あるみたいだね 食われる覚悟

箱詰め草食ラビット

hakodume soushoku rabbit

箱詰め草食ラビット
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
3
得点
98
評価数
29件
平均
3.6 / 5
神率
41.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047300262

あらすじ

高校生の兎澤はクラスメイトの獅子寺に密かに想いを寄せていた。
しかし、過去の経験から恋愛事には超奥手でただ見つめるだけの毎日。
そんなある日、席替えで前の席になった獅子寺と距離を縮めはじめた
兎澤だったが、獅子寺の友達、柴原と羊に邪魔され……!?

表題作箱詰め草食ラビット

獅子寺
兎澤

同時収録作品捕らわれワンコと偏食ヒツジ

柴原

評価・レビューする

レビュー投稿数3

一蓮托生

かわいい感じの学園物といったら定番の、
みんな、みんな、男同士でくっついちゃえの呪い。
前半はシシ君とウサ君のはなし。
シシ君がウサ君とつきあい始めたことに、シバ君は子どもっぽい焼き餅で横やりを入れて来て、ただでさえ真面目なウサ君は、シシ君そっちのけでシバ君に自分を認めてもらおうと見当違いの努力をすることに、、、。
子どもだからこそ、試行錯誤して、がんばって、気持ちをちゃんと伝えあう展開が好ましいです。
そのまま、エチい気分が盛り上がっても、学校内では自制して、ちゃんとおうちのベッドで初めてに臨むところも好ましい。
後半は、お子ちゃまだったシバ君が、シシ君とウサ君の恋を目の当たりにし、中学時代の羊の元カノでシバの初恋の夏子登場で、自分の中の恋心に目覚めるお話。

0

ウサギは年中発情期

とは言いますが。

前のコミックスに収録されていた作品の続き、ということです。
私も知らずに買いましたw
そして、前作は読んでいません。
一応、今までのあらすじみたいなものが入っているので、このコミックスだけでも大丈夫です。

今作は、「俺たちまだ友達なの?」というとこから始まります。
このうさくん(受)は、自分がゲイなのは自覚をしてまして。
それが特殊な性癖だと理解してるが故、恋に臆病になっています。
なので、しし(攻)の友人達にも認めてもらわないと、前に進めない。
ここで「うん?」と思ったのは、うさくんって臆病ではあるけど、それはあくまでも性癖の事で、「自分に自信が無い」といった台詞はありますが、そこまで自分に自信が無いようには見えないという点。
どちらかというと、臆病だからこそ、周りが気になるタイプですね。

そして。
エッチなことになると、めちゃ積極的!!!
もう、それまでの友人に認めてもらおうとしている努力が霞むくらい。
さすが、ウサギ!

さて。
個人的に表題より好みなのは、同時収録となっています、ししの友人たち、シバ(受)と羊(攻)続きの話。
幼馴染、どことなく恋に疎い強気受。
良いね、良いね~
しかし、シバ視点での話というのを抜きにしても、羊の性格がイマイチ掴めなかった。
受が好き、むしろ受が全てな点だけは間違いないけど。
最後にシバを好きになった理由が出てきますが、それまでのシバの振り回されっぷりが不憫で、ちょっと盛り上がりに欠ける?と感じてしまった。
この二人がイチャイチャするところを、見てみたいですねぇ。

2

受けがかわいい……!

店頭で絵が好みだったのでつい買ってしまったこの作品。たゆり先生の前作品、不器用ラブパレードに収録されていたお話の続きということでしたが、私はそれを知らずに買ってしまいました(笑) ですが、前の話を読まなくてもすんなりと読むことができるのでそこはそんなに気にしなくていいと思います!

では、収録作品の感想を、一つずつしていきますね。

●箱詰め草食ラビット
表題作です。
主人公(受け)の兎澤はクラスメイト(攻め)の獅子寺に密かに片想い中。でも兎澤には過去にトラウマがあり、積極的に距離を縮めることができなかったのだが、ひょんなことから少しずつ距離を縮め始め……
この兎澤と獅子寺の出会いの話は前のコミックスに収録されているようで、今回は少し距離が縮めまり出したところからスタートでした。

なかなか自分の本当の気持ちを言えずにいる兎澤。せめて恋人になるには獅子寺の友達には認めてもらわないとと思って行動しますが、から回ります(笑)

なんだかんだで最後にはくっつきますが、くっついた後の兎澤がエロい……! ロールキャベツ男子か!?とツッコミを入れたくなるほど無自覚で獅子寺を煽続きります(笑)

甘甘(多少は切ない)でキュンとする作品でしたー!

●捕らわれワンコと偏食ヒツジ
こちらの作品は表題作に出てきた獅子寺のお友達のふたりの恋のお話。

まるで付き合っているかのような距離の柴原と羊だが、友達同士。ずっとそんな距離でいると思っていた……だけど、羊の元カノに再会したときから少しずつ変化し始める柴原の気持ち。ずっとそばにいたい、嫌われたくない、彼女ができるまででいいからそばにおいて……。羊のことが好き、だけど気持ちを必死に隠す柴原。切なくて甘酸っぱいお話でした。

柴原がほんとに可愛くて可愛くて!はたからみても羊のこと好きなのバレバレなのに、そばにいるために必死に隠してるところが可愛かったです!幸せになってくれてよかったです。

個人的に好きな作品です。読んでみてください!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ