月下の砂漠 凌辱の枷

月下の砂漠 凌辱の枷
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ文庫(小説・イースト・プレス)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784781612409

あらすじ

月夜の砂漠でエルーガ王国の若き王アーキルと出逢った和季。だがその出会いは、和季にとって悪夢の始まりだった。凌辱されながらも自分を明け渡そうとしない和季に、アーキルは快楽という名の枷を刻む。しかし憎しみの対象でしかなかったアーキルの深き闇と本当の姿を知り、次第に和季の心に変化が。一方、乱れきった国への不満の矛先が王であるアーキルに。引き裂かれる和季とアーキル点々過酷な運命が二人を襲うが……!?

表題作月下の砂漠 凌辱の枷

アーキル=ビン=エルーガ,エルーガ王国の王,28歳
橘 和季,大学を卒業し世界旅行へ,22歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

前半と後半でトーンが全然違う

前半はとにかく、拉致、監禁、凌辱、複数(ただし、挿入は攻めのみ)、モブによる輪姦(描写はあっさりとしたものでしたが、挿入ありなので、苦手な方はご注意ください)、媚薬、尿道プレイと、アラブ系BLの王道パターンを行く作品でした。
後半は、クーデターからの逃避行が、程良い緊迫感のある描写でつづられていきます。
前半のエロ展開から、攻めと受けの蜜月を経てからの逃避行は、まるで話の雰囲気が違い、1粒で2度美味しい作品でした。

0

後半のストーリーが好きです

好きなタイプのストーリーです。
和季は暴君 オレ様的な アーキルに気に入られ、監禁 凌辱。
今までの、生活環境の違いから、和季の思いはアキールに届かない。
アキールの思いも和季に通じない。
きっかけは、和季を襲った使用人たちを、裁判もなしに、
アキールが処刑したことだった。
今までの、過去の王たちのしてきた 横暴な政治。
弟王子がクーデターをおこした。

和季を日本に返し、
アキールは過去の王の罪をすべて背負って処刑されるつもりでいた。
アキールを殺したくない、和希との逃亡が始まる。
意外なところで アキールには、最大の味方がついていた。

アキールが
暴君から 一転して 和希の保護者に変化する場面
この辺がどうしても二人の感情に 入り込めなかったので、
評価低くしてしまいました。

後半の逃避行は、楽しく読めました。
和希とアキールの関係が変わって
逃亡を邪魔する敵ありでスリルありました。
あと、不思議なアキールと弟王子との関係も気になります。
弟王子とルト。
クーデターを起こした側の葛藤が知りたいなー
と思いました。

 

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ