蜜の王国(4)

mitsu no oukoku

蜜の王国(4)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
38
評価数
10件
平均
3.9 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス Cita Citaシリーズ(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832289147

あらすじ

「例えばそれはそこの葉陰」
かわいい年下受、主従、片想い、ツンデレ…
4カップルのかわいい恋の行方は!?

何度でも読みたい!
いじらしくって癒やされる
恋する「虫ッコ」擬人化BL、堂々完結!
描き下ろしあり

表題作蜜の王国(4)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ハッピィエンド

最後の最後まで可愛くて、緑ちゃんの素直さに悪者までよい子になっちゃいましたね。

最終巻はてんとう虫のやくざ間抗争に緑ちゃんたちが巻き込まれそうになりますが、緑ちゃんの可愛さにみんなメロメロ

0

緑ちゃんが最強!!

最後まで、やっぱり緑ちゃんに癒やされる~っ(><)

この先も、この虫たちの日常は続いていくんだよね!
っていう感じの終わり方です。
相変わらず、ほのぼのとしてた1冊ですが
それぞれのカップリングが曖昧な今までよりも確実的な描かれ方でした。
カゲちゃんの所とか、いつの間にカップルぽくなってるの?!

そして今回登場の二十八組(ヤクザ系)ですが
ひと波乱起きそうだったけど、
やはり緑ちゃんの存在ですべて丸く収まった!!
何か特別な事をするわけでもなく、
普段の緑ちゃんが起こす奇跡(大げさ?)は本当に凄い!!
内の職場にも1匹欲しいよ…(^^;)

「がっこうのせんせい」も終わってしまってるし
松本さんの新しいファンタジーものがまた読みたいです。

0

例えば、それは葉陰の中で

小さくて可愛いアブラムシの緑ちゃんと、強くてカッコイイ蟻の黒ちゃんを中心にして、くりひろげられる小さな命の世界のお話、4巻です。とうとう最終巻になりました。もうあの可愛い虫たちに会えないと思うと寂しいですね。

相変わらずBL要素はないけど、どのカップルも少しずつ仲良くなってるのが、微笑ましいです。意地悪だった弥星も可愛くなってるし。なんと言っても、鈴木さんとハチさんの進展ぶりに驚きました。食事の用意をしてる時に、さりげなくハチさんが好きだと言えば、鈴木さんも自然に好きだと答えてるし。

最後は、二十八組も天道組も住民も、みんな交えての誕生会にホッコリします。実はSっぽくてリーダー気質な緑ちゃんがいれば、この世界は平和なんだろうな~と癒されながら読み終わりました。

2

小さな小さな虫の世界

「虫ッコ」擬人化BL、堂々完結!
長い間、楽しませて貰いました。
日々老化による節々の関節の痛みやら抗える事が出来ない目の疲れやら夫からのパワハラやらを、虫ッコたちの可愛い笑顔で癒されていた私。
終わるとなると、寂しくて寂しくて。
ほんわかほんわか、悪い人が全然出てこないBLってこれは何気に珍しいBLだったのでは。
平和な蜜の国、葉陰で虫ッコみんなで仲良くこれからも幸せに暮らしていくのでしょう。
松本花作品は、あったか~~~い温もりを優しく心に届けてくれます。
甘い食べ物が頻繁に登場するのでお腹が空きます。空腹でこのコミックを読むのは危険です。絶対コンビニへ駆け込む事になるでしょう。

3

完結巻

大団円といったところですかね。
期待していたエロ的な展開はなかったものの
最後まで可愛かったから許す。(*´Д`)。*

さて、お話はと言いますと
相変わらずのホノボノ展開。
わかったのは、緑ちゃん最強というところだけでしたねww
どんだけドエスwあのドエスっぷりには私も惚れた。
かくれんぼ始めて、自分が鬼なのにも関わらず
隠れた人たち放置して帰宅とかw放置プレイが過ぎるぜ兄さん!
すっかりクロちゃんのほうが嫁っぽく見えた。

天道さん
天道さんのところがなんだかんだで一番好きでした。
今回の、誕生日騒動。可愛すぎて悶絶。
「プレゼントは来年に持ち越しな」
一見、残念かと思いきやな裏の意味がまた萌えた。
個人的には坊ちゃんの身体がいただきたry・・・(殴

他カップルも
もう少しガッツリ見たかったなーと思うところではありますが
たぶんこれ以上見せてはくれないんだろうなと思おうと
ここらへんがちょうどイイのかもしれませんな。
終わりよければ全て良し。幸せなみんなの顔なラスト良かったですv

1

慌ただしい最終巻……

どんどんエロが減っていくーwwwwww
黒ちゃんのお食事シーンは結局1巻だけでしたね……
今回は妄想シーンですら汁気が全然ない!
ほのぼのBLなので別にいいんですけどね(笑)

天道組に続いて二十八組も登場!で何やら緑ちゃんの周りが慌ただしい……
緑ちゃんてまるで台風の目みたいだなぁ(笑)
危険知らぬは本人ばかりなり。

全体的にバタバタ慌ただしい終わり方をした印象。
何より楽しみにしていたはっちゃんとスズキさんの進展。
まさかこんなあっさり描かれるなんて!
もっと甘酸っぱい2人が見たかったよー!!!
カゲちゃんと草ちゃんも微妙なまんまだし……

でも全体としてはほっこり幸せな1冊でした♡
これからもみんながそこの葉陰で幸せに暮らしてほしいなぁ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ