ひかげの薔薇

hikage no bara

ひかげの薔薇
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×28
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
126
評価数
34件
平均
3.9 / 5
神率
38.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ハーレクイン
シリーズ
ハーレクイン・ラブシック(小説・ハーレクイン)
発売日
価格
¥843(税抜)  ¥910(税込)
ISBN
9784596744340

あらすじ

BLという名の病を読む
エロティックBLルネッサンス◆ハーレクイン・ラブシック創刊第2弾!

日の当たらない場所で、たった一人のためにひっそりと咲いている――薔薇。
マンションの一室で繰り広げられる愛の歪み。至高の純愛。

“月百万で君を飼う。なに一つ不自由はさせないが、自由はない。"
愛人の子として、陽はこの世に生を受けた。男にだらしない母に捨てられ、育ててくれた祖母も、ある朝、布団の中で冷たくなっていた。
愛されず、大事にされない。だから誰にも何にも期待しない。
方や名門に生まれ、華族出身の妻を持つ、冷たい大富豪の御倉。いかにも高級なコートや時計に惑わされたわけではないが、なぜか陽は御倉の誘いを断りきれず、彼の高級マンションへ連れていかれ、身体を繋げられてしまう。
いままで経験したことのないような男同士の激しいセックス。火遊びに始まったふしだらな関係。それなのに……
怖いほどに甘やかされて、本気になりそうで陽は怖い。土日には必ず屋敷に帰る、御倉の心はここにはないのに――。
思わず逃げようとする陽を、だが彼は捉え、監禁し、脅したのだ。
「どこへいく。君は私の所有物だ」
心も躰も搦めとる熱情と執着……鹿住槇史上、最深の偏執愛でお届けする、ラブシックシリーズ第二弾。
書き下ろしショートショートも収録!

表題作ひかげの薔薇

御倉俊介,財閥御曹司
楡崎陽,御倉の愛人

その他の収録作品

  • まひるの華
  • あとがき
  • その後のふたり

評価・レビューする

レビュー投稿数8

内容を無視すれば大事にしたい綺麗な本

装幀がとにかく綺麗でした。
本を手にした時--なんなのこのキラキラな感じは?!と感心したぐらいでした。
が、内容があんまりにもぐちゃぐちゃでしようがありませんでした。
セレブ×愛人という背徳な設定はすごく萌えるんですが、その都合をいい奥様は何なんですか。こういうこともあるんですね。
なんか攻めの人格がブレブレです。サドなのか優しいなのか全然つかめない。強引なのに優しいというのは萌えるが、ギャップというより矛盾を感じます。要するにあんまり合理的ではない。
受けの性格は…コメントしたくないですね。生々しいです。
本当に攻めの好きになっちゃったのか、単なるその飼われてる生活から抜け出せないのかが曖昧で好みではないです。
なんか、読者が萌えそうな設定を書いてあげましたという感じがすごくします。それが好きな人も理解ですが、一度読み終わったら二度と読みたくないですね。

0

恋は理屈じゃない

ハーレクインの名に恥じないハーレクイン展開。
愛人の子として生まれ、今は天涯孤独の陽。
「愛されず、大事にされない。だから誰にも何にも期待しない。」そんな、愛され方を知らない主人公を、名門の大富豪が愛人にするお話。
財閥御曹司の御倉の陽への接し方は、ただお金の力に任せて強引に調教したりするだけかと思いきや、
自分から欲しいと思った陽が、
自分を家柄や名前で見ない陽に、
どう愛したらいいのかわからず、いわば、途方に暮れて暴走しているだけという、根底にあるのは、不器用なお子様の初恋物語。
それが、財閥の御曹司で超お金持ちというハーレクイン設定に乗っかっている。
作中で陽が「何で自分を選んだ?」と御倉に何度も問いかけるが、そこは「ひと目見て恋したから」で押し切られてしまう。
この、「好きになっちゃったのは理屈じゃない」論理さえ受け入れられれば非常に甘くてロマンチックなシンデレラストーリーが堪能できる。
ここを割り切れば、痛いことも不快なこともなく、適度にエロくて読みやすい作品だと思う。

1

初読み作家様

期待しすぎだったのかなぁと読み終わった今は思います。
初読み作家様です。

『愛人』という単語からけっこうなえろを期待していたのですが、それほどでもなく…?
プレイはSM寄りですが、う〜んぬるいなぁと。もっとガンガンせめてくださいよ!と思ってしまいました…。
あらすじにあった、逃げようとする受け様を攻め様が捉え監禁というところに疑問。攻め様、いつ監禁した…?
監禁といえば、手錠やら足枷やらつけて部屋も閉じ込めるとか…(あくまでもイメージですが)そんな風な監禁を考えていたのに、全然そんなこともなく。
かなり自由にさせてましたね。受け様が出かけてるとき、監視があると言ってましたが…う〜んとなんかぬるいんだよなぁと。(偉そうですみません…)
攻め様の奥様のこともご都合主義で、ほかの方も書いてありましたが、とても平和的な不倫でした。
平和なのはいいのですが、やっぱり何かが違う…となぜかしっくりこなかったです。
あらすじと挿し絵に惹かれて購入したため、期待していた分、それほどでもなかったです。

でも挿し絵は期待を裏切らない出来映えでした!葛西先生の描く挿し絵はいつも美し続きく、素敵です!

2

読んでみたら、もんのすごくハーレクインでした!

セレブに月100万で飼われる愛人の話。
葛西さん好きなので、表紙目当てで購入。
ああ、こういう受けが好きなのです。たまらん。
なので内容に関しては、読む前はハーレクインでBLかー、へー。くらいにしか思いませんでした。

読んでみたら、もんのすごくハーレクインでした!
この為に書き下ろしたものじゃないのに、よく見付けてきたなあ。
セレブな攻めに受けがこれでもかというくらい大切にされる話は大好きです。
奥さん公認の愛人だったり、色々都合いいですが、ハーレクインヒロインと違って受けがしっかりしてるので、読みやすいですね。

ただ最後まで気になったのは、両想いなのに愛人として毎月契約金が支払われていること。これってとてつもなく失礼なのでは?
奥さんがいるし色々あるから仕方ないですが、愛人なのも嫌だなあ。
そこらが気になったので「萌」で。

挿絵は最高でした!葛西さん、本当大好き!!

2

こっちの方があってるかなぁ

本編は既読なので書下ろしのみ

挿絵がひたきさんから葛西さんに変更されてます。
本編読んだときは別にひたきさんのイラストで違和感なかったのですが
葛西さんの線の細さの方が、
よりこのストーリーのキャラには合ってるような気がします。


今までは土日の週末だけ本宅に戻る攻でしたが
子供が寂しがって父親との時間が欲しいというので
金曜の夜から本宅へ帰るようになった。
それに対して陽は別に何も思うところがないので
攻のいない間に自分の時間を過ごしてる訳ですが…

攻が突然の帰宅
正妻の実家に2人が行くことになったからということですが
娘から預かって来た手紙。
そこから娘が陽を王子様のように思ってる事を聞かされ
冗談で「じゃあ結婚しようかなぁ…」
の言葉に嫉妬する可愛い攻めのお話でした。
陽の事が本当に好きなんだなぁ(^^;)

2

すべてがゴージャス

まさに、レビュータイトル通りです。
本の装丁からイラストから話の内容まで、すべてが高級感に溢れていました。

私は、葛西先生の挿絵目的で購入したのですが、ファンには有難い表紙でした。
なんとも表紙イラストが帯状になっているんです!!
(説明下手ですみません、、、)
今回ハーレクイン様の小説を手に取るのが初めてだったので、全ての作品がこうなのかは分りかねますが、これは挿絵作家ファンには大変嬉しいデザインです。

また、話の内容も社長×愛人という何とも美味しい関係。
そしてその社長が一見すると冷徹な潔癖風イケメンなのですが、実際は受けを溺愛しており、甘やかしたくて仕方がないというデレっぷり。
’’耳元で囁く’’という描写が多かったのも甘い雰囲気が伝わってきて最高でした。
そして、濃厚なエロも味わえます。
小説だからこそ出来る内容も含まれたきわどいプレイも、美しく繊細な挿絵でより一層甘く、そして切なく感じられます。
また、仕事に対する受けの熱意や思いに心を打たれ、気づくとほろりと涙を流してしまいました。。。

不器用な二人の大人でゴージャスな恋愛。是非、お勧めし続きます!

6

ハーレクイン!

ハーレクインさん・・・どんなものかな?と思いながら
不幸受けに釣られて手に取りました
本!これ珍しいですね!手に取るだけでワクワクします!
本体と本カバーの大きさが違う!(題名の所は本体・画の所はカバー)
そんな中、拝見させていただいたこの作品

愛人物とか不幸受けとか攻め様金持ち!とか・・・
大好物な設定盛りだくさんだったので、楽しく読めました!

愛人も愛人で不倫ものだったりして・・・え!そういうのって・・・
と思っていたのですが、これがこれで平和な不倫(;´∀`)でした

受け様はもちろん愛人としての自分の立場や
今までの人生にておいてのあきらめで、
攻め様との幸せをみずから手放そうとしたり
就職先からのやっかみにあったりと、大変ですが・・・・

そこでSっけがあったり、愛する気持ちを表に出しきれない攻め様に
愛情持って接してもらい(おもちゃ攻めというお仕置きもありますが)
幸せになっていきます

受け様の幸せに対する怯えと
攻め様の愛情表現を読みとる難しさ・・・おもしろかった!

4

囲われの薔薇

ハーレクインラブシック復刊シリーズ第二弾は
第一弾の「蘭陵王」とはうってかわり
ゴージャス甘エロ路線。

社長×愛人という関係が冒頭から既にあり、
両想い(ただし中盤まで受けは攻めの気持ちに気付かない)な二人のめくるめく情事を堪能できる、フランス映画のような一冊です。


両想いなのに喧嘩ばかりな点もフランス映画的。
恋人への援助を惜しまないセレブ・御倉(攻め)と
人の金やコネを利用することに抵抗のある庶民・陽(受け)。

金銭感覚も愛情の示し方も違う二人は
ことあるごとに衝突するも
大抵はエロになだれ込み物別れに終わります。

緊縛、張型、猿轡など、プレイはややSM寄り。
思い通りにならない年下の恋人を
甘やかしたい一方で、
屈服させ泣かせてもみたいという
御倉の複雑な愛情がよく表現されています。


衝突すると言っても、所詮陽は御倉の愛人。
対等な関係になることはありえません。

御倉のコネで秘書室に配属され、
同僚からの嫌がらせにもめげず自分の力で
出世しようとする陽。
しかし御倉はそれすらも許さず
最後には社長の権限で続き
陽を無理やり自分専属の秘書にしてしまいます。

最後まで、御倉が陽と同じ目線に立つことはなく
陽の立場は「囲われる愛人」のまま。
そこに本書の面白さがあります。

どんなに愛し合っていても、陽が御倉の所有物で
あることに変わりはなく、陽自身もその関係を
本気で対等なものにしたいとは望んでいない。
美人で、頭の回転も悪くないのに
ネガティブで常に自分に自信のない陽は
温室咲きの薔薇のように
御倉の庇護下でしか輝けない存在なのかもしれません。

セレブに至れり尽くせりで愛される幸せなラブストーリーのようで、その実かなり不自由で閉塞的な印象も受ける作品。
読み手によって様々な捉え方が可能な点が、ただ甘いだけのラブストーリーとは一味違う面白さと言えるかもしれません。


この復刊シリーズ、
来春発売の第三弾も、同じ作家さんの作品だとか。
第一弾の「蘭陵王」に比べると
本来のハーレクインのイメージに忠実な
ロマンチック路線に移行してきているような、
やや守りに入っているような印象を受けますが
今後も本書のような
捻った面白さのあるラインナップに期待します。

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ