仔狼は悪徳弁護士のお気に入り

koookami wa akutokubengoshi no okiniiri

仔狼は悪徳弁護士のお気に入り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学研パブリッシング
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
ISBN

あらすじ

ヘマをした友人を助けるために、悪徳弁護士・桐島の事務所でアルバイトをすることになった大学生の和威。桐島の弱みを握ろうと、法律事務所でバイトを続ける和威だったが、学内でのドラッグ騒動や、政治家の父親の選挙にからんだ事件に次々と巻き込まれ…!?

表題作仔狼は悪徳弁護士のお気に入り

桐嶋典嗣 弁護士(悪徳弁護士) 38才
一之瀬和威 大学生(代議士の息子) 20才 

評価・レビューする

レビュー投稿数2

良作

松浦さんの作品が好きでこちらも購入。読み応えある良い作品でした。

法律を学ぶいたいけな大学生と、裏社会の弁護士を務める責め。レイプから始まってしまう二人の関係ですが、やがて攻めの器の大きさと男気に触れ、仕事上もプライベートも接近していきます。
受けの成長物語といってもいいかもしれません。

その中で、様々な出来事が矛盾なく、起伏にとんだ形で構成されていき、読み手を飽きさせません。「居候は野蛮な王様」が今ひとつだったので、こちらは満足の一冊となりました。

1

猛禽☓仔狼 どちらに軍配が?

良い買い物をしました。半額のキャンペーンだったのですが、「弁護士」に惹かれて。
この本を読む前に読んだのは弁護士事務所内の割に健全なオフィスラブでした。
今度の弁護士さんはヤクザに仕える「悪徳弁護士」桐嶋。

お相手は代議士の息子、一之瀬和威。この子いろんな目にあいます。気の毒に。
たまたま再会した幼馴染を助けようとして監禁凌辱。
それがトラウマとなり男性恐怖症に。
そしてなぜか悪徳弁護士のところでアルバイトをするようになり、いろんな事件に巻き込まれていきます。

でも、代議士の息子だからと言ってただのボンボンってわけではなく、反骨精神がありいろいろあってもひるまない強さがあり、狼の目をしていると。
それが攻が受に惹かれる理由でもあります。

対して悪徳弁護士の桐嶋は猛禽のような目つきと表現されています。
でも気持ちがけっこうダダ漏れで(読み手には)なんかかわいいです。
悪い感じなのは、冒頭の凌辱シーンだけであまりヤクザに仕えているからって悪徳って感じはしません。
実際、何が正義なのか?の問いと同じく何が悪徳なのか?です。

和威がレイプで始まった関係続きから桐嶋を好きになる過程はいくつも起こる事件に添って変わっていきますが、自然で納得できる流れでした。
桐嶋も入院するような目に合ったりするのですが、ここで和威が告白してハッピーエンドの定番か?と思いきや、もうひと波乱あったりします。
起こる事件は大学内での薬絡みだったりヤクザが絡んだり、和威の父親の選挙が絡んだりと盛りだくさん。飽きません。

最期は桐嶋がちょっとサプライズ的に「いい事」します。
それぞれの背景を考えると前途多難な気もしますが、末永く幸せになってほしい二人でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ