K先生の不埒な純愛(通常版)

ksensei no furachi na junai

K先生の不埒な純愛(通常版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神40
  • 萌×217
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
281
評価数
63件
平均
4.5 / 5
神率
63.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289161

あらすじ

「俺はお前しか欲しくねえんだよ」

野獣のような人気官能小説家・鍛治に
押し切られるように お付き合いをスタートさせたマジメ編集者・小早川。

順調な滑り出し…と思いきや有名作家は常に注目の的で!?
野獣系作家に愛された真面目編集者の受難

★「犬恋」「猫恋」スペシャルショート
★「山田くんと田中課長」出張編
★描き下ろしつき

表題作K先生の不埒な純愛(通常版)

小説家 鍛冶隆生先生(K先生)
真面目編集者 小早川翠(K編集者)

同時収録作品恋心は猫をも殺す(猫CP)

勝頼

同時収録作品山田くんと田中課長

山田くん
田中課長

評価・レビューする

レビュー投稿数12

駆け落ち?夜逃げ?抜け駆け?

本棚整理していたら、当本発掘。
いかん!数少ない無条件購入するコミックなのに、
レビューしてないじゃん!と今頃レビュー。

りつ先生の本の中で、K先生シリーズがいちばん好き。

1.寄ってくるもの拒まず式だったようなのに、一途なK先生。
  硬派に見えて格好いい!!!!!
  仕事できるとこありゃいい てなのも よし!
  たまーにちょっと テレっ てしてるところも可愛い~
  お側で仕えさせていただきたいー
2.サブキャラ 小木先生や編集長の 「抜け」加減がまた絶妙~
  煮詰まっちゃいかねないところで、ちゃんと抜いてくれて
  でもちゃんと話を進めていて、いいわーこの2人。
3.翠ちゃん。いっつも押されまくって じたじたしてるんだけど
  この巻では一転、先生を拉致る!ををを、やるじゃん、翠ちゃん~
  と一人で萌え上がってました(笑)
  でもあのシーン、確かになんて言えばいいんでしょうね?
  ?敵前逃亡 でもないし・・一時避難 という意味の言葉で
  なんかもちょっとぴったんこくるもの無かったでしたっけ・・・?
  私も編集者にはなれな続きいわ(笑)

と午後にふと思いついた! 雲隠れ? やっぱ違う?

ときゅんするわ、笑えるわ、大好きな3冊目でした。
これ、でも この後どうなるん??という気が少々。

2

先生あのね

特装版のあの赤い表紙がすごく良くて、書店で見かけたとき
何度も足を止めたんですよね((ノェ`*)っ))タシタシ
この表紙だけでオイシイと思ってしまうのは私だけじゃないはずっ

さて、今回はまぁひとつのターニングポイントと言えるのかなと。
なし崩し的に関係が始まり、そのままズルズルと関係がはっきりしない
まま時だけが過ぎているわけで
そのはっきりしない関係にやきもきしている受と
対照的に相変わらずな先生が面白かった。
言葉にしなくても伝わってるだろーなところは感じますが
やはり言葉は大事ですね。
言葉がほしいといえばそっこーな気はしていしまいますが。

今回は、それと合わせて受の実家へご招待もありでしたね。
実家というイベントもそうですし、いつもと違うところでーの
エロはちょっぴり燃えましたw受の反応が変わるのがいい。
先生の安心しきった子供みたいな寝顔がこれまた可愛くて。
次回はもう少しいい意味での進展を期待いたします。
当社比エロ少々少な目の感じでしたが、これはこれで。

巻末のスピンオフ。
このスピンオフ作品を読んでないのが後悔。
ただこ続きれはこれで可愛い一コマでした。

1

萌えれなかった…

美しい絵柄の夏水さん。評価も高く手に取ってみましたが…。う~ん、評価下げてごめんなさい。全然萌えれなかった…。

俺さまっていうのは別にいいんですよ。嫌いじゃないんですけど、なんていうか、K先生の俺さま具合が『いかにも』って感じてしまった。

キラキラのビジュアルで作家としての人気もあって。小早川くんに対してすごく不遜な態度を取りつつ、でもちょっとだけ見せるさみしさっていうかしょんぼりな雰囲気。「どうよ、萌えるでしょ!」っていう感じがひしひしと伝わってきて何とも萎えてしまった。いや、ホントごめんなさい。

対する小早川くんのぐるぐる加減もいい加減くどい。いや、ああいうのが可愛い、と思う方がたくさんいらっしゃるのは分かるのですが、個人的にはちょっとウザかった。

いや、ごめんなさい。ホントごめんなさい。でもなんていうか、きらっきらの攻めに地味目な受け。夏水さんお得意の設定だと思うのですが、代わり映えしないというか。

それと夏水さん、最近絵柄が変わりましたかね…?ちょっと前の絵柄の方が好きだったな、とか失礼な感想を持ちつつ。

人気のあるK先生なのにこんな評価でゴ続きメンナサイ。

ただ、「山田くんと田中課長」。
これ、大好きなんですよ。山田くんのあのマイペースぶりはいつも笑えるし、田中課長の可愛さにはいつもKOされてます。
出張に行くのに「新品のスリッパ」って…!しれっと言う山田くんには思わず爆笑してしまいました。でも課長には必需品だもんねえ。
この二人がどんなストーリーを繋いでいくのか、いつもすごく楽しみです。丸々一冊、この二人のコミックを出してほしいなといつも思っています。

4

いろんなK先生がみられるよ!

既刊2冊では萌えを感じつつも、なーんかスッキリ「萌えたーーーー!!!」といけず、どことなくモヤッた気分が残ってたのです・・・。
が!!!今作は今までのモヤを全て吹き飛ばしてくれましたよ☆
これで心の底から叫べます\(^o^)/
「萌・え・たーーーー!!!大満足!!!」

まずは小早川の進歩がいいですね。
既刊でずっとグダグダめんどくさーい感じだったのがイマイチだったのですが、今作で自分の気持ちに素直になるのがホント良かったです。
そして何と言っても先生が小早川に惚れるキッカケが知れて、のどにひっかかる小骨がとれたようなスッキリ感!これが知りたかったのよー!!
途中すれ違う部分もあったけど、1冊通して2人の心が通い合ってるのが紙面から伝わってきて・・・あったかい感じで感涙でした(/ω;)

あと私の萌えツボである攻めが凹む顔!まさかまさかあのK先生が弱ったところがみれるとはー!!!!小早川に髪ツンツンされてるしー!!!!

今回ガツガツしたK先生の野獣エロシーンは少なめだけど、トロンと甘いキスシーンだけでなんと9ページ。K先生はキスだけでもエロイです(//ω//)続き

もし「愛情」「恋愛」で読むのをやめた方がいたら是非「純愛」まで読むのをオススメしますッ☆

3

購入してから

この作品を手に入れてからずっと読んでます!それぐらい今回は素敵!
今回はエロよりも二人の関係が縮まる事が重要だと作品を読んでると感じました。
私のお気に入りのシーンは一話のいちゃいちゃちゅっちゅと三話の翠の告白シーンでした( ´艸`)その後のK先生が翠を呼ぶ顔が何ともたまらん!個人的に初めて読んだ時(三話目)に泣きました。K先生の立場になったらやっとって!
小冊子は翠のトロ顔にニヤニヤでした。満足な一冊です!

2

K先生の翠ちゃんに対する愛情垣間見


二人の内側をじっくりことこと煮込み始めよう、な三巻目。

特装版購入です。
これを拝む為に本屋さん四軒梯子しました…(笑)
小早川くん可愛すぎます…
一頁目で取り敢えず一度は本を閉じる勢い。
なのに今巻では駆け落ちすると引っ張り出す男らしさも見れて。雪国お似合い!そんな中で薄着の先生は心配だったけれど(あわよくば発熱待機)レアな行動も見れて感動。思っているより、きっとずっと先生は小早川くんのことを可愛い可愛いしているようですね〜。
しかも三巻目では鍛治先生に対する「可愛い」の見所も沢山あったように思えます。まとめて愛しい。
翠の呼び方も嬉しいけど、小早川って呼んでいてほしいような気も…ちょっと寂しい。
名前で呼ぶ、はやや定番ですもんね。

やまたな、小冊子も最っ高。
周囲の反応ではやまたな人気が高かったように思えます。
K先生、煮込み中だからかな…

2

これはこれは…(^^)

小早川~、鍛冶先生の髪をつんと引っ張ったり…なんだか可愛かったです。鍛冶先生にはもっともっと小早川に甘えて欲しいなと思いました!!今回は…小早川!!よくやった!!偉い!! 次回が楽しみになりました(本当に個人的感想でごめんなさい)

1

10年たっても安定の夏水作品

デビュー10周年おめでとうございます。
今回もたくさんの萌えをいただきました。
3冊目のK先生では、男前な小早川と、ちょっとかわいい鍛冶先生が見れて大満足!エロは少ないけど、それは小冊子で補充できましたので問題ナシ。

相変わらず鍛冶先生との関係がはっきりせずぐるぐると考える小早川。ちょっとずつ歩み寄ろうとしますが、そんな小早川の亀の歩みを通り越して鍛冶先生ちゅっちゅしたりエロエロしたりしてます^^
鍛冶先生の小説が映画化されることになり、その主演女優と鍛冶先生のスキャンダルが取り沙汰され、それは映画の話題作りだったのですが、記者が鍛冶先生の身辺を騒がせます。
鍛冶先生の仕事に悪影響がでると思った小早川は、二人で小早川の実家へ。その時の「駆け落ちしましょう」「俺が先生を守りますから」という小早川のセリフが超おっとこまえ!

そして実家でのふたりのラブが!
小早川の「好きです すごく 先生」の言葉、流れ的には本が好きという感じですが鍛冶先生に告白しちゃってますねコレ!
そして小早川の家族にペコリとお辞儀する鍛冶先生!あの天上天下唯我独尊の鍛冶先生がww
小早川の友達続きの昭ちゃんに妬いたり、騒動のためすれ違っていたことに「悪かった 翠」と謝る鍛冶先生もかわゆすぎました!
田舎に帰ってきたらもちろん実家エチはテッパンですね!短かったけど…。

大好きな『山田くんと田中課長』も50話超えてたんですね、歴史を感じます。ラブな展開になかなかならないこの二人ですが、ついに次号の花音で最終回を迎えると!!どういう終わり方するのか?田中課長が元のサイズになるのかな?ページも増量だし楽しみです!…エロは期待しませんが。

そして大大好きな黒棒さまも登場!大大大好きならくださんがまたいい味出してますね。えびみりんの遊郭奪還のネタがあるそうなので、楽しみに待ってます。たこせんにちなんで黒棒さまのライバル役はえびみりんの上客・たこやきの坊らしいwww

2

K先生~!!

これはエロスの緩急がいい。
激しいキスの合い間に一瞬見詰め合って、互いに瞳の奥に感情を探り、そしてまた…。

みたいなみたいなッ!!ねっ!!?
いいっすわ。本を読みつつジタバタを禁じ得ない
だからもうね『翠、考えるな。感じろ!!もう言ってまえ』な気持ちでいっぱいです

あと、わたしは『美しいtnk or ナッシング』派なので、エロ描写が攻めの視線とか受けの表情とかでエロエロしくなっているのがよかった
※↑いろんな作家さんの作品を読んで、何を書いてあるのか分からない局部のアップにぶち当たると『これは( ̄_ ̄)←目を細めれば見えるシステムなわけ?』とぼんやり思ってしまうのでww

2

鍛冶せんせ、素敵!

私の好きな攻めベスト3(シリーズ物)に入る鍛冶せんせ。
発売するのを今か今かと待っておりました。
私は特装版をもちろん購入しました。

相変わらず鍛冶せんせは野獣ですが今回は小早川くん(受け)も頑張ってました。
いつもながらにぐるぐるしてましたがここぞと言う時にはやってくれましたね!
鍛冶せんせがなんで小早川くんに惹かれたのかちょっと謎が解けました。

このシリーズまだまだ続いて欲しい。というか本誌ではまだまだ連載中ですね。楽しみ楽しみ!
犬・猫シリーズと田中課長のSSも掲載されてました。満足です!

1

K先生!表情が!

攻め様は物を言わせぬ感じの俺様的な感じがたまりませんが
今回ではそれがまた!いろんな表情がかいま見れて
美味しくて仕方ありませんでしたよ!
無表情というかツンツンした攻め様ですが、
悲しげな表情やちょっとした笑顔がたまりませんでした!

今回もちょっとしたすれ違いがあってお互い
気まづい感じになっていましたが
受け様が強引に逃避行を強行w
お互いの気持ちを言いあえた!?感じになって本当によかったです!

そしてそして、個人的には山田君・・・好きですw

1

最高!!

この2か月、この本の発売を毎日楽しみにしてきました!!
K先生本3冊目、もう最高の一言に尽きます。
小早川の気持ちがちゃんとK先生に向いてきていたり、
K先生の言葉は少ないけど小早川が大切なところが態度にあふれまくっているところだったり、本当によかったー。

前作と比べると行為シーンが少ない本編ですが、そこは特装版の小冊子でしっかり補ってくれております。個人的には第1話の長~いキスシーンがお気に入りです。

こんなに発売日が待ち遠しかった漫画はこれまでないので、もっとこのシリーズ読みたいんだけどな。。
花音さん、夏水先生、もっと出してくれないかしら。。切に続編希望!!!!!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ