やたもも

yatamomo

やたもも
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神21
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

242

レビュー数
9
得点
160
評価数
41件
平均
4 / 5
神率
51.2%
著者
作品演出・監督
熊澤理恵子
音楽
蜂谷幸
脚本
外原祥子
原画・イラスト
はらだ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

生活能力ゼロでだらしないモモと、絶倫バカで不器用な八田。
2人が紡ぐ、甘くて、苦くて、ちょっと泣ける恋物語。
モモのパトロンだった、お金も地位もあるけど不器用な須田の登場は、2人の関係に試練を与えて…?
エロコメディなのに、胸を抉る切なさもある、はらだワールド炸裂の1冊を音声化…!

表題作 やたもも

八田 → 小野友樹

百田 → 下野紘

あて馬
須田 → 安元洋貴
その他キャラ
雀士[布施川一寛]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

エロい。だけどそれだけじゃない。けどエロい!!

原作既読。好きな作品で、声優さんも好きだったので購入しました。

あらすじは上とコミックスの方にあるので省略。
このレビューでは主に声優さんの演技について書いていきます。

下野さんのもも、ほんとにピッタリで、ビッチ感をここまで出してくるのは流石だなと思いました!笑
普段の会話のシーンでも、エッチシーンでも、だらしない感じがももらしかったです。

小野さんの八田ちゃんも、意地悪く攻める声がドストライクでした!でもやっぱり八田ちゃんだからオカン系の世話焼きな感じも良かったです。

エッチシーンが毎度濃厚で、1編1セックスみたいな感じなのでエロエロ好きにはたまらないと思います。でもストーリーを蔑ろにしてないので「エロいけどついていけなーい」なんてことはないです。

当て馬の須田も、個人的にはかなり好きなキャラだったので、安元さんの低音ボイス攻めが合わさってストーリーに重みが出たなぁと感じました。

エロいのが聴きたくなった時におすすめな一枚です。

1

下野さんの成長を見守るCDだった(結論)

もものキャストがなかなか発表にならないことにやきもきしていたわりに、
下野さんのブリショタ声ギャン喘ぎを警戒してずっと聴いていなかった。
しかし杞憂でしたね。
んあああぁぁああ!!!!の一本調子ではなくなっていた(ただしイキ声は除く)

日常シーンも上手く言えないけどブリショタではなくもっと自然に子供っぽい。
かわいそかわいい。
おのゆーさんも八田ちゃんには色気過多すぎないかと思っていたけど、こちらも普通っぽかった。

絡みはこれくらい端折っていいと思う。
内容が内容だけど、どちらかというと会話劇。

とにかく下野さんのももがチャーミング。
ケロッと明るく可哀想。

須田に「染み付いた売春癖」と言われているけど、それがももの本質。
この安元さん(須田)はイイですね。
「お前みたいな締まりの悪いオナホでも」
不覚にも萌え~✨
「バッカじゃねーの」と言うももの声が澄んでいてかわいそかわいい~✨

うーん。下野さんがハマり役。
ヘラヘラ笑って「帰ったらあれしてくれよ、お清めセックスとかいうの?」はしんどいなあ…。
さすがに八田ちゃんもキレるよなあ続き…。
「じゃあ泣けって?」の言い方がまた完璧すぎる。
「おいてかないでよ」でダメ押し。
上手い…。

帰宅後、ももの身の上話を挟んで、
お清めセックスがまさかの1分半!!
ここはもっとじっくり言葉を交わしながら描いてもよかったのではないか…。
そしたらこのCDの満足度はもっと高かったと思う…。

原作には度肝を抜かれたけど、それほどのパンチや「よくぞこれを出してくれた!」という感動はない。
が、思っていたほど悪くもない。

下野さんの成長を見守るCDだった(結論)

0

はらだワールド初堪能。

…致しました!!₍笑₎

はらだ先生の作品は私の中で『独特ッ』というイメージがあり、
コミックにはなかなか手を出せずにいました。

なので、原作未読の状態で聴きました。

皆様のように、原作と照らし合わせたレビューは出来ませんので
そこはご勘弁を…。

今回初めてはらだ先生の作品を聴いて、
「これがはらだワールドか!!」と度肝を抜かれました₍笑₎

上のあらすじにもあるように、

全体的にえろえろとろとろなのに、
切ないシリアスシーンも織り交ぜた話の構成がすごく魅力的でした。

最後まで飽きずに聴けましたし、
涙ぐんでしまう場面もありました…!!

ももちゃんの、ビッチでめちゃくちゃ可愛くて感度がいいくせに
物事にまっすぐ向き合おうとする姿勢とか…

やたちゃんの、公衆トイレでお尻出してる不審者₍笑₎を介抱して
住所まで教えちゃう優男のくせに絶倫えろ兄ちゃんなところとか…

脇役さん含め、
とっても魅力的なキャラクターたちが勢ぞろいでした。

私的には満足でした!!
皆様はどうでしょうか…

*




0

癖のない仕上がり☆

原作既読。
他の方も書かれているように路上Hのカットは残念。
全体的にエロシーン短め、SE少なめ(原作比)で、物足りなさは感じました。
また、一部エピソードのカットや入れ替えが成されたことで、ストーリーの奥行きも半減?
原作のねちっこいエロシーンや丁寧な心理描写、緻密な構成を思うと残念ですが、これはこれで、シンプルかつ爽やかにまとまっており、聞きやすくはありました。

◆モモ@下野紘さん
普通に良い感じ。
底抜けに明るい声と演技が、ビッチでだらしないのにどこか憎めないモモのキャラクターとすごく合っていました。
すごく綺麗とか可愛いって感じのキャラではないので、ハスキーボイスでちょっと癖のある下野さんの演技がぴったりハマっていたと思います。

◆八田@小野友樹さん
原作を読んでイメージしていたより声が高く、普通の爽やかな若者という感じ。
もっとこう、声だけでモモとの体格差や巨根・遅漏・絶倫具合が伝わってくる(どんなだ)声優さんで聴いてみたかったかも。
Hシーンも、そんなにガッツいてる感じはなく、小奇麗にまとまっていました(これは演出のせいもありますが)。

続き
そんなわけで、声と絡み演技は個人的にしっくりきませんでしたが、平常時の演技自体は流石上手いな〜と思いました。
モモの境遇にもらい泣きするところや、働き始めるモモに焦るところ、須田ぶっ殺す!とキレるところなど、すごく八田ちゃんっぽい。
キャラクターを見事に掴んで演技されていたと思います。

◆須田@安元洋貴さん
絶対にミスキャストだと思いながら聞き始めたら、意外にも良い感じでした!
どっしりした低音が、いかにも財力のある大人という感じで、若くて庶民っぽい八田ちゃん@小野友さんとの違いがよく出ていました。
モモにキレるシーンや、犯しながら高笑いするシーンは迫力あるし、
最後にモモを諦めるシーンも、不器用な中年男の哀しさが出ていて、なかなか良かったと思います。

今後スピンオフが出て須田が受けになる可能性を考えると別の声優さんが良かった気もしますが、このCD単体としては安元さんでハマっていたと思います☆

3

キャスティング、ぴったりでした

下野さんの百田はほんとにぴったりでした。
かわいいけど結構すれていて、明るくヘラヘラしているようでも、お気楽なお子ちゃまじゃない。
ホントにかわいそうなだけのヤツにはなりたくない。
ちゃんと八田を好きになりたい。
そんな感情の動きがビンビン伝わってきます。
小野さんの八田ちゃんも、ガツガツくる若さがいいなぁ。
そして、安元さんの須田。
最初、安元さんがあまりにもいいお声過ぎて、なんだか格好良すぎないかって一瞬思ったけど、このかっこいい、いいお声でだからこそ、須田の下衆さ情けなさがより際だつのね。

1

あのシーンがなかった…残念

八田ちゃんが居酒屋で友達に「恋人がフェラしながら金せびるってどうよ‼?あっこれ友達の話な」っていうシーンが好き過ぎなのになかった…残念です

ホームレスのおじちゃんとモモのやりとり面白かった→モモのおじちゃんのモノマネから始まっての八田ちゃんがオナヌー♪

この時のモモの八田ちゃんにかける声が萌えたー

「ねぇ?ねぇ?八田ちゃんどう?」とか「見たいーw」「ねぇねぇ♪」が可愛い‼
「八田ちゃんのと混ざっちゃ‥あぁあっ‼」実際聴いて萌えたサイコー!

須田の声低いからビックリしたけどこれはこれでいい味出てると思います安元さんの演技力の賜物ですね!だって須田が不器用で可愛そうな男だったんだって初めて気づいたもんw(皆さんは気づいてたのかな?)

初回特典キャストトーク唐揚げの衣の話爆笑しました(衣を研究してると言うしもぬんにそれって結局こてこてやんってツッコもうとしたらツッコまれてた笑)

楽しいCDでした♪

2

2回聞きたいほどには良い

原作が大好き、というかすっかり『はらだ病』にかかってしまい、普段は気にも留めないドラマCDまで手をつけてしまいました…。

結果的には買って良かったです!!
小野さん、下野さんのBLCDを聞くのは初めてでしたが、下野さんってこんなにグッとくる喘ぎ声出せるんですね…とびっくりしました。ちょっと見直しました(笑)

小野ゆーさんの八田ちゃんもぴったりでした!上手に原作の台詞のリズムを表現されていたと思います。特にモモが仕事を始めて家を出て行きたいとやたちゃんに告げたときに言う「待って待って!すごい複雑なんだけど!」みたいな台詞や、モモが須田のマンションから出てきたところで言う「須田のヤロー、コロスコロス!」みたいな台詞も自分が原作を読んで感じてたリズムとぴったりで、本当に良かったです。

安元さんは某刑務所大作BLで慣れてはいましたが、須田に合うのかちょっと不安でした。でも聞いてみると全然違和感無かったのでよかったです!こういう須田もありかな、って感じです。


ただ・・・
カットが・・・大切な路上エッチの部分がカットされていたのがとても悲しかったです・・・
あと、続きエッチシーンのFOもなんだか気になりました。原作を読み返してみたら確かに最中でFOしているんですが、せっかく音源化しているんだから先生の許可頂いて最後までやってくれたらいいのに~と思わずにはいられません。若干コミカルな内容だからこそ、あのFOの仕方は鼻につくような。私が狭量なだけでしょうか?

アニメイトで購入してペーパーをいただきましたが、なぜか厚紙だったので収納に困っています(笑) 内容は二人のピロートーク(コミカル)でした。

6

キターー!! ずっと聴いていたい!

原作既読です。
あの大好きな作品「やたもも」の音声化ということで、
楽しみやら、不安やらで、発売前はソワソワしてました。

聴いてみた限り、とある部分では原作を忠実に再現されていますが、
大幅なカット部分もあるので、がっかりする人も
いるかもしれません。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

面倒見のいい絶倫男・八田 × 生活能力ゼロのビッチ・モモ

モモ(百田・受け)は、24歳になるまで働いたことがなく
顔が可愛いだけが取り柄で、体を切り売りしているビッチ。
それに対し、八田(攻め)は、それを哀れに思って
モモを引き取った不器用な絶倫男。


まず、モモ役の下野紘さん。
うおおおお、めっちゃピッタリ!!
文句なしの出来です。
テンポもいいし、喜怒哀楽もしっかりしてて、
モモの明るさがよく出てます。
聴いた途端、スッと「あ、モモの声だ」としっくりと馴染みました。
八田との絶妙なコンビ具合も良かったです。
作品もエロエロなので、ちょっとやんちゃな子らしい
喘ぎ声も聴けて満足。
最高です。


次に八田役の小野友樹さん。
受け役も続きちょこちょこされている小野さんですが、
今回は低めの声で八田を演じていただいたようです。
おおお、ピッタリじゃないですか!
この声量・トーン、八田ちゃんだよー(><)
これまた理想通りの八田の声でした。
エッチの時の声は、絶倫!ってのが分かるぐらい
容赦なくて、傲岸不遜です。人が変わったようだー!
絶倫なのも、声でガンガン伝わってきてよかったと思います。


最後に須田役の安元洋貴さん。
第一声を聞いた時、ズッコケそうになりました。
腰にズンと来る色っぽい低い声。
超イケメンボイス!!
これ、主役の2人の声を完全に食っちゃいますよ!?
この配役、大丈夫!?
安元さんのイケボに暫く、茫然となったのですが、
だんだん物語が進むに連れて、耳が慣れてきました。
うおお、下衆の役もイケるじゃないかぁ、安元さん!
でも第一声がカッコ良すぎて、惚れます(笑)


あと、惜しいトコロがいくつか。
まず構成。
脚本は良かったと思います。
場面場面でちゃんと分かるように構成されていました。
音楽。
背景音楽が殆ど無かっのですが、逆にそれがコメディ性を
際立たせていて、良かったと思いました。

惜しいのは……カット部分。
2人が両想いになって、離れ離れで暮らすようになり、
そこから独占欲剥き出しの八田がモモを
路上エッチで、むちゃくちゃに抱くところ!!
これも楽しみにしてたのに、このシーンがなーい!(泣)
まるまるカットされてます。
CD2枚組になってもいいから、ここは欲しかった!
うーん、すごく残念><

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

原作が大好き過ぎるので、音声化は期待と不安で
いっぱいでしたが、結果的にはニジュウマルです。


モモとそれに振り回される八田ちゃんの将来も
想像したら、ニヤニヤします。
エロエロ安泰ですね!

4

待ちに待ってたぜ!

かなり前から予約していて、何度ダブり注文しそうになったことか・・・。
いろんなキャストが決まるまでかなり引っ張ってましたが。
原作も大好きだし、小野友樹くん目当てで購入しました。
作品の内容は、原作とは若干違うタイムラグでしたが、ほぼ原作通りかな?

モモ役の下野紘さん。
私は、原作読んだ時に何となく、モモはしもんぬだろうな~と思っていたので、違和感無く聴きました。
モモのカラッとした性格や、可愛らしく甘える所なんかがしもんぬには、ぴったりでした。
ちょっと、どうかな~と思っていた喘ぎ声も思いのほか大丈夫でしたよ。

八田ちゃん役のおのゆーのちょっとコミカルな感じのオカン攻め、やっぱりイケボでした。それしか無いんかっちゅうね。表現のレパートリーが少なくてすみません!!
こちらは最初から脳内再生はおのゆーでしたので。

須田役の安元洋貴さんなのですが、私の脳内再生が違う声優さんだったので、聴く前は微妙だったんです。
しかしあの低音エロボイスが、意外にも嵌ってまして。これも有りだと思いました。

特典フリートークは、しもんぬ、おのゆー、安元さんの3人で。
続きやっぱり唐揚げトークは鉄板でした。


4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ