ヒメ・セメ

hime seme

ヒメ・セメ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×27
  • 萌14
  • 中立8
  • しゅみじゃない15

--

レビュー数
9
得点
123
評価数
53件
平均
2.8 / 5
神率
17%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784801950351

あらすじ

葉山アキラ、17歳。普通にかわいい女の子が好きなのに、 男子校でガチなヤツらに尻を狙われすぎて傷心の毎日。 そんなアキラの前に美少女(?)まおが現れた! ! 見た目も中身もカワイイゆるふわ系だし、こいつにならDT捧げられ…そう? ア、アレ?もしかして俺が百戦錬磨のかわいこちゃんに可愛がられちゃう??? 収録作品:「ヒメ・セメ」「断然万年発情期! ! 」

表題作ヒメ・セメ

姫宮真央,男子校1年生,校内の姫系アイドル
葉山アキラ,同男子校2年生,校内で男にモテモテ

同時収録作品断然万年発情期‼

橘誠一郎,リーマン,高校の同級生で受と同居中
五ツ木翔太,大学4年生(ダブリ),ゲイでビッチ

その他の収録作品

  • オト・メン(描き下ろし)
  • 断然永久発情期‼(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト・4コマ漫画
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

コメディ…。

表紙の絵が上手いな可愛いなと思ったので。

設定は嫌いじゃないです。
こんな可愛い子が攻めでも、男の子なんだしアリかなと思う。

表紙の絵が綺麗な分、中で顔が崩れてたり細かい部分とか雑さが目立ちますね…。

コメディとは思っていたけど、コメディ感が強くて読むのに疲れました。

もう1作品入ってるんだけど…。
どっちの話も内容も薄いし特にオチもないし話が長かった。

エロメインでもそんなにエロく感じないです。
効果音みたいの多すぎなんですよね。
あと、ヒメセメの方は攻めの子がセックス中に言葉責めなんだろうけど喋りすぎで萎えました。

2

マニアック作品、初挑戦でも楽しく読めます!

「ヒメセメ」作品名の通り、王道正反対の作品でした!
最初は内容に少し抵抗があったのですが表紙イラストに惹かれてしまい買ってしまいました><(可愛くて綺麗だったので。)
読んでみると「ヒメ(バリタチ)×イケメン」でも面白いと思えました!
男子高校の姫様ポジション ⇒攻め
普通に可愛い女の子好きイケメン ⇒受け
なかなかにマニアックな作品ですが・・・(笑)苦手、と思ってる方も読んでみる価値はあるのではないかと思います!
だんだん真央(攻め)に惹かれていくアキラ(受け)。・・・可愛すぎます!

同時収録されている「断然万年発情期!!」は受けがめちゃくちゃビッチなんですがその要求を困りながらも受け入れている攻めの優しさがやばいです!

普段は王道なイケメン×ショタしか読まないんですが、新しい世界開けた気がします(笑)
絵も綺麗ですし、オススメです!輪子湖わこ(わここわこ)さんは初めての作品となりますが、構成もしっかりしていますし、楽しく読めますよ!

1

コミカルな斜め上のエロエロを楽しみたい人にお勧めです。

真央(アキラに一目惚れならぬ一目勃ち)×アキラ(イケメン元ノーマル)

ゲイにモテるアキラ先輩と、アキラの体にに一目勃ちしたかわいいキャラの真央の話です。

割とエロメインな話は私の好みではないのですが、このお話はコミカルな中にも、表にはあまり出さないけど登場人物にすごく芯のあるところもあって、キャラクターに魅力を感じました。

キャラクターに魅力を感じたのは、真央は女の子に見えるくらいかわいいので、これまで危ない目に遭ったり嫌な事もあったそうなのですが、「せっかくもって生まれたものなので気にするのはやめたんです。」「今は本当に良かったと思ってるんです。こうして先輩と一緒に居られるし…」と、普段は能天気なキャラなのに強いんだな~と思いました。

また、アキラの友達の裕也もアキラの事が好きだった事が判明!
個人的には、ビジュアル的には裕也×アキラだとすごくツボだったかもしれません!でも、真央も健気(?)なので好きです。

また、女子と普通のデートがしたいというアキラのために、真央が女装してデートする話があるのですが、めちゃナチュラルでした。

同時収録は、片想い続きしてた友達と付き合うようになった話です。

両作品ともストーリーはそこそこ面白かったです。特にヒメ・セメの方は一巻完結のエロエロなマンガにありがちなスカスカのストーリーではなかったので良かった。また、キャラクターに魅力を感じれたところが良かったです。

2

新たな扉が……w

先日、呟きで見た某男性があまりにも可愛いくて
女装するとまんま女の子やんけ!なのに
付いてる…しっかりアレが付いてる……!と衝撃を受けましたw
私のBLツボは女の子みたいな受けは好みじゃなかったのですが
女の子みたいな攻めなら大丈夫じゃないか!?と読ませていただきましたw
しかも受けの先輩が攻め側だろう普通はっていう感じで尚更good!!!

何故か常々ケツを狙われてしまうアキラが、
まさか女の子のように可愛い後輩・真央に奪われるとは…。
初めてなのにしっかり気持ちよくなっちゃうわ
真央はアキラを守ると称して恋人ごっこを健気に続けて
結局粘り勝ちみたいな感じですが
体まで変えられて好き好き言われ続けたら
アキラも落ちるしかないなぁw
内面はしたたかな真央に落とされたというかww
アキラの友達の裕也が、当て馬っぽいシーンがありまして
美味しかったんですけどなんとなく描写が…すんません…。
あのシーンがシリアスになりきれていたら
しっかり萌えていた気がしてしまいました;;
でもアキラが自らほぐしているところはグッときました←

同時収録の『断然万年続き発情期‼』は
友人同士だった常識人な攻めとビッチ受けで楽しかったです!
実は高校時代から片想いしていた誠一郎を
ご飯と喘ぎ声で陥落させた翔太が
わりと好き放題なんだけど憎めなかったです☆
なんだかんだでリクエストに応えてあげる誠一郎に
愛を感じましたww
学生服着て駅のトイレでシた時、
後ろからの挿入で翔太の首をガプッと噛んだシーンが
すっごい気持ちよさそうだった!!
とろけきってんだもん、翔太…!!!

『ヒメセメ』に関してはちょっと「…」なところもありましたが
あれこれ読んでみるのもやっぱりいいな!と思いましたし
難しく考えずにエロを楽しむ時もアリだよねーでしたので
ちょっとおまけの萌評価で☆

3

人によって賛否分かれそうな作品

受けの外見が好みだったのと、イケメンが一見絶対受けと思われるような可愛い子に責められるという設定に惹かれて買いました。
読んだ感想としては、「受けにしか見えない可愛い子×イケメン」という設定とエロ重視がウリなのかなと。ストーリーは2の次という感じでしょうか。
ただこの攻め、見た目は女の子ばりに可愛いし、女装もするし、受けばりに喘ぐし(淫語も含む)、喘いでいるときの表情も受けと変わらない。
さらにバリタチとは書いているものの、攻めが望めば入れるのもOK(ただし、話のなかにそういうシーンはでてこない)ということで、なんだか他の「一見受けが一見攻めを責める」というBL作品とは違った空気を感じます。
何といえばいいのでしょう。BLとして読むより、男性向けとしても受け入れてもらえるような話として読んだ方が受け入れやすい、と言えばいいのかな。
個人的には、貧乳のふたなりの子に責められる不憫?なM男という設定で男性向けに出しても全然違和感はないと思います。(ふたなりが苦手な方で不快に思われた方はすみません)
こう言ってはなんですが、攻めは、男性器が付いていてそれを行為中に使用するという点続きしか男性らしさがないです。
逆に、こういうほぼ女の子に近い男の子が攻めをやるというのに萌える人のための本と言ってもいいでしょう。
実際にタイトルに入る「ヒメ」もそれを指しているのだろうし、裏のあらすじ部分にも「(攻めは)見た目も中身も可愛いゆるふわ系」と書いてあるので。
私は勘違いして、外見だけが受けっぽいと思い込み買ってしまったので少しがっかりしてしまったのでしょうが(^^;)見た目も中身も受けらしい攻めに萌える方にはおすすめです。
ただ、先の方でも仰られているように、表題作以外のもう1作は王道の「かっこいい攻めと可愛い受け(ただしビッチ)」の話しです。
本の表紙や煽りであれほど可愛い攻めとイケメン受けを売っておきながら、本の3分の1は王道受け攻めというのはちょっとないなと思います。
せめて裏のあらすじか帯で触れて欲しかったなと。
作品の内容はちらっと紹介してありますが、あれだけでは受け攻めはわかりません。
特にこの本の場合、可愛くて受けにしか見えない攻めが売り出されているので、当然同時収録もそういったものなのかと思ってしまいます。
そこだけが少し残念に感じるので、買う方は逆王道と王道が混在しているということを覚悟してからの購入をおすすめします。

5

ヒメなのに魔王級

本人全く無自覚なガタイのいいノンケ男子が、無自覚なまま男子高校に入っちゃったら、とっても危険なモテ期到来!
そんなある日、学園の姫的存在の女の子よりかわいい下級生に告白されて・・・

このヒメ君が魔王サイズのバリタチでっていうドタバタギャグ。
擬音たっぷりにそこら中で盛りまくるエロエロコメディなんだけど、ただのエロばっかりかと思いきや、以外とキュンなツボがあって、むしろエロさより、かわいい胸キュンコメディでした。

同録作品は、こじらせ系襲い受け。
こちらは見た目通りの受け攻めだけど、受けのこの方がバリバリビッチな襲い受けなので、体では受けていても、心は攻め攻め。
惚れられちゃった方が、色々開発されちゃうっていう基本路線は表題作と一緒かも。

3

なんだかなー

大まかに2話収録の作品でした。
イラストも丁寧で可愛く綺麗だったので満足です。

しかし、タイトル的に「可愛い子の方が攻め」と思っていたのですが…確かに一つ目のお話は可愛い子の方が攻めでした。
でも同時収録のお話ではどちらかというと可愛い子の方が受けで…。同時収録なので仕方ないかな、とは思いましたが…可愛い子受けが苦手な私にとってはちょっと辛かったです。
どちらも読める、という方にはおすすめします。

3

結構正統派

色物なのかなと思って軽い気持ちで読み始めたの
ですが、これが中々に正統派のラブコメと言う感じの
歯応え腹応えでした。
程好い感じで常識を揺さぶりつつしつこくない程度に
さっと手を引くんで小気味よく反転が味わえるのですね。
こう言う感じの拍子抜けは評者、大歓迎です。

併録作も良い具合のラブコメですね。
同じ版元さんの麗人セレクションである様な設定を
上手に反転させたと言う感じで。
良い具合に作家さんが放し飼いになった結果
生まれた話でしょうから美味しいのかなと。

3

お腹の中はブラック無糖のヒメ攻めちゃん

■【ヒメセメ】表題作
輪子湖わこさん、商業誌でも「可愛い子」が「攻め」は変わらないんですねw
表題作「ヒメセメ」はそんなわこさんの十八番萌えがつまったラブリーな攻め×男らしい受けでした。
内容はライト目、エロ多めでした。

普段は見た目が「女の子みたいに可愛い」という時点で攻めていようが受けていようがあんまり萌えないタチですが、
なぜか気分によっては「可愛い子が攻めている」ものが無性に読みたくなる時があります。

※TLの話をするので苦手な方は全力スルーでお願いします。
TLで女の子が攻めてる珍しい作品を読んだことがあります。
設定が面白いと思って読んだのですが、
やはりTLだと最後は女の子のほうが攻められる。

そこがすごくガッカリだった記憶があります。
男女ものだと女が攻めるっていうのは表現しにくいんだろうなと思いました。
SMの女王様みたいな特殊なのはのぞいての話ですが。

その点BLだと見た目がいくら女の子でも、
「男」には違いないから、最後まで攻めまくってくれるので楽しいw

こういう作品を読むと、
男女ものだと描けないものを、
続きLだと形にすることができることもあるんだなと思わされます。

肉食女子のかたは自分をヒメ攻めに投影するも良し。
男前を喘がせたい!という欲求を満たしてくれる作品です。

ちなみにヒメ攻めちゃんがブラック無糖の腹黒な所もあって、
見た目とのギャップがあるところも良かったです。

作者さんもおっしゃっているように、
こちらの表題作のカップリングはBLの王道とは違い、ニッチな萌えですが、
こういうニッチな萌えもどんどん商業で取り入れて欲しいなと思います。

そんなわけでQpaさんのラインナップは多彩な「萌え」のタイプを取り入れていていいなぁと思います。
全体的に「ライト目」「エロ多め」は基本のようですが、
「ニッチ」なものから「王道」まで、
「エッジの効いたもの」から「ホンワカしたもの」まで、
多種多様な個性が集まっています。

次はどんな作品を描く作家さんが登場するのだろう?と、
レーベル自体に期待をしたくなります。

しかし、私にはこの手の萌えは「気分的」な要因で読みたかったり読みたくなかったりするので、
同じパターンでずっとやられると個人的には飽きが来そうだなと思いました。
次回作はまた違った萌え、または同じタイプのカップリングなら更に「意外性」のある脇キャラの投入などをやって下さると嬉しいなぁ…と思いました。

ヒメセメは「男らしい見た目は攻め」×「可愛いらしい見た目は受け」!
という王道派のかたにはどハズレ作品になってしまうと思うので、
挑戦できそうな方にオススメします。



■【断然万年発情期!!】
こちらは表題作とは違い、
「男らしい見た目の攻め」×「ビッチ受け(若干可愛い見た目)」と、
王道カップリングです。安心して読めます(笑)

作者様曰く、まずは王道のカップリングを一回は描いておこうかな、とういうことで描いた作品のようです。
このビッチ受けちゃんは本当に超ビッチです;
しかし、攻めさんに出会った時「本当に人を好きになる」ということが分かったようでした。

積極的な受けさんって好きなんですよね。
ビッチ受けとヒメ攻めは「積極的」という点で通じるものを感じました。


表題作も同時収録作も、
カップリング萌えが重視されている作品だと思うので、
ストーリー重視のかたにはおすすめしません。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ