猫の国へようこそ

neko no kuni ni youkoso

猫の国へようこそ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×212
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
137
評価数
36件
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784344833142

あらすじ

紀理に助けられた透耶が目を覚ますと、そこは不思議な<猫の国>だった。自分にも周りの人にも猫の耳と尻尾があって…。


ここは“猫の国”。人間界で死んでしまった透耶は“あやかしの猫”となってこの世界に来たらしい。透耶を助けてくれた紀理がそう優しく教えてくれたが、透耶は自分が元は人間だったのか猫だったのかも思い出すことができない。猫耳と尻尾の生えた子ども・夏来と秋生とも仲良くなった透耶だが、紀理といつ祝言をあげるのかと聞かれてドキドキしてしまい!?

表題作猫の国へようこそ

紀理・神獣(白虎)
透耶・あやかしの国に来たばかりの黒猫

評価・レビューする

レビュー投稿数4

可愛いのてんこ盛り

すごい可愛い。初心な透耶の反応がいちいち可愛い。にゃあにゃあいうのも可愛いし、ミミズクにキスされて「ふーっ、ふーっ」と威嚇するのも可愛い。猫の姿で夏来秋生とじゃれあうのも可愛い。とにかく可愛いのてんこ盛り。
そして紀理はひたすら優しい。紀理だけでなくてミミズクや鈴、工藤さんもみんな優しい。
透耶があやかし猫になった経緯はせつないけど、そのせつなささえスパイスと感じるぐらい、可愛くて優しい。

3

可愛い可愛い癒されるお話です

テクノサマタさんの可愛らしい表紙がそそられる、杉原さんのファンタジー作品。
と言っても元は現実世界にいた受けが死んで?猫の国へやってきたというお話なため、全くの異世界ファンタジーではありません。
そのため、ファンタジーが苦手な方も読みやすいと思います。

**********************
受けの透耶は、猫としての生を終え、猫の国の住人となったあやかし猫。
人でいうなら高校生くらいの年恰好となって目覚め、その姿は自分を可愛がってくれていた少年のものに。

攻めは猫の国の住人で、透耶を拾った紀理。
貴公子然とした整った容姿と穏やかな性格が魅力的で、周囲からは恐れられる強い妖力を持つ神獣の男性です。
**********************

もう、可愛い可愛いお話です。
猫の国の紀理の家で目覚めた透耶ははじめ、自分が猫自身だったのか、それとも猫を可愛がっていた少年だったのかわからない。
このことは後半に判明しますし何となく流れで察せられるのですが、もうそれは脇に置いておいても良いくらい世界観も透耶も可愛いのです。

そして何より紀理が素敵なの続きー!
穏やかな語り口で、しかも雄としても魅力的。
言うなれば年の差カップルな二人ですので、もっと早く読めば良かったです。
ああ、理想の王子様攻め。
『大人の話をしよう』とか『きみを大人扱いするよ』とかの台詞は、紀理が透耶を口説く時の前振りみたいなものなのですが、こちらが悶えてしまいました(笑
猫の国なので皆本性は猫科なわけで、紀理ももちろん神に近いとはいえ獣。
でも、獣のような理性のない行動へは出ないのです。エロも含まれた癒し系紳士という感じ?
いつも苦笑いを浮かべて頭を撫でるだけ。
慣れないことに戸惑っている透耶のペースへ合わせています。
神獣という部分が、紀理の中では他人から一線引かれ恐れられる要因です。
そんな自分を最初から恐れない透耶を驚きとともに愛しく思い側にいて欲しいと思いながらも、透耶の今後の選択肢を残す紀理は男前過ぎます。

このお話には主要二人の他に夏来と秋生という子猫ちゃんたちが登場しておりまして、チビッ子好きの方にはかなり萌え萌えかと。
わたしとしては、もっとテクノさんの挿絵は紀理たちに割いて欲しかったなあと思ってしまいましたけど(苦笑
でも、二匹とも良い味だしておりました。
とにかく心をほんわかさせてくれ、ちょっと涙を誘う素敵な作品です。
もちろんハッピーエンド!
疲れている方にも、癒しをくれると思います。
杉原さんとテクノサマタさんとのコンビ、素晴らしい。
シリーズ化を望みます!

8

ココナッツ

こにしそるさま

コメント、ありがとうございます(*^^*)

そうなんですよ、猫の国に迷い込んでしまったという感じです。
もちろんホロリとするシーン(多分、猫を飼われている方はジワジワくるかも)もありますが、カップル自体はとても可愛くてお勧めでございます。
杉原さんのほんわかした雰囲気の出ているお話でしたよ。

こにしそる

ココナッツ さま

こんにちわ、レビュー拝見しました!
死後の世界なんだろうな~とあらすじから察していたのですが、思っていたようなストーリーではなさそうなので安心しました。
というか、ちょっと興味ある、くらいに思っていたのが、レビューを呼んですごく興味持ちました!
歳の差も好きだし、ストーリーも好きそうなんでチェックします。
レビューありがとうございました^^

すこし悲しいけど、みんな優しいお話

不思議な話でした。
記憶を無くした「透耶」が気が付いたのは「あやかし猫の住む猫の国」
とぎれとぎれの 記憶をたどっていく。
かわいい子猫の夏来と秋生に癒され、
助けてくれた紀理に魅かれながら、
猫の国を過ごしていく。
記憶のなかの自分に、不安と疑惑を感じながらも
猫の国を過ごしていく。

「闇の狐」に襲われ人間界に戻ったことで、真実が
明らかになった。

すこし悲しい事実を知って。
それでも、猫の国のあやかしたちは
「透耶」にやさしかった。

大人の童話のようで、好きなストーリーでした。
気になる個性的なキャラクターがいっぱい。
夏来と秋生のストーリーもきになるし
謎の工藤さん。
「あやかし猫の住む猫の国」のシリーズ読みたいです。



5

猫の国!

杉原先生にしては珍しいファンタジー。
先日でたChara文庫の「星に願いをかけながら」が定番のじれじれ杉原節に対して、こちらは「夜の種族」シリーズに通じる異世界と現世界、二つの世界を舞台にしたお話。

目覚めたら、自分がいたのは猫の国。
頭には猫の耳、お尻にしっぽも生えている。
でも、目覚める前のことはおぼろげにしか思い出せない。
自分の顔は、自分のことをかわいがってくれていた男の子の顔のようだが、透耶という名前も猫の名前か男の子の名前かも曖昧で、、。
神獣の紀里と子猫の兄弟の夏来と秋生の住む家で、透耶は過去が思い出せない不安定な気分のまま、あやかしの猫の力が安定するのを待っている。

妖かしの世界と人間の世界、二つの世界を繋ぐ道。
その先で明らかにされる透耶の真実とは?

イラストのちび猫ちゃんたちがカワイイ!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ