Green Mimosa

green mimosa

Green Mimosa
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
紅葉屋本舗<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
80ページ
版型
新書

あらすじ

商業作品『仁義なき嫁』の同人誌。
周平が若頭補佐をつとめる大滝組の納涼会。

表題作Green Mimosa

岩下周平,上部組織若頭補佐
新条佐和紀

評価・レビューする

レビュー投稿数1

余裕ある男前に鼻血…

『仁義なき嫁』の同人誌。2014年の夏コミ新刊です。
若頭補佐をつとめる周平と兄貴分の岡崎が、若い衆のために行っている大滝組の納涼会が舞台。
場所は伊豆の貸別荘で、BBQです。

周平が遅れる(またしても岡崎の策略で)こととなり、佐和紀は舎弟の三井、石垣を連れての参加。
こちらでも佐和紀モテまくってます、男たちに。
そして、貧乏根性(結婚するまでは貧乏組育ちだったのでね)も発揮しまくりです。
メロンに目の色を変える佐和紀…想像出来すぎて(涙
メロンを餌にする岡崎も、佐和紀のことを熟知してますね。
岡崎は今後どの路線で行くのやら。
まさか本当に佐和紀を狙っているんじゃないよね?とちょっと周平と岡崎の間が心配だったりいたします。
まあ、でも、佐和紀には周平なんですが!

登場の仕方もなにもかも、計算し尽くしてる感がたまりませんね。
もう、えげつなくてしつこくて、周平最高です。
行為はお口だけなんですが、それでも周平の色事師っぷりは充分堪能いただけます。
もちろん佐和紀の『恥ずかしいのに気持ち良いー』っていうジレンマも。
あー、こうやってラブラブ振りを読むと続き、また本編を読みたくなり麻薬のようです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ