクタがペンキの剥がれたアパートの壁を塗り直してくれたんですが、そうなると今度は曲がっていた風見鶏も直したい、と午前中から金槌の音を響かせて修理を試みるカンナ。

響き渡る妙な金槌の音に目が覚めて起き出したガクタは、カンナの作ってくれたホットケーキを頬張りながら心の声で「なにしてんの」とカンナに話しかけます。
風見鶏を直してる、というもののカンナの手元はおぼつかず、何度も振り下ろしては空振り……そんな様子をホットケーキの感想を交えながら、ガクタは下手だの何でそうなるだのと、いちいち心の中で呟いてしまい、カンナに心の声を控えろと言われてしまいます(笑)

一向に直らない様子に業を煮やしたガクタが、最終的には力任せに風見鶏をひねり、一発で直してしまうんですが、そんな力強いガクタにカンナが惚れ直す、という甘い日常のお話でした。
心だだ漏れでも、嫌みなく普通にしていられるふたりが幸せそうでなによりです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ