嘘を見つけて

嘘を見つけて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
オヴィスノベルズ(小説・茜新社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784871824415

あらすじ

小沢は彼女でもない女にフラレている現場をよりによって会社の同僚・館山に目撃されてしまう。
館山は女癖、男癖が悪いと悪評の絶えない男だ。
性格も不躾で、案の定デスクが隣の小沢をからかってくる。
ある日、会社の飲み会のあと館山にムリやりHなことをされた小沢は、自分の中にひめられた館山に対する想いに気がつくのだが…。

表題作嘘を見つけて

女癖、男癖が悪いと悪評の会社の同僚・館山真人
保険の契約試算をする会社勤務・小沢和紀

評価・レビューする

レビュー投稿数2

嘘つきとケダモノ

「彼を思う場所はベッドでしかない」という帯に惹かれて購入しました。

1冊丸ごと表題作です。…とはいえ、表題は「嘘を見つけて」なのですが、目次の題名は「嘘をみつけて」でした。作者様のあとがきでは「見つけて」だったので、そちらが正しいのかな。

小沢の目線でストーリーは進んでいきます。

小沢(受け)は他人の女であろうが誘われたら手を出す館山(攻め)に反感を抱いていました。でもそれは、中学時代に好意を抱いている相手・清水に酷い仕打ちをされてから「男を好きになるのは悪いこと」と考えていた心理の裏返し。本当は館山が好き。だけど思いを気づかれたくない。だから嘘をつく。嘘ばかりの人生が辛いと感じても、これで良いと自分自身に嘘をつく。「嘘」であることが自分にとっては「真実」で…。

という内容です。
小沢は館山に好きだと気づかれたくないから、つい他の人と態度を違えてしまう。だけど、小沢が好きな館山は何故自分だけとイラついてしまい、強姦をしてしまう…という悪循環でしたが、清水との再会により、小沢は館山に嘘を突き通せず告白せざなくなり、誤解が解けて恋人同士になります。

小沢の臆続き病ぶりと、館山のケダモノのような強引さについていけるかが評価の分かれ目になりそうです。小沢のあそこをコピーするとか…館山ぁ!って思いましたが、私は楽しめました。

二人は仕事で組んでもいるので、ワーキングの話もありますが、職場エッチもあります。リーマンラブがお好きな方にお勧めです。

0

タイトルが秀逸。

 小沢は彼女でもない女にフラレている現場を会社の同僚・館山に見られてしまう。
 あまり言い評判を聞かない館山に見られ、案の定、それをネタに小沢をからかってくる。
 小沢はなるべく平常心でそれをやり過ごそうとするが、なかなかうまくいかない。
 そんなある日、会社の飲み会の後に小沢は館山に無理やりエッチなことをされてしまう。

 そしてそれがきっかけで、自分の中に秘められた館山への想いに気が付いてしまうが、過去のトラウマから小沢はそれを素直に館山に告げることが出来ない。

 という話。

 館山の前では平常心を保てない小沢は何のことはない、実は館山のことが好きだった、という話。
 そしてやけにつっかかっていく館山も……と。

 何とも言い難いですよね。
 恋愛関係のトラウマは、多分、ものすごく後を引くんだよね。
 モテてモテてモテまくってるひとならすぐにそのトラウマも塗り替えれるのかもしれないけど、そうじゃなければ、それもなかなか難しいですよね。

 好きなのにそれを隠そうとして、失敗して失敗して失敗して……というのがちょっともどかしい。
 読者は客観的に続き見れてしまうから、そこで正直に言えば! と思うんですが、そういうのって言う本人が納得するか覚悟決めないと、相手からどんな反応が返ってきてもなかなか素直に受け止められないんですよね。
 まぁ、もうちょっと館山もひねくれた押し方をしないで、素直に押してあげればよかったのに……と、思ないこともないですが、それもすべて外野のいうことだからあんまり気にしなくてもいいです。

 大人になったらなかなか素直に恋愛感情をあらわせなくなるよね、と、しかも一般的には受け入れられない恋愛感情なら尚更。

 正直になれない気持ちを本当はわかってほしかったという意味で「嘘を見つけて」というタイトルがまた秀逸だなーと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ