恐ろしい童貞

osoroshii doutei

恐ろしい童貞
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立10
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
9
得点
60
評価数
29件
平均
2.6 / 5
神率
6.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799715703

あらすじ

金にしか興味がないゲイ向け出張ホスト・ユウ。
色恋営業は楽勝。ちょっと甘い言葉を囁いてやれば、どんな客も落ちる。
今度の客は、恋愛経験いかにもゼロな新進気鋭の画家(絶対童貞! )。
官能がテーマの絵を描くために、勇気を出して俺を買ったらしい。
あー面倒くさいかも。本気で惚れられるかも。ま、金を早々にむしりとってオサラバするから関係ないけど。
――って思ってたのに、なんかちょっと会うのが楽しみになってきてる!?
いやいやまさかこの俺があんな童貞君にとか…マジないから!!

ゲスの極みなホスト×ウブな童貞君v
期待の新鋭デビュー!

表題作恐ろしい童貞

笠井由宇(ユウ),ゲイ向けの出張ホスト,35歳
九条貴弘,客,新進気鋭の画家,26歳

同時収録作品これが愛なら

しずる,二丁目の店のニューハーフ
マサ,ホスト

同時収録作品ちん☆神さま

田吾作,インポの村人
ち〇この神様

その他の収録作品

  • 童貞くんの彼女さん(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:4コマ漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数9

兄が邪魔

しっかり裏表紙の説明を読むまで、タイトルの印象で童貞攻めの話かと思っていました(笑
おどおどして女々しい感じの受けが普通に見目がイイので、どのあたりが童貞要素なのかいまいちピンとこなくて良くある感じに収まってしまっているのがもったいない
空気の読めない兄にぜんぶ持っていかれてる感じ、どこまでも兄がくどく鬱陶しかったという感想しか残らなかった。兄出すぎ

同時収録されている、これが愛なら
オネエ攻め最高、かわいげがあってイイ安易に男言葉にならない最高
155ページの最後のコマの表情が絶品
騙して利用しようとしていたヘタレクズ受けマサくんが、逆にじわじわ懐柔されていくのがニヤニヤポイントでしたが
思わずかばってしまう程に絆されているというのが少し解りにくいのが惜しい気がしました
この二人のお話はもっと読みたい

0

マスター可愛い!

初めて読んだ作家さんですがなかなか面白かったです。童貞くんはめんどくさいから指名は受けないでーと二回目以降を断っていたのに、仕事だから思うようには断れなくて。でも、その予感は、童貞くんがめんどくさいじゃなくて、こんな純粋な人にメロメロになりそうな自分がめんどくさいなんですよね。

付き合うとなったら出張ホストはすぐやめて、バーテンに転職するユウさん。その一途さも好みなんですが、それ以上にそこのマスターが!
なにあの体型!いい感じのサブキャラでもっと登場させてほしかったなぁ。
途中から出てくる性格が正反対のお兄ちゃんも、天然なんだか、知ってて邪魔してるんだか物語のいいスパイスでした。

0

空気の読めない兄(笑)

無神経で空気の読めない兄が途中からいきなり登場で笑っちゃいました。

面白い話だけど、貴弘も可愛いのに……兄の登場で全部が台無し。
どっから沸いて出たの。

悪気がないから悪いんだよ。兄のキャラは面白いけども。

で、お兄さん結婚していたなんて!
あのウザイキャラで女性と結婚できて子供がいるなんて!びっくりだよ。
しかも、子沢山だよ。びっくりだよ。

短編の2つも良かったけど、萌えもあって面白かったけど、今は兄しか残ってない。

でも、面白かった。

スムーズに話が進んでいて、特に気になるところがなかったです。

兄の印象強すぎです。

0

うーむ…。

最初が駆け足すぎてついていけなかった…。いろいろ短縮しすぎてて。
攻めもホストとかイケメンって感じもしないし…。35歳に見えない。設定は好きなので、残念。

0

憧れは「ゲスの極み」

表題作は、カバーのあらすじによると、「お金にしか興味のないゲイ向け出張ホストが、客のウブな童貞君にうっかりはまっちゃうお話。」のようなんだが、この「ゲスの極み」出張ホストさんが、早々に童貞君を好きになっちゃう。
ぜんぜん「悪い奴」になりきれない。
同録の「これが愛なら」も、酔っぱらってうっかり拾ったオカマちゃんを、陥れて自分のストーカーから逃げる盾に利用してやろうと思っていたのに、いざストーカーがほんとに襲ってきたら、自分でオカマちゃんをかばっちゃう。
どちらのお話も、ワルぶっていても、根はどうしても善で、この善良さを良しとするか、物足りないと思うかで評価は変わるのかな。
私は、この性善説展開は結構好きだけど、ものには限度があって、表題作に登場する、童貞君の兄のような、根が善なら全て許されるのかキャラは苦手。
なので、差し引きして評価は萌1こ。

1

いまいち…

出張ホスト×童貞画家
攻が受のどこに惹かれたのかがあまりピンと来ない。
第一話のページ数が少ない読み切りという中で、言いたいことの表現をしきれなかった印象。
二話目から五話目までは描き下ろしのため、一話目よりはしっかりとまとまっている。
展開はすれ違いからの仲直りセックスというパターン多め。 まぁ、BLの定石だしね。
同時収録はオネェ×ストーカーに脅えるホストの話と、 インポ×チンコの神様の話
個人的にオネェ攻は好んでは食べないのだが、これの展開は面白かった。
あと、チンコの神様が美人だったので、ページ数が少なくて残念。もっと読みたかった。

4

天然受けに振り回される攻め(ホスト)

天然受けに振り回される攻め(ホスト)というのを期待して買ったのですが、一番振り回していたのが全く空気が読めない兄というオチ。
受けがいい子なのは分かるのですが、攻めが何故この子に落ちたのかよく分からないので、全てが上滑って終わってしまいました。
最初が読み切りだから仕方ないとは思うのですが、もう少しそこらを掘り下げて欲しかったなあ。
振り回していた兄にもあまり愛着を感じなかったので本当に鬱陶しいだけで、悪い話ではないのですが、コメディーを読んだ後のすっきりほんわか「ああ、面白かった!」という感じがなかったです。

新人さんなので、今後に期待!

2

想定外恋愛

元ホスト、現出張ホストで百戦錬磨の俺があろうことか、童貞にハマってしまうなんて!
「●●、恐ろしい子。。。」
多分、そういうシチュエーションの題名でしょう(笑)

1話目は単発掲載だったらしく、割とシリアスな雰囲気です。
ページが短いせいもあり、客である童貞にはまってしまう理由が今ひとつ掘り下がってなくて、多分初めての体験に見せる表情やしぐさにスレている攻めになるホストがはまってしまった。
身体の関係から恋愛めいた終着を持ってしまった客である受け、ということでしょうか?
そこから先の話としては受けとなる貴弘が天然でウブくて健気な事もあり、周囲のキャラ設定もコミカルにして、コメディ路線で進んでいます。

健気にほだされた元ホストのユウの転身ぶりは見事で、彼もまた健気でかいがいしいです。
とどのつまりバカップル?
途中で貴弘の兄が登場して、二人の関係がバレたらヤバい!?とか、
せっかくのユウのお誕生日祝いが、その兄によっておじゃんになるとか、
そんな波瀾を含みながら、そのお兄ちゃんが貴弘の超更に上を行く、ド級天然兄ちゃんだった点が、かなりお笑い要素になってます。
続き
二人の心配は一体・・・w

他に、嘘の言葉が本当になってしまった オネェ×ホストの話。
つっこむ気マンマンだったち○この神さまが、不能だった参拝青年に掘られちゃうお話(ち○こ擬人化らしいw)

愉快なテイストのお話ばかりでした。
ちょっぴり絵柄が地味なので、この絵の感じはコメディが向いているように思いますが、全体はそんなに悪くはないですが何かもう一つ強力な印象が欲しいかな?という気もします。

3

出張ホスト×童貞客

ゲイ向けの出張ホスト、35歳(攻め・表紙右上)。
「セックスって愛がなきゃできない…だから…本気で…愛してる」
なんて甘い言葉を囁きつつ、客が本気にならないようにコントロール。
金でしか繋がれない、客に本気になられるなんてヤバい…
そう思っていたのに、
童貞の客(受け・表紙左上)に自分が本気になってしまって~~~なお話。

ホストが童貞の客に(意外とあっさり)堕ちるという短い1話と、
その後、同棲を始めたふたりのお話が5話描き下ろされて載っていました。

ホストなら、
ウブな客に本気になられる…なんて今までも何度もあっただろうに、
なんでこの童貞の受けに攻めは堕ちたのか??
「恐ろしい童貞」というタイトルほど、
その受けの恐ろしさ(要は魅力?)が、自分には感じにくく…う~~ん。
ホストももうちょっと最初性格悪くてもいいのになーーなんて思ったりも。

でも、攻めが振り回されてる様子は結構楽しかったです。
元ホストのプライドにかけて、イイ男なのをアピールしてみたり、
それなのに「フケた」と言われてしまって可笑しかったりw
あと、
攻めが天然な受けに続きすっかりハマっていて、
ナチュラルに受けを大事にしている様子には好感が持てました。

受けも結構~だけど、それよりさらに脇役が濃いキャラで、
ちょっと言動や見た目がレトロっぽいので、好き嫌いが分れるかも?
特に受けのお兄さんが!
でも最後はなかなか感動的に盛り上がってて、よかったな♪


仕事で女装をしてるオカマを、女と思って拾ったノンケホストのお話、
「これが愛なら」は、ちょっと絵柄が古めだったけど、面白かったです!
ストーカー対策にもなるし利用するだけ利用してやろう~
そう思ってホストがオカマに甘えていたら、襲われてしまって…
おバカな純情オカマ攻め×腹黒受けかと思いきや~~最後の展開がステキ。

ち○この神様が、村人(名前は田吾作w)をヤろうと思ったら、
逆にヤられてしまって~~という短いお話も可笑しかった。


ちょーと全体的にレトロな雰囲気に感じて、苦手かも…と思ったんですが、
結構楽しく読みました~~萌え×2寄りです☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ