きみと夜の果て

kimi to yoru no hate

きみと夜の果て
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
10件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784801950603

あらすじ

顔良し、成績良し、家柄良し。 三拍子そろった牧田総吾は もちろんカノジョにも不自由したことはない。 来る者拒まず、去る者追わず。 そんな牧田にも一人、気になる相手がいた。 瀬尾大輔。 彼については、あまり良くない噂も聞くけれど、 話すごとに惹かれていくのを止められず……。

表題作きみと夜の果て

牧田総吾
瀬尾大輔

同時収録作品ルックミーベイベー

森川蕃 大学生
谷春樹 大学准教授 教授と身体の関係有     

評価・レビューする

レビュー投稿数1

好みが分かれそうな話

貞操観念が強い人は、ご注意を。

とりあえず、攻が最低くんです(笑)
あらすじの通り、顔良し、成績良し、家柄良し。
だけど手が早くて女の子やり捨て、でもチャラ男ではなく、いわゆる優等生遊び人。
また受も、天然みたいな、でも気が強い部分もある子。
受攻とも、どことなく掴みどころが無く、読めない性格です。
とはいえ設定がぶれてる、という訳でも無いのがなんとも。
受とは共通の趣味から親しくなり…初恋のような初々しい展開になってます。
展開的には悪く無いのですが、女の子やり捨てとかはね~あまりいい気持はしないです。

また、同時収録作品も、受がビッチとかいう訳ではないのだけど、教授と身体の関係があり。
それも、利害関係とかなら仕方ないかなーと思わなくもないけど、そうでもなさそう。
また攻くんも、それはどうよ!?な台詞を言います。

絵は結構好みなんだけどな~。残念。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ