木嶋くんの恋愛試験

kijimakun no renaishiken

木嶋くんの恋愛試験
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
52
評価数
15件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289208

あらすじ

学校一邪悪顔で有名な木嶋くんの恋人は、
文武両道のイケメン・立花♥

その立花の成績がガタ落ちした!?
(ひょっとして俺と付き合ったせい!?)

そんな木嶋の健気な心配をよそに、
試験期間中、禁欲を強いられたヘンタイ立花は爆発寸前★
とんでもエロなおねだりをしてきたのだ!!!

木嶋くんの愛がためされちゃう☆
イケメン優等生×ぶさカワ問題児「木嶋くん」よみきりシリーズ第4弾!
ヘタレ生徒会長✕腹黒美少年のキュン恋も収録

表題作木嶋くんの恋愛試験

立花壮祐、イケメン優等生、高校2年生
木嶋昴、凶悪顔男子、高校1年生

同時収録作品鬼島くんのストロベリーラブ

その他の収録作品

  • 立花
  • 木嶋くんの夏休み
  • 先輩
  • 鈴木くんの日記

評価・レビューする

レビュー投稿数4

木嶋くん可愛い!

怒ってても赤面してても可愛い!

木嶋くんてなんでこんなに可愛いんだろう!

木嶋くんは好きだけど立花はあまり好きじゃないです。
よくある、イケメン優等生のキャラが好きじゃないです。
王道が好きじゃないんだろうな。

木嶋くんの可愛さが周りの人達に伝わらないがもったいない!
立花の周りで起こる悪いことは木嶋くんの呪いのせいにされてます。

とにかく立花がヘンタイってことがわかりました。
でもな、立花を見てると木嶋くんとエロいことしたいだけのようにも見えます。

1

別れの危機!?

『木嶋くんシリーズ』の4巻です。巻を重ねても面白さが失われないし、木嶋くんは可愛いしで、大好きなシリーズです。今回は、木嶋くんに関わると不幸になるという、昔の噂が再燃して2人に別れの危機が訪れるお話です。

と言っても、立花は、木嶋くんを手放す気なんか全くなかったけど。ほんと、立花の溺愛ぶりが、読んでいて気持ちイイです。特に、木嶋くんへの手作り「木嶋くんの顔弁」弁当に、深い愛情が感じられます。頭も良くてカッコ良くて料理も上手なんて、立花もスゴイ高校生です。

木嶋くんも本心では別れたくなんかないんだけど、自分のせいで立花を不幸にして嫌われたくないと臆病になっていたんです。そんなことを泣きながら告白されたら、キュンとなりますよね。ほんと、木嶋くんの可愛さは不滅です(笑)

そして、3巻に引き続き、オニ島のお話も収録されています。ジワジワと修哉が心を占領して、狼狽えてるオニ島が可愛いです。だけど、上手くいきそうだったのに残念というところで続くになっているので、続きが読みたくて悶えます。ほんと、早く続きが読みたいです~!

3

二人とも凄く一生懸命

本題に入る前に、木嶋君が目をつぶるたびに萌えすぎて爆発してしまう私です。なんであんなに可愛い生き物が爆誕しちゃったんでしょうか。
可愛いのはもちろんルックスだけではなく(つーか、相変わらずの世間からのデビル扱い!)
利用されてるだけ!と普通のカップルだとそこで平気で一破綻ありそうな事を言われても、役に立ってるなんて嬉しい!と号泣しちゃう位の謙虚過ぎるいじらしさが可愛いわけです。
ていうか、近くの人たちはみんな木嶋大好きだし。

1

こ…、ここまで、…だと? Σ(・ω・ノ)ノ!

↑タイトルは豪ちゃんに捧げますww
まるっと一冊、私立繚乱高校のきじま君たち周辺です。

邪悪顔でもキュートな木嶋君は今回もかわいい。
木嶋君が立花を思っての言った言葉は本意が伝わらずなぜか売り言葉に買い言葉的に転がって、『このまま一生昴に相手してもらえなかったら』から始まる立花の自嘲。切ねぇ~ッ!
と思ってたら、立花の言葉を受けての木嶋君ッッ!!!
鼻水とよだれたれちゃってますよね?って感じだけども可愛い。もう可愛い!!
…そしてもうね、結末は推して知るべしですよ。
もう、知ってた!ケンカじゃないって。犬も食わないやつだってww

もう一方の、『可愛い顔して腹黒!』という設定を忘れがちになってしまう、可愛い顔して可愛い豪ちゃん。かわいい。
今回の豪ちゃんはもうね、もうね!!もうねッッ!!!
ひ~~~~~!!(興奮)です。確実に可愛いしねる。
修哉のがんばりにけっこう期待してたのに『まだ』なのは、メインがソッコーだったからなのか…。

一読した時は『もうつきあっちゃえよ~♪うっふふ~』ってだけでふわふわ読んでましたが、じと~っと2回目読んだら、なんか『豪ち続きゃん(;_:)…』て気持ちになりました。
『好きな子には彼がいて、優しくしてくれる人は想い人がいる(想い人は豪ちゃんの思い込みだけども)』って考えたら、考えたらッッ!!

つづきを…、早くつづきをくだせぇ…、でないと干からびる…。

あと。小さなツボ。
人物紹介の『鬼島豪太郎→』の矢印の上の言葉。
そして、モブの鈴木が美人!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ