ワンフレーズを消さないで

one phrase wo kesanaide

ワンフレーズを消さないで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
PLUG<サークル>
ジャンル
ハイキュー!!(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
36ページ
版型
B5

あらすじ

古矢渚さんの初ハイキュー‼本。
岩ちゃんと呼ばせてもらえない及川と、岩ちゃんの話。

表題作ワンフレーズを消さないで

及川徹、青葉城西高校3年バレー部セッター
岩泉一、青葉城西高校3年バレー部WS

評価・レビューする

レビュー投稿数1

こんな幸せがあっていいのか…!!!

私も大概しつこいですが、
渚さんホント好きなんですめっちゃ好きなんです!
先日初オリジナルコミックスを拝ませていただいて
ぬは───!!!になりましたけども
渚さんが及岩本を出して下さると支部で知った時には
大声を出したくなりました。
それはもう言葉にならない奇声を涙と共に……!!

お話の内容は、いたってシンプルなものです(すみません…)
日誌を書いている岩ちゃんに、
及川が「岩ちゃん」と話しかけ続け、
仕舞いには「呼んでみただけ~」とへらへら笑うムカつくイケメンに
とうとう岩ちゃんがブチ切れて“岩ちゃん呼び”の禁止令を!
1回ごとに100円という、まさに小学生のようなペナルティを与えてw
語尾のように日々「岩ちゃん」と言い続けた及川にとって
なかなか簡単ではないソレは、
呼ばれ慣れた岩ちゃんにもじわじわと違和感を与えていくのでした。
その証拠に、及川に「岩泉くん」と呼ばれても気が付かない程。

まっつんもマッキ―もからかってわざと「岩ちゃん」と呼びますw
こういう青城3年のノリが面白くってねぇ…。
口を利かないという訳でもなく、ケンカしたわ続きけでもないのに
しっくりこないのを否めない岩ちゃんは
とうとう根負けして解禁してくれます。
及川の普段通りではない態度に情けをかけたんですね。
男前の岩ちゃんだから、決して優しい言葉ではないですが
その気持ちは何よりダイレクトに及川に届きます。
たった数日言えなかった「岩ちゃん」を繰り返し繰り返し…。
呼ばれた岩ちゃんは「イワチャンて何だっけ?みたいな」
なんてツレナイし
涙ぐんだ及川を「……キモいな」とは言うけれど
いつもの調子を取り戻した及川に安心しています。確実に!

ラスト数ページの及川サンときたら、
めっちゃ岩ちゃんに惚れてんだろうなぁ…!という良い笑顔で
(岩ちゃんいわく、ウザい、ですがw)
阿吽マジ阿吽としか言いようのない渚さんの及岩本01でした!!!!
ひぃいいあああああああ!!今後もお目にかかれるって事ですよね!?
ちょっと心臓を鍛えないといけないな…。

あ、及岩本と銘打っていらっしゃいますが
特にそういう描写はございませんでした。
……しかし、しかしですよ、
好きな作家さんが自分の一番好きなCP本(受け攻めも同じ!)を
描いて下さるだなんて
こんな奇跡をどう感謝したら良いのでしょうか!!!!!
HQ‼だって、様々なキャラがいてみんな大好きですが
阿吽…阿吽なんだよ!!超絶信頼関係なんだよ!!!
(大概うるさくて本当に申し訳ございません……)

このスーパーウルトラミラクルに感謝して
神とさせていただきます!!
エロもキスも甘いシーンもないですが!!!
阿吽尊いの一言です!!!(にしては長ぇ)

4

東雲月虹

ありがとうございます!!
脳内ではかなり絶叫していましたが、表面上は何もないかのように装っていましたよw
私の興奮をわかっていただけて、とても嬉しいです!!
むぼちさんのお好きな作家さんも、
推しCPを描いて下さると良いですね♪
是非その際にはお知らせ下さい!w

むぼち

「好きな作家さんが自分の一番好きなCP本(受け攻めも同じ!)」を描いてくれたって、そりゃあ嬉しいですよ!泣きますよ!
私も、「あの先生が描いたあのCP本」を想像して身悶えました。

東雲さんの興奮と喜びがひしひしと伝わってきます。
良かったですね!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ