アラウンド

around

アラウンド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
88
評価数
26件
平均
3.6 / 5
神率
23.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784863494602

あらすじ

めぐる季節の中で、めぐり合う奇跡ーー。

金髪美形の生徒会長が好きな人は…?
うぶな番長が付き合うようになった恋人の意外な一面は…?
野球部のエースたちを惑わせる恋の迷路と、
図書室の謎多き二人の生徒たち。
さまざまな個性のキャラクターが
学校を舞台に「恋」を謳(うた)う、ボーイズラブ群像劇。

収録作品
1話「会長と眉山くん」
2話「霜汰くんとカモ」
3話「新町准二と宍喰仁亮」
4話「アナくんとみよちゃんと将己さん」
5話「会長と眉山くん リターンズ」
6話「図書室の幽霊」
7話「彼と彼」
最終話「アラウンド」

表題作アラウンド

同時収録作品会長と眉山くん

同時収録作品霜太くんとカモ

同時収録作品新町准二と宍喰仁亮

同時収録作品アナくんとみよちゃんと将己さん

同時収録作品会長と眉山くんリターンズ

同時収録作品図書室の幽霊

同時収録作品彼と彼

その他の収録作品

  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:カバー絵別バージョン

評価・レビューする

レビュー投稿数4

あの頃僕等は莫迦だった

ふた昔前のドが付く様な耽美から
幾匙か何かを抜いたらこう言う空間が
出来あがるのかも知れない、と
読み終えて先ずは一息。
ボーイズラブと言うにはもう少し青臭く
埃っぽい味わいの様な気がします。
じゃあ昔のジュネかと言われると…
ジュネの中でも実験作に近い部類の括りに
入ってしまうのかも知れませんね。

作品の内容は、そう言う価値判断もあるよね、
と言う生真面目さが張り巡らされているので
どうしても好みは分かれるでしょう。
そう言う本にカバー袖の一寸した遊び心…
相変わらず曲者な作者さんですね。

1

少しグリーンウッドみたいな空気を感じつつ

学園ものはやたらイケメンがわんさか出てくるアイドルっぽいものや、
そんなホモホモ学園ねぇよ!と突っ込みたくなる総ホモ学園とか、
あと生徒会ものとか色々ありますが、
私は学園と来たら「寮」ものか、
またはゆるい日常系だと読みたくなります。

生徒会とかホモホモとかこちらの作品も一通り学園BLにある設定が踏襲されていますが、
ゆるい日常系なところがグッドでした。

しかも思わぬところでファンタジーなお話が挟まれていて、惹きこまれました~。これはあれですよ。玄人好みな内容だと思われます。実に味わい深かったです。

■1話「会長と眉山くん」
まさに生徒会長が出てくるわけですが、
生徒会ってなんでそんなに漫画に取り上げられるんだろうっていつも不思議です。
実は学生時代、生徒会の一員だったこともあったけど、
何やってたんだかさっぱり覚えてないぐらい、
印象の薄い組織でした(爆死)
そんなわけで生徒会という設定自体に全く魅力を感じないんですが、
そんなことはさて置き。
こちらの生徒会長は本能のままに自分の好きな見た目の人たちを集めた「生徒会」を作っているというこ続きとにウケましたw
まさかの「黒髪メガネ」ばっかりの生徒会www
自分の職場が黒髪メガネしか居なかったら面白い光景やろな、
と想像してほのかに笑ってしまいました。

■3話「新町准二と宍喰仁亮」
ずっと日常系で行くんだと思っていたら、
ものごっついファンタジーでおぉっとなりました。
何の意味があるんだか分りませんがたぬきがたくさん出てくる!
真夏なのにいつの間にか雪が降っていたり、
いつの間にか神社にいたり?
???
あの神社はタヌキを祀っている神社なのかな?
摩訶不思議だけど恋愛の部分も進んでいる、
ちゃんとBLです。
何とも玄人さんが描いたな~と感じる作品でした。

その他にも不思議系のお話があり、
全体的には日常系なのに、非日常が織り交ぜてあって、
味わい深い作品でした。

1

それぞれ個性的

ある男子校を舞台にした連作。
それぞれの話に登場するキャラはちょっとづつつながっている。
こんなにたくさんの登場キャラが、それぞれみんな個性的なところがすごい。
ストーリーに絡むメインキャラ達がちゃんと各々キャラ立ちしているだけでも充分すごいのに、第一話の生徒会長のハーレムとかね、画力ありすぎでしょう。
高校生の男の子達が大勢出てきて、初めての恋にあたふたして、
あからさまなエロはないけど、恋する気持ちはたっぷり詰まっている。
飯尾先輩も、これならOKそうだよね。

2

雀影

セルフつっこみ
この大人数のキャラはみんな見分け付くのに、なんで二人きりしか登場しないあっちの本のキャラは見分けられないのかな、私。

巡る青春

同時に出た「因果の魚」とは真逆の、ほっこりほのぼの楽しくしてそしてちょっぴり切なさも伴ったザ・青春を過ごす少年達の学園生活模様。
エッチは勿論の事、キスもちょっとだけ。
恋愛はあるのだけれど、それに限らず色々な形がそこには存在して、まさに青春期

表題は「アラウンド」ではあるけれど、その中の各話は
生徒会長と彼に見染められた眉山くんを軸にして、彼等の友達、そして友達ではないけれど同じ学園の生徒、過去の生徒、が、それぞれに登場人物・主人公となりオムニバスな様を呈した一冊となっており、
まさに題名のアラウンドの如く、最終話アラウンドにて上手くまとめられています。

何だろうな~全体を通してキーパーソンは会長のような気がします。
地味で冴えない黒髪眼鏡が好き。
ただその趣味にドンピシャだった為に眉山に声をかけ、執拗に生徒会に勧誘するのでおチャラケな人なのかと思えば、彼の真面目で真摯な姿勢を知り、自分も逃げないで向き合おうと決意する眉山くん。
しかし・・・
オチのある愉快な出会い編から始まります。
結局のところ、眉山くんは生徒会に入ったみたいなんですが~

恋人な続きのに、相手の為に嫌われちゃいけないからと我慢をする不良の霜汰と
お付き合いが初めてでどうしたらいいかわらかなくて背伸びしてしていたカモ

同じ日に同じ時間に生まれた家が隣どうしの野球部の二人の、夏の不思議が見せた二人の思い

アナは演劇部唯一の男子なのに、宝塚好きのラブシーンは同性に限る派の大道具の先輩が王子役、アナがお姫様役で”美女と野獣”をやる事になった事から先輩が好きになったかも?
と思うと同時に、アナの同級生の女装願望の思いも絡まる話が、

図書室に幽霊が出るかも?という投書を確認するためそこで見つけた写真の昔の生徒の2ショット写真。
この二人の秘めた関係と思い。

それぞれの話には、どれも自分の思いをに伝える事が隠されているような。
とてもポジティブでいて、なかなかできないそれの姿が色々な登場人物によってそれぞれのパターンで描かれている気がするのです。

どのキャラクターも味があって、きっとそれぞれに抜き出せば1冊物語ができるんじゃないでしょうか?
萌えというよりも、そのキャラクター達のそれぞれの姿が突飛ではなくて、すぐ、ほんの側に落ちていそうに感じられる親近感とポジティブさが、読んだあとを気持ちよくさせてくれる。
あ、カプリングはないけれど個人的にとても気になったキャラが
霜汰と友達の不良・滅茶寒がりの之也と、心配なのが女装願望の三好くんですw

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ