I Don’t LOVE YOU

I Don’t LOVE YOU

I Don’t LOVE YOU
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
35
評価数
8件
平均
4.4 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
48ページ
版型
A5

あらすじ

商業誌「ワンダーリング」 番外編。
夏休み、藤堂の甥がシンガポールから遊びに来て…。

表題作I Don’t LOVE YOU

藤堂燿九郎(李九燿)
芦原雪

評価・レビューする

レビュー投稿数2

あまのじゃくの恋

見たまま分かるルーレットの表紙は、『ワンダーリング』番外編。

夏休み、甥・英海(インハイ・14歳)を2週間預けられる事になった藤堂。
中国で育ち、英語は苦手、勿論日本語は全く分からない英海のお相手を
雪に頼んだものの、そりゃあ、不安なことこの上もない。
お目付役に、というか
命の危険だけは回避すべく、ポーカー組も頼むのだが……


迎えに出たフェリー埠頭でいきなり強烈な洗礼を浴びせる雪。
お金持ちの甘やかされて傲慢なボンボンが、
年上の人への一夏の恋を経て大人へのステップを一つ上がる……
というのは典型的な話だが、その相手が雪っていうのがね!(笑)

ポーカー組の極めて真っ当で心温まるパパママぶりも微笑ましいが、
(今度はイチャイチャを覗かせてね♪)
なんと言っても、雪が実は藤堂にどれほど甘えているかが見えるのがいい。
英海を見送りながら、
これまた典型的な年上の人の別れのセリフを吐くのだが
(あの人よりいい男になったら相手にして上げるわよ、的なw)
比較対象の藤堂に一毫の不安も感じていない様が、
読者には分かって微笑ましいのだ。


続き一穂さんの同人誌の最近の装丁の凝り方は、
この値段で大丈夫?と心配になるようだが
この一冊もスタイリッシュなグレーの美しい表紙。
めくって目に飛び込む艶やかなRedと深いBlack。
本編が赤が効いた白のイメージだったのに対し、
こちらは赤が効いたモノトーン、2冊並べると、また素敵。


I Don’t LOVE YOUは、大文字のワードだけを読むんだね?
……とタイトルもにやりと洒落た、
素直じゃない小悪魔(と仲間達)の話でした。

4

永遠の反抗期?

シンガポールから藤堂の甥・英海(インハイ・14歳)が
遊びに来る。
多忙な藤堂に代わり、ポーカー組(一哉と逸)や雪が
相手をすることに…。


ポーカー組の、良きお父さん&お母さんぶりに和む♪
そして子ども相手でも雪は容赦なくドS。
大人げないとも言えるけど
幼い頃から大人の世界で生きてきた雪には
年齢を理由に子どもの無知や無礼を許してやる道理は
ないのでしょうきっと。

わがまま坊っちゃん風の英海。
登場して早々、雪にやり込められすっかり怯えてしまい
ちょっと可哀想。
その後も、頑張って話しかけるも冷たくあしらわれ
かなり可哀想。
でも、そんな仕打ちをうけても
雪に惚れてしまうあたりさすが藤堂の血縁ですw

雪の甘言に乗って、将来、藤堂を超えるお金持ちになるか?
もしかして、シンガポールで引きこもり気味な英海を
更正させるための雪なりの作戦…なわけないか。

藤堂、一哉、逸の、英海への接し方の違いも興味深い。
優しいけど、叱るところは叱る大人たちに
囲まれ、少しずつ変わっていく英海が微笑ましいです。


18禁的なシーンは2続き回。

藤堂は、相変わらず雪にベタぼれで
「子の親より、君の男でいたい」
とかサラリと言えるところがいいですね~
忙しい合間を縫って抱き合うシーン、
本編より雪が藤堂に甘えているように思えましたv


そんな素敵な番外編だったのですが
何より気に入ったのはタイトルと装丁ーーー!
店頭で見つけたときは、黒と赤の配色の美しさと
文字のインパクトにしばし見入ってしまいました。

(表紙をめくると、赤一色のページが目に飛び込んできて
この赤の美しさにも吃驚!!!)

赤いハートマークをヒラヒラさせながら「嫌い♥」って
小悪魔だなーーーー。
あとがきで一穂さんが、雪ちゃんの「嫌い」は
ダ○ョウ倶楽部の「押すなよ!」的な…と書かれていましたが
個人的には、第一次反抗期(イヤイヤ期?)の子どもみたいな
無邪気さを感じます。
何にせよ藤堂は特別な存在なんだろうなぁ…
考えれば考えるほど雪ちゃんが可愛く思えてきましたw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?