悪い奴ほどよく眠る

warui yatsu hodo yoku nemuru

悪い奴ほどよく眠る
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥970(税抜)  ¥1,048(税込)
ISBN
9784344832251

あらすじ

高校生の時に事故に遭い、十年眠り続けた奏音が目覚めた時目にしたのは、かつての親友・東堂。大人の男になった東堂に奏音は…。

表題作悪い奴ほどよく眠る

東堂神威 医者 27歳
高遠奏音 10年眠り続けた 26歳

その他の収録作品

  • どさくさ紛れに、キスをする。

評価・レビューする

レビュー投稿数2

あらすじに惹かれたが

読み進むにしたがって何だかムズムズと。ストーリー云々よりも文章がもうダメ。何だろう作者に登場人物が乗り移って書いてるような。この作者さんのは初読みなので他の作品の文章は知りませんが、登場人物の心情表現で物語が進んで行く感じです。読んでいて、途中にも似たような文章無かった?と、まどろっこしいです。良い場面あっても台無しな感じがしました。
これが好きな人もいるんだろうけど、私は無理でした。
上手い作家さんの文章読んで頭の中をリセットしたいです。
もう購入しません。

0

細かいところは、うーん…

否定的なタイトルをつけてしまったのですが、萌えたか萌えなかったかと言われたら、萌えたと言える。
でも細かいところを考え出すと、う~ん、という部分も多くて…
萌えた、けど、う~ん…という感じ。

十六歳のころ交通事故にあって約十年眠り続けた奏音(受)と、その親友だった東堂(攻)のお話。

奏音が目覚めたら十年が経ち、母も亡くなり、家もなくなり、親友の姿まで変わっていた。
頼れるのはその親友のみ、という状況です。
その親友である東堂は、身寄りのない奏音を受け入れてくれて、しかしなぜか「好きだ」と言ってきた…

お話は過去と現在を織り交ぜながら進みます。
奏音が助けを求めるのは過去の東堂であって、今の東堂でない、というのがせつない。
東堂のほうも奇跡的に目覚めた奏音を手放さないように、必死になっているのも伝わってきて、そこもせつない…
すれ違いというより、東堂→奏音の片思いっぽい感じですね。

とにかく奏音は十年も眠っていたのだから、自由に体が動かせません。
そういうのが駄目な人には全くおすすめできないのですが…
私はファンタジーだし!と思って読める部分では続きあったのですが、やっぱり少しひっかかる部分もあって。
十年眠っていても美しい容貌だとか、やわらかい関節だとか(十年間、必死に東堂が動かしてたのかな?)、やたら回る口だとか…
このへんもファンタジーだし!でいけばOKかなぁ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ