朝川くんとキスをするなら

asakawakun to koi wo surunara

与朝川君接吻的话

朝川くんとキスをするなら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
54
評価数
16件
平均
3.5 / 5
神率
6.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537132328

あらすじ

高校生の泉の気になるお相手は、隣のクラスの朝川伊吹くん。
しかし、朝川くんの双子の弟・颯生に気持ちがバレて、以来付きまとわれるように。
伊吹とは違い、チャラい印象の颯生が苦手な泉だが、次第に心を奪われ始め…。
正反対の双子の間で揺れる泉の恋の結末は…!?

表題作朝川くんとキスをするなら

朝川颯生/高校生
仲間泉/高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数5

引くくらい恋愛脳

思わず2回読んじゃうくらい面白かったです。
久々に村上さんワールド全開な可愛い世界に、頭の中の煩悩がリセットされる感じでした。

キス以上はなし、しかもキスもディープなキスでなくちゅ、ちゅ、という程度。
どっちが受け攻めかもわからないまま終わるのも村上さんらしいです。
苦しいキス(ディープキス)はまだ早い!ってキャラクターが言うのもすごく可愛かった。

主人公の泉は学校でもわりとオープンなゲイ。隣のクラスの朝川伊吹に恋をしていますが、何故かその双子の弟、朝川颯生にまとわりつかれます。
颯生もゲイで、男相手にふりまわされる恋愛体質。
颯生を守るために、伊吹はゲイを嫌っています。

伊吹の態度を見て、颯生がどれだけ危なっかしいか気づいた泉も、昔の男に振り回される颯生を何とか守ろうとするのですが…。
この颯生がチャラチャラしてるのに本当に天然で危なっかしい。

颯生にとってキスは「大事なもの」で「キスした相手」は絶対です。
自分が颯生の絶対の相手になって、彼を引きとめようと、泉は颯生にキスします。

この颯生にとってのキスの重さは本当に新鮮で、泉は颯生を見て続き、「自分は汚れてるな・・・」とまで思うのですが、まさしく読んでいるこちらもそんな気分になりました。
「キスして」「キスして」って言ってくる颯生と、「ずっとしてたい」というこの2人の「幸せ」がすごく雰囲気で伝わってきます。
なんだかキス、それもディープでない軽いキスだけの毎日でこんなに幸せになれるんだなぁと思いました。
すごくえろい本を読むよりもずっとにやにやしてしまいます、何故か。

この「キスをするなら」ってタイトルですが、キスしたら最後、颯生にとっての最後までしちゃった相手くらいの重い意味があり、そこまで覚悟しなければ、って意味かと思うとすごく可愛く面白い設定だと思いました。

まるまる1冊表題作かオリジナルだと神評価をつけたかもしれないですが、後半半分は同作者さんの別シリーズ「ルールそのいち」の同人誌の再録ということで、そちらのシリーズを知らない方、もしくは同人誌持ってるという方には楽しめないかもしれません。
逆に同人誌手に入らないけど読みたかった!って方にはいいかも。
私は「ルールそのいち」を読んだのがかな~り前なので、今読んでも萌が微妙でした^^;すみません。
けどリバが本当に自然ですね。
本当はリバ苦手なんですが、村上さんのリバは本当に自然に読めるしどっちも気持ち良さそうですごいと思う。

表題作もそうですが、受け攻めの組み合わせで選んでしまうのがBLとして一般的だと思うので、「どちらの役割も担わない」という2人でこれだけ萌えられるし面白いというのは本当にすごいと思います。

3

ピュアで可愛いのと、可愛くてエロっちいの

「ルールそのいち」の二人(エツ&理央)の話が入ってるってレビューを見て買いました。
同人誌は買わないので、こうやって読めるのありがたいです♪
絵柄が前より更に可愛くなってる~

前半100ページが表題作で、後半60ページが「ルールそのいち」でした。

表題作は思った以上にピュアで可愛かった!
隣のクラスの〔朝川くん〕に憧れる主人公の〔泉〕と、そこに割って入って何かと邪魔してくる朝川くんの双子の弟〔颯生〕の話。
BL的な三角関係モノでは決してないです。
もっともっと可愛いお話。
颯生がとにかくピュア!
キスしかしないから生ぬるいっちゃあ生ぬるいんだけど、私はこーゆーの結構好きだ(*´∀`*)
可愛くて萌えます。

一方「ルールそのいち」のお二人は、相変わらずエッチしてばっかりだった。
ネコ×ネコってなんかこう妙にエロいな~
男同士なんだけど女の子同士のエッチを覗き見してる気分。
自分がしてもらって気持ちイイことを相手にもしてあげる感じだからかな??
今回は、スーツ、ピンクローター、浴衣、フェラの4本立て。
可愛い顔してやってることは結構いつも変態な二続き人だけど、ローターの話の理央は特に変態(笑)
エツが自分に挿れられてる時の顔が好きだから、自分がエツに挿れられてる時にもその顔が見たいって理由でエツにローターINしてます。
ネコちゃん同士のリバカップルならではなプレイでした♪

3

たかがキスされどキス

伊吹に憧れ、颯生に懐かれる泉。
そんな双子の朝川くん。
あべこべな2人に翻弄される内に颯生の恋愛脳にうっかり捕まってしまう。

キスひとつに支配されてしまう颯生に、汚れた心が浄化されるような気分になりましたが、あまりの純情さにやっぱり物足りなくも感じました。
10代の瑞々しい恋愛に正視出来ない気恥ずかしさがあり、番外編でようやく男が見られてホッとします。
でも正直、もう少しどっちかにがっついて欲しかった。

他「ルールそのいち」同人誌収録作。
読みたかった2人のそれからがいっぱい。
ネコ同士だからこそ楽しめるエロくて倒錯的なプレイ。
お互いが欲情しちゃうし、したいと思うし、して欲しいと思う。
大人に成長した2人の穏やかに愛あふれる日々がやっぱり可愛くてエロい。
でも、ちょっぴり出てきた22時のルール組のも見たかったな。
そんな心残りのジレンマ。

2

ルールそのいち目当てですね!

朝川颯生×泉の高校生ものです。
いや~びっくりするくらいに、ぬるかったです。
何故ならキスでとまっていたから・・・。これって続きものですか?
濡れ場シーンも一切なく、本当にキスをするだけで終わった・・・。

最近の村上さんの作品は私には物足りなくて少し残念です。
泉は元々は伊吹が好きで颯生のことは好きではなかったのですが、なんじゃーかんじゃーとあって颯生といい雰囲気になって、キスはするって感じでした。

泉はキス以上のことをしてほしいと思っているけど・・・って感じでキス止まりでしたね。残念。

伊吹(颯生の双子の兄弟)のホモ嫌いは颯生のことを考えてのことなので
もしかしたらスピンオフであるかも?ということを期待したりしています。

【ルールそのいち】
理央×悦のリバカップルです!
正直な話、これ目当てで購入したと言っても過言ではないかもしれません。
同人誌を買わずに待っていた甲斐がありました。←同人誌を買うかどうかかなり悩んだw

このCPはもうかなり安定しているので、マジで安心して読めますね。
今回は初バイブでした!理央は使ってなかったので、是非続きとも次は理央に入れてほしいですね!

2

ピュアキッスにキュン

キスが紡ぐ可愛い恋物語です♪
泉は隣のクラスの朝川伊吹が好き。
気持ちを伊吹の双子の弟・颯生に知られてしまってそれから付き纏われてしまいます。
双子の兄・伊吹とは正反対のチャラそうな印象の颯生のことが苦手な泉。
そんな颯生に、伊吹に告白しないのか、と聞かれ思いを伝えることにした泉でしたが、なぜか颯生にとことん阻止されてしまいます。
颯生が以前付き合ていた相手のせいで、伊吹は弟の同性愛を容認できないでいるのです。
だからといって、決して同性愛者を蔑んでいるわけではないのです。
颯生は見た目は軽そうでもキスをしただけの相手を大事に思うところがあって…。
その颯生の純真がゆえに、別れてしまった相手に都合よく呼び出されては応じてしまう。
そんな颯生の意外な一面を見て、泉は次第に颯生のことが気になりだして、
颯生を引き止める為にとっさにキスをしてしまいます。
泉のキスによって、颯生の中でスイッチが入ったように何かが切り替わったのです。
キス一つで自身の世界が変わるピュアな甘酸っぱさ感じられる物語でした。
キスだけでそこまで相手の言い成りになれる颯生の気持ちはわかりかねる続きところもありますが、それだけ純真ってことなんでしょうね。
颯生にメールが届く度に、件の相手かと思い、引き止める為にさりげなくキスをするシーンにはキュンキュンします。
想いを伝え合ったばかりの颯生と泉ではありますが、これからも幾度となくキスを重ねて二人の絆は更に深まるんだと思います。

読むまでわからなかったのですが、「ルールそのいち」同人誌からの収録作品がありました。
リバカップルは自分にとって苦手属性の一つなのでサラッと読んで楽しませてもらいました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ