シュガー・ベイビー

sugar baby

シュガー・ベイビー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434008023

あらすじ

「僕はお前じゃなくちゃダメなんだからっ!」資産家・久遠寺家の末っ子として、わがまま放題に育った雫の大好きなもの──それは甘~いお菓子。ある日、そんな雫の前に1人のパティシエが現れた! 彼の作るお菓子に探し求めていた味を見つけた雫は、自分だけのパティシエになれと言う。だけど返事はNO。報酬は思いのままだとさらにつめ寄る雫に、彼は「100日続けてケーキを買いに来い」と言って、1枚のスタンプカードを渡すが…。わがまま王子とつれないパティシエのシュガーコーティング・ラヴをどうぞお召し上がりください

表題作シュガー・ベイビー

浅葉清史 雫に専属になれと言われるパティシエ27歳
久遠寺雫 資産家久遠寺家の甘いもの大好きな末っ子

その他の収録作品

  • シュガーはお年頃
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

『パティシエとわがまま王子』だそうですが

あらすじを知らずに読んだとしたら、クールな執事×我が儘お坊ちゃまとしか思えない導入でした。

攻はパティシエと知ってて読み始めた私でさえ『え・・・アレ!?』と思ってしまったくらいです。

そして、読み進めるほど『・・・執事攻の方がまだよかったな』と思ってしまいました。

ちなみに私は執事攻も丁寧語攻も特に興味はありません。この執事・帯刀が好みだとか魅力的だとかいうわけでもない。
では何故かと言うと、単に私がこのパティシエ・浅葉がまったく好みじゃないし魅力も感じなかっただけです。

まあ、言ってしまえば設定もどうってことはないんですが、それはまあ構わないんです。
ただ、キャラクターすべてがどうにも好きになれなかった。

何よりも、お坊ちゃま・雫が『箱入り・世間知らず』で済ませるにはあまりにも幼過ぎました。

今なら無理でしょうが、この当時なら中学生にすればよかったのに。
それどころかこのキャラクターなら、いっそそのまま小学生に置き換えても違和感ない気がしましたよ。逆にこれで大学生は苦しかった。

イヤもう、何ひとついいところがなく(少な続きくとも私には感じられなかった)ストーリーに入り込むことができなくて、読んでて目が滑って困りました。

う~ん、謂わば和泉さんの『可愛い』系統のルーツ的作品?
なんとも微妙な作品でした。正直、読むまでもなかったとしか言えません。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ