G・DEFEND(44)

g defend

战栗情人不设防

G・DEFEND(44)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
ラキッシュ・コミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784864232678

あらすじ

国会警備隊隊長・石川とSP・岩瀬の近未来ラブ&アクション第44巻!!
うささんが恋人・真矢を喜ばせたい『ぐるぐるうさぎ』と、西脇が冤罪危機の『声なき声』を収録!
描下しはDrしか知らない謹慎中の西脇を描いた『空白の時』15P!!

表題作G・DEFEND(44)

真矢緋琉(整備班・副班長)
宇崎万尋(開発班・副班長)

同時収録作品The 73rd 声なき声

その他の収録作品

  • 空白の時

評価・レビューする

レビュー投稿数2

過酷でもそれが日常

ぐるぐるうさぎ…かわいいタイトルですね。
真矢と宇崎っていつの間にか付き合ってた…みたいな印象があるんですが、何だか初期の頃から出てるカップルの中で何気に単発話で扱われる回数が多いカップルな気がします。

真矢に告白してきた女性がいて、隊長ではないけど「もしかして自分は真矢に冷たいかも…」と宇崎がまたぐるぐるするお話です。

真矢って普段と宇崎の前では態度が違いすぎてイメージが未だに固定しないキャラです。冷たいのかと思いきや、他のカップルの手助けをしたりアドバイスしたりもしてくれるし…。
どこかの回に誕生日貯金のお話があって、自分のためにお金を使わない所、皆もらってるものがもらえなくてもいいか、って思える所はとても素敵なキャラだと思った覚えがあります。
宇崎がとても好きなキャラなので、最初は宇崎を幸せにして欲しいって思っていましたが、最近は宇崎に真矢を幸せにして欲しいと思うようになりました…。

後半の「声なき声」
西脇がいざこざに巻き込まれて謹慎になるお話。
普段そつのない西脇なので、陥れられるお話は珍しく、それで黙っているDGメンバーでないのもお約束なので楽し続きく読めました。
謹慎中で珍しく部屋でごろごろ…な西脇の姿が描かれています。
でももっと怠惰にすごしてもいいんじゃないかと思いました。普段過酷な日常なんだから…。作者さんも「もっとごろごろさせたかったけどならなかった」と書かれているように、きっと部屋でじっと…なんてのが不可能キャラなんでしょう。

久々に一冊通して面白いと思えた巻でした。

0

やっぱり西脇が現場にいないとね!!

表紙からして分るように、今回は西脇メインのお話。

ですが最初は真矢とうささんのカップリングから。
うささんグルグル悩むの巻?かな。
自分に自信のないうささんが
地味で存在感のない自分を何故好きになってくれたのか…
(はたから見れば、うささんがどれだけ癒しキャラなのか
自分では解らないよね)
そんな時に2人の女性が現れて訳のわからん文句
(学生時代、矢に相手にされなかったから)で
ちゃちゃ入れてくるのですが
真矢が2人に見せた超ラブラブな態度でスカッとした~っ!!
それにうささんの悩みも真矢の言葉で解決で一安心。


で、西脇のところですが
モテる男はつらいよね~の巻みたいな。
今回は西脇が1か月の謹慎処分。
理由は議員秘書が西脇に突き倒されて自宅療養中という。
勿論みんなそんなことは信じてませんが
監視カメラの映像でははっきりと西脇の無実が証明できない…

西脇のいない間、元外警班長が臨時でくることに!
(またこの男が、仕事はしないし自分勝手だわな嫌なやつでして…)
そんな時にかぎって事件が。
だけどみんな西脇のいない中、頑張ってます続き!!
最終的には班長命令で西脇も参戦。
やっぱりそこにいるだけで存在感のある人ですよね。
そして西脇の無実も証明されめでたしです。
何でも秘書議員は西脇に告白したけどフラれた腹いせに嘘を付いたと
結局辞職してました。
どうせ臨時で元班長よこすなら岸谷の外警がまた見たかったです!!


そして後半は謹慎中の西脇のお話をドクター目線で。
寒いのが大嫌いな西脇が部屋の窓を開け外を眺めてる。
その背中が凄く寂しかったです。
やっぱり西脇は動いてなくっちゃね!!

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ