柔肌に乱れ桜 -花街エロティカ-

yawahada ni midarezakura

柔肌に乱れ桜 -花街エロティカ-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
68
評価数
16件
平均
4.3 / 5
神率
43.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大誠社
シリーズ
LiLik文庫(リリ文庫・大誠社・ブライト出版)
発売日
価格
¥609(税抜)  ¥658(税込)
ISBN
9784865180282

あらすじ

高級男娼館・華実屋。うだつのあがらない端娼妓の緋桜は、馴染み客の綾部だけが支えだった。だが新楼主に着任した水揚げの相手、志蔓と再会しその運命は急転する。「男を惑わす才能を秘めたお前を、ここの一番手にしてやる」二人の宣言を皮切りに淫靡な教育が始まった。不遜で、けれど不器用な温かさを秘めた志蔓。優しさの中に強引な男の顔を覗かせ始めた綾部――夜ごと甘い責め苦に翻弄される緋桜だが、身体が淫らに開花するにつれ、彼らへの秘めた想いも目覚めていき?

表題作柔肌に乱れ桜 -花街エロティカ-

志蔓月彦・『華実屋』楼主&綾部時成・馴染み客
緋桜・男娼館の端娼妓

同時収録作品柔肌に乱れ桜 -花街エロティカ-

志蔓月彦,水揚げの相手,男娼館の新オーナー
緋桜,男娼館の端娼妓

その他の収録作品

  • しあわせのすむ部屋
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

現代版吉原遊廓モノ

緋桜は14歳で遊廓風男娼館に売られ、初床で志蔓に乱されてしまいます。
そして、志蔓から「俺に身請けされる気はないか?」との申し出があるのですが、緋桜は断ってしまいます。
詳しいことは書かれていなかったのですが、14歳で水揚げされちゃったのかな…
その後、志蔓は華実屋に現れなくなります。

ある日、ふとした切欠で綾部と知り合い、緋桜の馴染みの客になります。
綾部からも身請けの話をされるのですが、いつも断ってしまいます。
もう誰かに捨てられるのが怖いので嫌なんだそうです。

それから数年後、志蔓が新しい楼主として華実屋に現れます。
志蔓と綾部は大学時代の友人で、身請けされるのが嫌なら華実屋でトップを張れと。
自分達が緋桜に天辺の景色を見せてやると。
それから3人での特別研修が始まります。

ここからエロエロです。
ひたすらエロエロが詰まってます。
3Pが主体ですが、モブ姦、客、男娼同士のシーンもありました。
エロエロばかりで途中睡魔に襲われてしまいました。
ストーリーに深みはないですが、エロだけを楽しみたい人にはオススメです。

0

どっちが好み?

西野作品はとにかくエロい。
そういった期待を裏切らない、濃厚エロスな現代風遊郭のお話。

うだつの上がらない男娼の緋桜。
唯一の馴染み客である綾部だけが支えで人気は下から数えた方が早く、上昇志向も無い。
ところが新たに楼主が変わり、その人はなんと水揚げの相手であり『緋桜』という名を与えてくれた志蔓だった。
実は志蔓と綾部は大学時代の友人で、なんと二人がかりで緋桜を娼館の一番手にするために再教育をすると言い出して───?

そこから始まったのは、めくるめく淫蕩の日々です。
緋桜が訳も分からないほどに乱れたのは、水揚げの相手である志蔓としたその時だけ。
緋桜はずっと、快感に流されまいと必死に己を戒め続けていた。
最初を知っているだけに、志蔓は緋桜の秘めている才能を引き出そうと綾部と手を組み緋桜に快感を植え付けていくわけですが。

緋桜の『穢れない』真っ直ぐさと、臆病な心が痛く愛しい。
陵辱などされてやらない。緋桜の持つ芯の強さがとてもまぶしく感じました。

強引に始まった志蔓と綾部と緋桜の関係。
頑なに守り続けていた緋桜の心がだんだんと揺れ動く様が胸にきゅ続きうっときました。

最後、緋桜が娼館を去る日。
変わった緋桜になぜか泣きそうになってしまった。
その幸せそうな笑顔に、前向きな思考に、そして心を預けることが出来る人を手に入れたことに。

無理矢理、陵辱強姦、複数、と地雷要素がたくさんあるのが西野作品。
どんとこい!という方はぜひ読んでください。

さて。
不遜だが不器用な温かさを秘めた志蔓か。
優しさの中に強引な男を覗かせる綾部か。
どっちが好み?と聞かれたら──迷わず答えます。

「両方です!」

二人とも惜しみなく愛を緋桜にそそいでいて、大人の魅力溢れる素敵なお方たちなのです。

Cielさまの美麗イラストがこのお話をさらに魅力的にしています。
くそう。志蔓も綾部も男前すぎてめまいがしそう(笑)

5

内容もボリュームも満足な1冊

現代日本であって現代日本でない遊郭もの。このバックグラウンドは多少曖昧なものの、既存の西野さんの作品の中では間違いなくトップレベルのえろ度でないかと思います。本自体も分厚く、えろいシーンの回数もかなり多目。

この作者さんのお話ではよくある3Pですが、それだけでなく、遊郭の客と寝るシーン・同じ男娼と絡むシーン・和姦ですが、輪姦されるシーンなど、単純な受けキャラと攻めキャラが絡む以外のシーンも多いです。そういうのが苦手な方にはオススメできないかもしれませんが…。

遊郭に売られ、男娼として働くものの人気の上がらない緋桜。
初めての客、志蔓が忘れられずにいるものの、頻繁に緋桜を買ってくれる綾部にも好意を持っています。
そこに志蔓が新しいオーナーとして表れ、おまけに綾部とは友人だといい、2人して緋桜をトップの男娼に育てるため「研修」と称して3Pの調教…というもう最初から最後までえろシーンオンパレードでした。

緋桜は緋桜で最初は羞恥心を残しているのですが、お話半ばからはかなり淫乱なキャラクターに…後半で輪姦されるシーンでも半分楽しんでいます。
好き嫌いが分かれそうですが、他続きの男娼と絡まされ、それをそれぞれのパートナーの前で披露…というシチュエーションがあります。
気の強い雪笹という男娼が結構可愛くて、私は受け×受けというシチュエーションが好きなので楽しめました。
滅多にないシチュエーションですが、西野さんの作品はたま~に受け×受け描写があるので貴重です。。

綾部と志蔓は全く違う性格ですが、最初から「緋桜を共有する」と決めているらしく、2人で相手をするという事による確執やいざこざというものは全くなく、割と気持ちよく読めました。緋桜は2人の間で揺れる描写はあるものの、最終的に1人に絞るというような結末にはなりません。
というか、心はともかく身体は1人が相手じゃ満たされない、というような結末です…。

西野さんファンなら読んで間違いない、って思える作品だと思います。

3

これでもかとエロいです!

現代の遊郭ものですが
まず手にとった時の文庫の厚さに驚きました!
300ページにもわたるとの事で
西野さんの素晴らしいH描写を存分に楽しめるはず!と
期待してしまいましたよ♪

シングルマザーだった母が病に倒れ
施設で育てられることとなり
養父母に引き取られた後に
養父母の会社が倒産し廓に連れて来られた緋桜。
捨てられ、誰も自分を必要としてくれない現実を
冷静に見据えて何にも期待せず生きていこうとします。
その緋桜を初めて買ってくれた男は
思わず涙を落とした緋桜を優しく抱いてくれ、
これからもっと酷い客に抱かれていかなければならないのに
知りたくなかった快感に戸惑います。
その男の身請け話を断り、華実屋に残ることを決めるのです。
二度と傷つきたくないため…。
その後その男は足を運んでくれなくなり
ますます緋桜の自己否定は強くなりますが
最初は客として出会ったわけではない、
大型リゾートホテルの支配人・綾部が緋桜を贔屓にしてくれ
それはそれは優しくしてくれます。
それでも、全部を明け渡してはいけないとブレーキをかけ
そんな緋桜の様子を寂しく続き思う綾部なのでした。
綾部もまた身請けの話をいつも切り出しますが
首を縦には振ってもらえません。

華実屋のオーナーが変わると知り、
そこに現れたのが緋桜を初めて抱いた志蔓なのです!
綾部とは大学が同じだった為友人で、
この二人が緋桜の凍ってしまった心身を溶かそうと……。

愛のこもった二人の攻めからの愛撫にメロメロですよ!!
どれだけ大事にしたいか教え込まれてしまうので
他の客に抱かれて以前より気持ちよくなっても
我を忘れるほどの強烈な快感は得られません。

トップを誇る雪笹に一方的に妬まれ
陥れられそうになったり(モブが登場しますので苦手な方はご注意を;)
その後雪笹との確執を無くそうと
志蔓+綾部×緋色、堀井×雪笹というメンツで
同じ部屋で愛し合います!!
緋桜と雪笹で絡ませたりなもんで、だいぶエロいです…。
お好みではない方もいらっしゃるでしょうけども
私はだいぶ楽しませていただきました!
二人に双頭の玩具使ってイかせたり…。
Cielさんのイラストもまた妖艶でいやらしくてセクシーで
たまらないものがありましたよ!

勿論ハピエンなので安心してお読みいただけると思いますが
シチュ的に複数はダメとおっしゃる方や
愛の無いHは読みたくないという方には
そういうシーンが多少あるので残念ながらおススメできません;

でも、志蔓が緋桜に会いにこられなくなった理由も後に判明しますし
緋桜を大事にしたい気持ちが溢れているので
タイプの違う出来すぎるくらいのイイ男に同時に愛される、
そんな受けをご所望の方は是非♪

なかなか気が強いけど臆病な緋桜、
甘いだけではない志蔓、
穏やかで紳士ですが嫉妬心も少しのぞかせる綾部、
各キャラの魅力も良かったです!

ちなみに、緋桜を福山潤さん、
志蔓を帝王、綾部を小西克幸さんで脳内再生したら
すっっっごく幸せな気持ちになれましたので
萌×2とさせていただきますw

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ