甘い苦悩はホテル王のてのひらの上で

amai kunou wa hotelou no tenohira no ue de

甘い苦悩はホテル王のてのひらの上で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784775523582

あらすじ

マジシャンの尚は、敏腕ホテル経営者のクライブに請われて専属契約を結ぶ。しかしショーに出ることは禁じられて!?

表題作甘い苦悩はホテル王のてのひらの上で

クライブ・カークランド,老舗ホテルの社長,32歳
相田尚,ラスベガスのマジシャン,25歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

甘い苦悩…か?

とある事務所の雇われマジシャンとして生計を立てていた相田尚。
事務所の急な倒産によって自身の身の置き場をなくしてしまいどうしようと画策している折、ホテルの経営者クライブ・カークランドにうちこいと誘われる。
かくして職を失い、先の不安や、所属していた事務所からの給与支払いがなく困窮していた尚はクライブ氏の経営するホテルで生活しつつマジシャンの技量を上げるよう申し付けられる。
ただ一つしばらくショーに出ることを禁じて。。。

クライブ氏が尚にベタボレでまぁ恋のなんやかしは順調に進んでいきます。
ただ、尚がマジックができないでいる状況や次の所属(就職先?)が決まらないことの苦悩は甘いというよりも切羽詰まった苦悩のように感じられて甘くはないような気がします。
むしろ最後まで読んで気づいたのはクライブ氏による贈り物攻撃が困っちゃう!という惚気た苦悩が著者の意図する苦悩なのかと思いました。
エロは適度にありますが、そこまで濃ゆい描写ではなかったです。
挿絵の尚の雰囲気が好きでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ