気が合うということは

ki ga au to iukoto wa

気が合うということは
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×29
  • 萌13
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
107
評価数
34件
平均
3.4 / 5
神率
14.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289246

あらすじ

「親友」に6年も口説かれ続けている自分はバツイチで!? 
長編読み切り76ページ作品&他社コミックス未収録80ページ。
超豪華二本立て、描き下ろし入り!
大人気既刊『家賃半分の居場所です。』キャラと関連ありま~す★

表題作気が合うということは

飯塚,高校の頃から受けを口説き続ける友人
白石,離婚したばかりのサラリーマン

同時収録作品1+1+1

瑛人,恋人の死を引きずるサラリーマン,28歳
智文,コンビニ店員,23歳

その他の収録作品

  • あとがきまんが(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数11

なんだかあっさり

麻生さんの絵、大好きなんです。
表紙のメガネくんが好みなので購入。
何も確かめず、メガネ受けだよね!と思ってましたが、あ、よかった、あってたよかった、合ってました(笑)

お話は長年片想いだった親友と、とうとうくっつく話。
高校生から口説き続け、受けが結婚して離婚して、その長い時間があっての、とうとうなんですが、それが全く感じられないのがとても残念です。
なんだかあっさり流されてしまっていて、もう少し色々あるだろ!と思ったり。
表題作に期待して買いましたが、もう一つの幽霊話の方が好みかも。

絵は綺麗なので、お話にもう少し深みが欲しいなあと思ってしまったりしました。

0

ゲイとノンケのゆるい掛け合い

同級生で親友で、友人から恋人へのお話。加えて同居ものです。
ゲイの飯塚は白石が好きでその気持ちを隠しておらず、「一回だけやらせて!」みたいなことを何度も言うのですが、ちょっと色気がない、というかデリカシーがない言い方ではないかな?と思わなくも^^;

そんな二人は大人になり、白石が離婚したとからつい流れで寝てしまう…
このお話、飯塚がずっと一途で押せ押せで、白石が次第にほだされるならわかるんですが、どうしても白石が結婚・離婚したというエピソードがあるからか、流されてしまった感があるのが個人的には恋愛物としてちょっと納得できない気がしました。
作品解説に「白石がバツイチになったから抱かれてしまうのは時間の問題」みたいに書かれていますが、え、同性同士の恋愛ってそんな簡単にできるものなの?(白石にとって)という感じで…。

シリアスというより雰囲気は、ゆるく、なんとなく不思議な二人だな~という感じで、こちらのお話に関しては残念ながら萌えはあんまり感じなかったです。
最後の白石が飯塚を受け入れる(告白を受ける)時の台詞のゆるさ!
これが、あれっこれでいいの?て思いました。
続きただ印象は同じ作者さんの前に出された「家賃半分の居場所です」の雰囲気に似ていて、内容も同居のお話で緩さもこんな感じだったので、あの作品がお好きな方にはピッタリ合うかもと思います。

後半の「1+1+1」は三角関係のお話。
こちらのほうがストーリーとしてはよく出来てるなあと思いました。
しかし三角関係のうち一人は攻めが学生のころ付き合っていて、事故で亡くした恋人、すなわち幽霊です。
幽霊と三角関係…。ストーリーは良かったと思うけど、やはり一人が亡くなっているので楽しさより悲しさを感じてしまいました。
それが少し好みとは合わなかったです。

どちらのお話もすごくツボにはまった!という感じではなかったのですが、でもお話のあったかさや絵の感じはとても好きです。
長い間新刊を心待ちにしていた作家さんなので、次の本が出ることも心待ちにしたいと思います。

1

幽霊ものとはか苦手だけど…

最近リーマンものが気になり出していて買った作品です。
『気が合うということは』
親友の飯塚に学生時代から口説かれ続けている白石は、ついに体を許してしまい、そこから白石の気持ちにも変化が出てきます。何かとタイミングや好みが合ってしまう2人の掛け合いは面白かったです。
『1+1+1』
バイト先のお客さんである瑛人に惹かれる智文ですが、瑛人には忘れられない恋人(事故で死んでしまい幽霊になった)友希がおり、瑛人は智文に触れている間だけ友希を見たり話をすることができて…というお話です。

どちらもがっつりハマったわけではなく、若干辛気臭いなーと思った部分なんかもありつつ、まあまあ普通に面白く読み終わった感じです(笑)

0

2カップルの恋話

まず、作者様の、数年前の絵なので自分の絵を真似て描いています、というコメントに笑いました。2009年の作品なのですね。描き下ろしは釣り目が顕著になっていました。

「気が合うということは」
白石(受け)は、離婚して引越しをした夜に、高校時代から言い寄ってきていた飯塚(攻め)に抱かれます。
一度となく嬉し泣きする飯塚が可愛いです。ゲリラ豪雨かと騒ぐ友人達は楽しいですし、「悩むのがバカバカしい」と思い切りの良い白石は男前でカッコいいです。時間をずらしたのに一緒の電車に乗ってしまったり、「しょうゆ」とハモる二人も良いです!

「1+1+1」
智文(受け)は、バイト先であるコンビニの客、瑛人(攻め)に好意を抱いています。しかし、彼には10年前に亡くなった友希(受け)の幽霊が傍にいて、という話です。
ずっと傍にいただろうに、何故、急に智文は友希が見えるようになったのか。それとも友希はコンビニには普段はついてこなかったのか。と、ちょっと導入部で疑問が生じましたが、スルー(笑)。
結局、友希は、瑛人が徐々に智文に惹かれていることに気がついて、智文に譲り、瑛人の幸せを願いながら成仏し続きてしまいます。王道ですね。
でも題名が題名なので、3人でずっと、というユニークな結末でも良かったんじゃないかと思います。
あと、智文(身体)と友希(中身)の攻受が違っていて、わぁーっとなったら面白かったのに、なんて考えました。

0

ほだされ系・・・

ノンケ、親友、長年の片想い(但しアプローチはずっと続けている)・・・私の好きなキーワード表記に惹かれて購入しました。

表題作が3編、別作品「1+1+1」1編が収録されています。

学生時代からノンケの「親友」白石(受)を口説き続けている飯塚(攻)。
アプローチはし続けているものの根本的にヘタレな攻め様。

一度は結婚してしまった白石がバツイチになった際に、ついに2人は勢いで一線を越えてしまうのです。
でも、一線を越えたのち、受け様の前から姿を消してしまう攻め様。

というのも、口説くときにいつも「一度でいいから抱かせてほしい。それで嫌われたら白石の前から消えるから・・・」と言い続けていた攻め様。
でも、割と勢いでこうなしくずしな感じで体を重ねてしまった感じだったので、朝になって受け様から拒絶の態度や言葉があるんじゃないかと恐れて、勝手にいなくなってしまうんです。
でも攻め様のそんな気持ち、とても良く分かります。

最終的には受け様がほだされて付き合うことになるのですが、最後まで甘々さがあるようなないようなカップルの様が私には逆に好もしく感じました。
受け続き様が、不器用で若干ツンデレ気味な性格なので、そんな受け様と攻め様が急に甘々になってしまっても却ってひいてしまうので・・・あれぐらいのテンションが自然で良い気がします。
ちなみにそんな受け様の性格が個人的にツボです。

そして「1+1+1」・・・
これは私はとても苦手なタイプの作品でした。
暗いし、辛いし・・・
そもそも亡くなってしまった恋人(男性)が成仏できず幽霊になって恋人の側にくっついているのだけれども、恋人はその事に気が付かず・・・という幽霊ものは、何か特別な奇跡が起きて亡くなった人が復活して・・・というような展開が起こらない限りは、どうにもできないただただ切なく哀しい結末にしかならないことが分かっているだけに、読むのが本当に辛かったです。

1

もう読めないと思っていました!

久しぶりの麻生さんの作品です!この作品は2009年の作品なのですが、もう読めないと思っていたのでよかったと思います。

飯塚×白石のリーマンものです。
高校生の同級生で当時から飯塚は白石にアプローチを続けていたのですが、
相手にされなかったのですが、白石が離婚をし引越しの手伝いをしていたら、成り行きで・・・というか流されて?Hをしてしまいます。

でもなんだかんだで白石も飯塚と会えなくなるのは嫌だということで
両想い(?)になります。←白石がまだ好きかどうかがわからない
ていうか、個人的に「好き」というのがよくわからないって言ってましたが
よく結婚したなぁ~って思いましたね。元奥さんが少しかわいそうになりました。

【1+1+1】
リーマン:瑛人×フリーター:智文です。
この話はちょっと寂しい話でした。智文がバイトしているコンビニに毎日、焼肉弁当を買っている瑛人が気になっています。その時に男子高校生もいるのですが、その時は気にはならなかったのですが・・・

で、かけもちをしているもう一つの宅配バイトでの配達先が瑛人の家でした。その時にさっきまでいなかったの続きに男子高校生の姿が・・・。
智文は瑛人に「弟ですか?」と聞くも瑛人には見えなくて、智文に触れると見えるという・・・

その男子高校生は瑛人の死に別れた恋人だった友希でした。
個人的には友希はかわいそうかもしれませんが、智文に乗り移れることをいいことに瑛人とHをしようとします。でも途中で智文の意識に戻って、智文は怒ります。←そりゃそうだw

でも、段々瑛人が智文に魅かれていると友希が察して二人を引き合わせようとして、成仏していったので良かったかもしれませんね。

個人的に、久しぶりに麻生さんの作品が読めてよかったのですが、イマイチ萌えることができませんでした。←ごめんなさい。

1

長い片思い

2つのお話が収録されています。どちらのお話も切なくて、胸が痛くなります。

特に表題作は、ずっと片思いしていて、その間に相手は結婚と離婚をしちゃうという…。
ただ、同情にしろ、流されたにしろ、やっと好きな人とエッチできたのに、離れようとする態度にどれだけヘタレなんだと思っちゃいました。そこから始まる愛もあるかもしれないのに…と、読みながらモンモンとしました。

もう一つの短編は、亡くなった後も、恋人の傍にいた幽霊と、そんな幽霊が見えるコンビニ店員の3人のお話になります。
コンビニ店員と結ばれてるからハッピーエンドなんだけど、幽霊が可哀想で、読後はモヤモヤしちゃいました。

3

幽霊ものが好物なんです

両人の一ファンとして引き合いに出すのはなかなか恐縮なのですが、麻生海さんは(あくまでわたしの中での)日高ショーコさんと同じ匂いがする作家さんといいますか、作品によっちゃヒットするしないがありまして。非日常的でちょっとねじけた話が好きなので、スタンダードってのか、オーソドックスな作風だと物足りない時があるんですよね。えっちシーンはアングルとか表情とかが大好きなんですけどね。

表題作はタイトルそのまんまの物語で、これといってきょわわわぁーッとなるようなツボもなく、はいはいはい~、と和やかに終わりました。気になったのはえっちの時、ノンケなのに乙女っぽく攻められてしまう白石がしっくりこなかったかなと。設定が日常的なのに、こういうところでいきなりフィクションに突入した感がぬぐえず、萎えました。さらに、「こいつに対して抱いている、おれのこの感情はなんなんだ?」という、心のザワザワぶりがどう表現されているかがBLを読む上で個人的な要なので、あまりそこが刺激されないと、白石がスルッと寝てしまうのはなぜなんだ~!!…と、どーしょーもなく頭の中で絶叫が始まります。ほだされ?寝てみないとわからないパタ続きーンか?タイトルどおりの理由か?枚数が足りんかったんか?いや、白石のキャラクターはちゃんと物語内で説明されていましたよ。ただ、キャラクターとして魅力を感じなかっただけなんだと思いますが。

もう、いっそリアリティー抜きのがっつりフィクション設定にしてくれたら心の中の妙なツッコミに邪魔されず物語に入れるのになぁ…、と思ったところで「1+1+1」ですよ。幽霊もの大好きなんで、わたしの数少ない幽霊BLコレクションの一つとしてカウントされています、はい。

智文がバイトしているコンビニの常連さん、瑛人の傍には、いつも男の人がいる。実はそれは瑛人の亡くなった恋人、友希だった…。というストーリーを、瑛人に恋心を抱いている智文の目(身体もか)を通して語られる。幽霊の友希が智文の身体を使わせてもらってえっちした後の智文の気持ちよ。思わず涙しましたよ。三角関係というよりかは、瑛人と亡き恋人の時空を超えた切ない愛の交信ストーリーが智文によって「発見」され、智文が二人の間に介入することで三人それぞれの想いが昇華されていく(一人は成仏ね)、といった感じで読みました。このお話はヒットだったなぁ。

1

次回作も待ってます。

ふおおおお、もう麻生さんのコミックは読めないんだと諦めてたので、めっちゃ嬉しい!と、興奮しながら読んでたらなんか、あれ?絵が・・・ちょっとふ、あのね。2009年の作品なんですね。でもいいんです。表題作は、相手に気持ちを知らせておいて友達でいいから側にいるって、相当つらいことと思うけど。しかも結婚しただとか。優しいから絆されたのねという感が否めないけども、まあ・・・めでだしめでだしなのでしょうかね。もう1本の幽霊話は、幽霊に同情してしまってスッキリしませんでした。

1

切ないなぁ…

高校時代から、ずっと好きで告白し続けて
彼は結婚してしまったけど、離婚して…
今でも好き。
結婚したから諦められると思ってた、でも無理だった。
彼が離婚して少しだけ喜ぶ自分がいた…

ずっと好きでいつづけるのって結構苦しいよね。
最終的には流されて始まる関係だけど
目の前からいなくなられると嫌だと思うくらい
相手はもう好きになってる。
この2人のその後が読みたいです。


後半のお話も切ないです。
いつもコンビニに来てくれる瑛人を好きになった智文。
だけど彼の後ろには一人の少年(友希・幽霊)がいて…

過去に恋人同士だった瑛人と友希
だけど事故で友希は亡くなり瑛人は大怪我。
そして友希の死を引きずったまま今も生きてる。
そこに入ってくるのが智文なんですが
智文と接触してると友希の姿が見える瑛人
そういう理由から頻繁に瑛人と会うようになるんだけど
そこには死んだ元恋人と瑛人が楽しそうに会話する姿。
瑛人が好きな智文にとってだんだんと切なくなってくる。
だけど友希だって生きて側にいる智文がうらやましくて…

もちろん最終的には生きてる者続き同士がカップリングになるのですが
友希の気持ちを考えるとやっぱり切ない。
友希の分まで2人は幸せになってもらわないとね。

2

好き!だけど足りない!

じつに約5年ぶりの麻生海さんの新刊!
掲載は2009年のようですが、久々に麻生さんの漫画が読めて嬉しいです。


白石(受け・表紙のメガネ)は、友達・飯塚(攻め)に、高校の頃から6年も口説かれている。
でも、無理強いするでもなく
白石が結婚したら笑顔で祝福してくれ
離婚したら引っ越しを手伝ってくれる飯塚、ワンコのような健気さが泣かせます!

初めて一夜を共にした翌朝
通勤途中の電車でバッタリ会ってしまった二人の照れた顔とか、
別々に寝ていても、実は同じタイミングで一人Hしていたシンクロぶりとか、
とにかく可愛い二人でした。

イイ奴だけど恋愛音痴な白石は
ハッキリ「好き」とは言うわけではなく
ほだされたような形ですが
飯塚がいないと調子が狂ってしまうあたり、何だかんだ飯塚がいないとダメなのでしょう。
このままずっと仲良く年取っていけそうな二人だと思います。


「1+1+1」は、コンビニでバイトする智文(受け)と、サラリーマンの瑛人(攻め)と、彼の死んだ恋人・友希(幽霊)の奇妙な三角関係の話。

瑛人に片想いする智文がすごくイイ子でした。
続き
瑛人と友希が会えるよう協力して、
友希が智文の身体を乗っ取って
瑛人と寝たことを知っても
まだ友希のことを思いやって…。

恋人を亡くして脱け殻のようになっていた瑛人が
智文の明るさに惹かれていくのがよく分かりました。
どのコンビニ弁当が美味いか、など
なんてことない会話や食事のシーンなのに
とても楽しそうな気持ちが伝わってきて
生きてるって素晴らしいことなんだな~と何だかグッときました。
そんな二人を側で見ている友希も
切なかっただろうなと思います。

瑛人は年上で攻めですが、18で恋人を亡くして以来
(色々と)経験が止まっているので
中身は智文の方が大人で男前に見えました。
Hで瑛人の内股を舐めてるシーンに萌え♪
これで智文の就職が決まればスッキリ終われましたが、そこはスルーでしたw


描き下ろしのマンガは
本書の白石と「家賃半分の居場所です」の白石が従兄弟同士でした~という話。
恋人の隣で笑ってる白石(家賃)がすごく可愛いですが、どうせなら本書のカップルの後日談をもっと読みたかったかな~。

萌×2寄りの、非常に名残惜しい読後感です。
またいつか麻生さんの新作が読めることを
楽しみにしております!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ