食べられちゃう系男子。

taberarechaukei danshi

可食用类男孩

食べられちゃう系男子。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
61
評価数
16件
平均
3.8 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784199606113

あらすじ

オフィスビルの一角にある屋台村『ランチ・ガーデン』で、カレー屋を出店している春斗。
ライバルは、スープカレー屋の八嶋だ。イケメンで腕も抜群、いつも女性客が列をなす
人気店──意識しては、顔を合わせるとケンカばかりの春斗。
ところが突然、主催側の都合で、退店することになってしまった!? 動揺する春斗だけれど、
意外にも一緒に抗議してくれたのは、ライバルのはずの八嶋その人で……!?

表題作食べられちゃう系男子。

八嶋光,移動販売車スープカレー屋店主,24歳
小金井春斗,移動販売車カレー屋店主,23歳

同時収録作品跪いて泣けばいい Act.1 / Act.2 / Act.3(描き下ろし)

吉岡巧史,男子校3年生,地味で無口なクラスメイト
水沢,男子校3年生,学園のアイドル

その他の収録作品

  • カバー下:あとがき漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数4

歳上なのに手がかかる

移動販売のカレー屋のライバル同士という一風変わった設定。
ものすごくカレーが食べたくなる…。

家庭的なカレーを売る春斗と、オシャレなスープカレーを売って女性受けもいいイケメンの八嶋。
最初はライバルとして争うものの、特に仲が悪いとか、そこまでケンカップルというわけではありません。
同じ店の系統でライバルという設定だけで結構楽しめます。
一度仲良くなるとあとはなし崩し。 

ライバルものだと思って読みはじめたら、途中から(最初から?)八嶋の方が春斗にかなりベタボレです。春斗が困ると助けてくれるし、頼らないとすねてきます。もう少しライバルぽいお話でもよかったかな!とも思うのですが。
積極的に攻めて来る八嶋にたじろぎながら、こちらも誠意で直球に応える春斗がかわいい。嫌な展開もないし、素直に萌えられました。

しっかりしてるようで独占欲が強くすぐすねる八嶋。「食べさせて」とか。「何で俺が一番じゃないんだ?」とかすぐ口にする八嶋を春斗が、子供だ!て思うのですが、確かに子供ぽい。
八嶋の方が歳上なのですが、この八嶋、よく歳下攻めでいそうなキャラだなぁ~と思いました。
続きごく個人的な意見ですが、歳下攻めカプなら更によかったのに~と思いました^^;

後半の「跪いて泣けばいい」は表大作と違って、少しドロドロのヤンデレ系。
私はこういう、酷いことばかりして好きと言ってくれない(受けには言わせようとする)かと思うと急に興味がなくなったようなふりをするとか、女性をわざと伴って見せるつけるという攻めキャラがどうも~苦手でして・・・。
鬼畜キャラは好きなんだけど。
苦手な分野のお話でした。これはもう読みたくないかな^^;
こちらを1話描き下ろして「食べられちゃう~」の描きおろしが描けなかったそうですが、どっちかというと表題作のほうが見たかったです。

「食べられちゃう~」は続きがあるみたいなので、そちらに期待します。
表題作がよかったという意味で星4で。

3

王道なのかな

楢崎さん、読んだことないんですわー。けっこうなキャリアがある方なのに。お借りしましたが、そうでもない限り読むことなかったかも。表題作の店舗ワゴンのお話は、仕事内容が興味深く面白かっただけに、もう少し展開してほしかった。半分で終わるなんて。なんでこのお話で一冊にしなかったのか。ってあとがきにその理由が書いてありました。作者さんは同時収録のほうがお気に入りってことなのかな。ヤンデレ系って、どうも苦手だなあと思い知りました。

0

どちらもラストがいい!

楢崎さんの本って、
絵もストーリーも特別好みとかグッとくるとかではないんだけど、
なんだか気になって手に取ってしまって、
読むと徐々にキャラに愛着がわいていっていいなぁ~癒される…
そんな風に思うことが多いです。
その中でもこの本、今まで読んだ楢崎さんの本の中で一番好き。

受けはノンケで、最初は攻めに恋愛的興味なんか全然ナシ、
でも攻めのグイグイに引き込まれていって…そんな共通点がある、
ほのぼのコミカルとちょいダークという、タイプの違う2つのお話が、
ちょうど半分ずつ入っています。
どちらもラストが好みで、読後感がすごくよかったです。

■表題作「食べられちゃう系男子。」3話、描き下ろし無し。
オフィス街の一角にある移動販売車が集まる場所で、
オシャレなスープカレー屋をやっている攻めと、
安くて美味しい家庭的カレーを出している受けとのラブコメ系のお話。
カレー屋が2つダブるのはマズイと主催者から言われ、
人気投票で負けた方が出店停止!という勝負を迫られた2人。
対抗心剥き出しの受けだったけど、
攻めの出すスープカレーの美味しさとそのイケメンぶ続きりに弱気に…
対する攻めは、もう既に受けに恋心ありで…

クール系のイケメン攻めが、
受けのために必死になったり、子供っぽいヤキモチ焼きだったり、
対する受けは、攻めの押せ押せに翻弄されつつ、意地をはりつつ、
表情をクルクルさせながら素直にほだされていって、どちらも可愛い~
周りからホモCPとしてイジられているのも、
初Hは半分だけ挿入~ってのも、とても微笑ましかったです♪

■「跪いて泣けばいい」3話、最後の1話は描き下ろし。
周りに合わせることで男子校の人気者となっている受けはある日、
地味で無口なクラスメイト(攻め)から、
「水沢の生き方って疲れそうだね」と核心をつく言葉を言われる。
それが腹立たしくて、
受けはクラスの仲間を動かして攻めをハブにするも、
攻めは全然堪える様子を見せず、
反対に攻めに、縛られて恥ずかしい写真を撮られて脅されることに…
攻めの執着の罠と、それにハマって行く受け、その展開にゾクゾク!
そして、ちょっと攻めが酷いかな?
そんな流れを出しておいてのラストの台詞にドキュン☆……上手い!!

4

一冊で二つの味が味わえる。

ページ数的に、表題作の「食べられちゃう系男子」と同時収録の「跪いて泣けばいい」が、ほぼ半々くらいです。

違うテイストの作品が同時収録されていて、一冊で二度美味しい感じです。

「食べられちゃう〜」は、最初はただのライバルだったのにお互いを認め合って恋に発展する的なお話し。
受け様の春斗は素直キャラでかわいいです。攻め様の八嶋はクール系だけどエロいです。グイグイ攻めてきます。テクニシャンです。
二人とも仕事のカレーのことに真剣で、お互いの一生懸命な姿に恋に落ちた感じが心に暖かかったです。
ほのぼの、甘々、ラブです。

「跪いて〜」は、高校生同士のお話し。
青春こじらせ系で、いじめとか学校社会のダークな感じが出てます。
受け様の水沢はイケメンで、クラスの中心人物。攻め様の吉岡は一見地味だけど、落ち着いてて女子モテするタイプ。
努力して人の輪の中心にいようとする受け様を、1人でも平気なスタンスでいられる攻め様が、執着して堕としていく様に萌えました。

「跪いて〜」は薄い本が出るかもとのこと。期待します。

「食べられちゃう〜」の続きは別の単行本に収録予定だそ続きうですが、これも待ち遠しいです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ