言って、イって~官能作家育成中~

itte itte kanousakka seisakuchu

言って、イって~官能作家育成中~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
39
評価数
12件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
シリーズ
フルール文庫ブルーライン(小説・メディアファクトリー)
発売日
価格
¥670(税抜)  ¥724(税込)
ISBN
9784040671161

あらすじ

官能小説編集者の中溝は、ひょんなことから担当することになった若手文芸作家・楠木恭司に頭を抱えている。スランプで崖っぷちに立たされているにもかかわらず、あんまりにもウブでピュア、色恋からはほど遠い――そんな恭司に“ソソる”官能小説を書かせるため、中溝が取った方法とは!?

表題作言って、イって~官能作家育成中~

中溝兵衛,官能小説編集者,27歳
楠木恭司,若手文芸作家,21歳

その他の収録作品

  • 言って、イって
  • イくなら一緒にどこまでも
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

軽めだけど面白かった

あんまり重くないだろうなと気軽に手に取りました。
確かに軽くて読みやすいですが、コミカルな描写がきちんと面白くてなかなかよかったです。

DTなのに官能小説家。ストーリー作りのために編集(攻め)が実践しちゃう、という設定。Hに慣れててオラオラ攻めのはずなのに、恥ずかしいヘタレな脳内が読者にもろバレ、っていうのがおかしい。

もう、お幸せに、という感じ。

0

タイトルがヤバイけれど中身は微笑ましいSとM。

浅見さんのご本はさらさらーと読める物が多いですが、こちらweb連載であったため区切りも良く、物足りなさを感じるほど読みやすかったです(苦笑
視点は攻めの三人称。
攻め視点が大丈夫な方で、あまりギッシリとした重い小説が好きでない方にはぴったりかもしれません。

**********************
攻めの中溝は、官能小説編集部の編集者。
ノンケで自信家でS気質な27歳。
恭司の元担当編集者(女性)ともう一歩進展したいがために、恭司を引き受けた腹黒でもあります。

受けは新人賞作家の恭司、21歳。
大学との兼業作家で文芸系期待の新人と言われていましたが、スランプのため今回中溝のところで官能小説に挑戦することに。
**********************

とにかく自分の経験不足(D貞)でまったく官能小説にならない恭司は、中溝に実地練習して貰うことになったのですが、そこまでの展開は短編だったせいもありはやいです。
とにかく書くことに対しては研究熱心なため中溝との行為に夢中になるものの、終わればパソコンへ直行!
その余韻皆無な行動のせいか、視点が中溝と続きいうこともあり、イマイチ恭司の心情が伝わりずらいのですよね。
中溝自身もノンケなので、恭司を可愛いとか行為最中の表情にそそられたりとかしながらも、それは気の迷いだと思い込もうとしていますし。
まあソープで出来なかった辺りからは、もう恭司は中溝にそういう意味での好意を持っていたのでしょうが。
いまいち自分の気持ちが(相手のもでしょうが)掴めない中溝には、独占欲が出だしたらもう落ちてるのよ(笑)と言ってあげたい。

男性向け官能小説というものが中心となっているため、その手の話がけっこう会話で出てきます。
男女の物が苦手な方はご注意ください。
わたしはまったく気にならないですが、こういう生々しいのは嫌な方もいらっしゃると思いますので。
プレイなんかもちょっとそっち方面に近いです。
まあ、尿○攻めは男性ならではでしょうが。
書き下ろしのSSは、その尿○攻めも含めかなりSMプレイ風味です。と言っても恭司はドM気質なので痛いではなく、気持ち良いんだもん♡的な感じです。

最後になりましたが、フルールさんの装丁の仕方大好きです。
SHYノベルズさんもそうなのですが、表紙と裏表紙が一枚の絵で繋がっているんですよね。
それが毎回楽しみです。

3

DT、化ける。

 作家と編集者のカプって、一種の職場恋愛なのでしょうが、わりと両者の力関係に差のあるものが多いような気がします。知識や経験に勝る方がどうしても主導権を握って、相手を教え導く、ちょっと師弟モノに近いような。

 先日電子書籍で読んだ市ヶ谷茅さんの「けむにまかれて」は、若手編集者が、かねてより憧れていた海千山千の大作家さんに翻弄されまくるお話で、それはそれで大層面白かったのですが、本作のカプはその逆で、うぶうぶな作家さんが鬼編集者にビシバシしごかれるお話です。あくまで入口の部分では、ですが。

 作家さんは21歳、現役大学生の楠木恭司。1年半前、文芸系の新人賞を取って華々しくデビューしたものの後が続かず、いまや干される寸前の崖っぷち。作家生命を懸けて官能小説に挑戦中なんだけど、肝心のエロ描写があまりにお粗末。担当編集の中溝兵衛(27歳)は容赦なく切って捨ててます。「主人公の親のことなんかどうでもいいんだよ。今後、親が出てきて3Pするわけじゃねえだろ」「チンコのたとえが龍笛って、細いイメージしかないわ。くびれがあるだけリコーダーの方がまだまし」(このいいぐさ、相当痛快です)

 続きさらに濡れ場の抽挿音でもなんともトンチキな擬態語しか浮かべられない恭司。そもそもDTで、AVも見たことのない恥ずかしがり屋さんに、想像力だけでどうにかしろと言うのも土台無理がある。「お願いです、教えてください」と涙目ですがりつかれ、ゲイではないがSの自覚はしっかりある中溝は、編集者としての使命感、というより自分の中の嗜虐スイッチをONにされちゃって、手取り足取りのイケナイ実地指導に乗り出すことになるのです。

 ところがいざ手を出してみるとこのDTくん、なんだか妙に色っぽくてカワイイ。指を挿れられ、ペニスを扱かれ、素股で射精にまで導かれて喘ぎまくるさまは、何度でも見たいし、もっともっとヤラシイことがしたくなる危うさすらはらむ。なのに事後は、「これで書ける!」とばかりに嬉々として、中溝ほっぽり出してフルチンでパソコンに向かおうとしたりして。その落差というか、いっそアッパレな作家魂というべきか。この時点で中溝は、すでに彼の中に渦巻く得体の知れぬ熱とパワーの虜となっていたのかもしれません。

 もともと中溝はノーマルなので、あて馬として登場するのは美人で仕事のできる同僚の女性編集者だし、「体験ツアー」というふれこみで恭司を吉原のソープへ連れて行ったりと、BL的には地雷に近い展開もあります。でも、ふたりそれぞれ別々の個室で敵娼と向き合ってても、頭の中は相手がいま何してるかでいっぱいで、その上「やっぱり中溝さんじゃなきゃだめ」とかって抱きつかれたら、そりゃもういくらノンケでもほだされますわな。

 「資料」のひとつであるローターを挿れたまま、自力で取り出せなくなった恭司が中溝にSOSを出して、思いっきり痴態に煽られる中溝。この期に及んでようやく自分の恭司に対する感情が担当編集としての使命感をとっくに超えちゃってたことを自覚します。そして正式に初本番になだれこむわけですが、Sの役割も、敏腕編集者の貌もどこへやら、ただもう初めてちゃんと抱く相手へのいとおしさに目が眩んだごくフツーの男になり下がってて、非常に好感が持てました。

 中溝がヘタレるのに反比例して、恭司のほうは化けます。もともとMの素質があったようで、中溝との相性はぴったり。貪欲にいろんなプレイに挑戦し、さまざまな知識も技巧も取り入れて、作家としても恋人としてもその成長ぶりはとどまるところを知りません。買い込んだ「SMエキスパートセット」を全部お試しし終わるまで、中溝はどうやってでもSであり続けねばなりません。そう、Sは「サーバント(しもべ)」のSだから。
 
 
 

2

ドッキリ部屋の主である最強な受け

新刊チェックの時に初めて知りました。
知った時には既にフルール文庫のWEBサイトでの
無料公開が終了してしまっていたため、お試し読みをして、
他にも公表されている粗筋を読み、
色恋に無縁な受けをあの手この手で育成していくという内容に、
何だか妙に興味をそそられて、
今回は特典ペーパーが付くということで、
いつもの お店で予約をして購入しました。

作品は、
『言って、イって』
『言って、イって ~官能作家育成中~』
『イくなら一緒にどこまでも』
の、三部構成になっています。

物語の冒頭での、初心すぎる恭司くんの官能表現が、
物語の冒頭から、迷言(名言)がたくさん出てきて、
とても面白かったです。
官能を逆に最大限の萎えを引き出す表現を編み出す恭司くんは、
ある意味、才能だと思いました。
また、王道や一般的な官能表現を考えるよりも、
使えない官能表現を思いつくほうが難しいと思いますが、
その難しさに加えて面白さを引き出して書いた先生に感服しました。

物語の始まりから終わりまで、中溝さんと恭司くんの遣り取りが
とにかく とても面白くて堪続きりませんでした。
どの場面も面白いですが、特に最も面白かったのが、
物語の後半で、恭司くんが中溝さんに助けを求めて電話をして、
中溝さんが慌てて駆けつける場面です。
あとがきで今野先生が1コマ漫画で その様子が描かれていますが、
中溝さんが恭司くんの部屋の扉を開けるたび、どんな光景に遭遇するのか、
まるでビックリ箱やビックリハウスのようだと思いました。
恭司くんの飽くなき探求心で、これからも そのようなことが
毎回 起こるのだと想像すると、いつまでも楽しく二人の関係が
続くのだろうなと思い、また、そうあってほしいと願いました。

ドッキリ部屋の主である、受けの恭司くんの
強い探究心ゆえの行動が面白いです。
様々な迷言と共に、その強い探究心と、
斜め上を行く意表をついた行動がとても面白く、
そんな恭司くんは最強な受けだなと思いました。
今回は中溝さん視点で物語が展開していったため、
大学生でもある恭司くんが学業と小説と
中溝さんとの関係をどう両立していくのか、など、
恭司くん視点でのお話を読んでみたいと思いました。

攻めの中溝さんが、あれよあれよという間に
恭司くんのペースに巻き込まれていったり、
いつも斜め前、斜め上の言動や行動を取る恭司くんに
振り回されるのがとても面白かったです。
ノンケだった中溝さんが、恭司くんへ気持ちが移り変わっていくのを
戸惑ったりする様子など、心理描写がとても良かったです。

今回の評価は、迷うことなく「萌×2」評価です。
物語の内容や展開、人物設定など、
そして何より最強な受けの恭司くんの全てに、とても萌えました。
とても軽快で読みやすく、
とにかく、とても面白くて楽しく読みました。

3

ヘタレS×肉食系Mの化学反応が楽しい

官能小説の編集・中澤(攻め・27歳)は
スランプの文芸作家・恭司(受け・21歳)の担当に。
童貞で、濡れ場の描写がド下手くそな恭司に
中澤はなりゆきで実践を手伝うことになり…。


最初のエロシーンのきっかけは
「エロい擬音が浮かばない」というもので
中澤に後ろを弄られながら
閃いた恭司は
「ぐりゅぐりゅ」「しゅ、しゅっしゅっ」
など口に出しながら果てる…相当シュールですw

その後も、恭司に頼まれるまま
バイブやフェラの実践に付き合わされるうち
恭司にハマり、ヘタレ化していく中澤が面白い。

いつもは大人しい恭司ですが
作家としての探求心は人一倍強く、
いきなり中澤に襲いかかったり
フェラして飲んだら用済みとばかりに
中澤を追い出したり
かなりマイペースで振り幅の激しい性格ですw

両想いになった二人の初セックスシーンがまた可笑しい。
抱き合っただけでイキそうになる受けに
「こんの早漏野郎!」
なんてツッコミを入れる攻めは
初めて見ましたw
ドライでイったあと、この経験も執筆に活かせると
喜ぶ恭司のブレなさも素敵。


続き
その後の恋人編【イくなら一緒にどこまでも】は
恭司が資料として購入したアダルトグッズを
二人で使ってみる話。
道具に不慣れな中澤が、探り探りSを演じますw

怪我をさせないよう細心の注意を払って
乳首をクリップで挟み、尿道にUプラグを付け…。
言葉責めのセリフを必死で考え
心のなかで『…決まった』とご満悦。
どうみてもただのヘタレですww

S=サーバントのSと言いますが
本書はまさにそれでした。
恭司がMでマニアックプレイに積極的なため
頑張って期待に応えようと奉仕する
中澤の必死さが際立ちます。

SMプレイは
M(受け)視点の話が多いので
S側の苦労を描いた本書は新鮮で面白かったです。


ただ、お互いを好きになるきっかけが「身体」で
互いの内面に惹かれるような描写がないため
やや即物的な印象も。
特に中澤は、美人で性格もいい女性同僚を振ってまで
恭司を選ぶには説得力が足りない気がしました。

それ以外はテンポもキャラクターも良く
なかなか楽しい作品でした♪

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ