ロンドンより愛をこめて

london yori ai wo komete

ロンドンより愛をこめて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434006838

あらすじ

本当は昆虫学者になりたいのに、父親の跡を継ぐためにロンドン行きの船に乗せられてしまった梅宮啓。船上では女の子と間違えられるし、ロンドンに着いたら今度は、盗賊ブラック・ウルフに誘拐されちゃうし……!! 目が覚めたら、そこはブラック・ウルフの隠れ家で。啓はさらりと訊かれる──『誘拐と監禁、どっちがいい?』…って、どっちもやだよ! でもこのまま殺されちゃうのはもっとやだっっ!! どうしよう!? 浪漫ちっくな、甘い甘~い盗賊ラブロマンスをご賞味ください。

表題作ロンドンより愛をこめて

盗賊・ブラックウルフ
旅行客の梅宮啓(18)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

森本さん作品の王道パターン

旅行客・啓×盗賊・ブラックウルフ
鬼畜っぽいエロに見えつつも、基本的に痛い事は一切しないので甘いです。
安心して、カップルのいちゃエロが楽しめます。
一応、昭和初期が舞台らしいのですが、あまりそういうことは感じられませんでした。
攻めの優しさにただ甘えているだけに見えて、啓の良さがただカワイイだけとしか思えず、はまりきれませんでした。
顔だけじゃなく、性格にやはり魅力を求めたいですね。

森本さんの作品は、ラブラブ度が深まって恋人になってから、最後に攻めと少し別れたり離れるというのがあって、その時に受けが嫌われたのかと誤解したり、勝手に切なくなる展開が多いような気がします。
常に読むに足りるだけの目新しさを求めてしまうので、またこの展開かと思えてしまって残念です。

その王道パターンだからこそ安心という方には、お勧めです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ