船が出る前に

船が出る前に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワニブックス
シリーズ
Kirara novels(キララノベルズ小説・ワニブックス)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784847033940

あらすじ

神名木那智はフツーの高校二年生。一つ年上の恋人がいる。彼、京野秀一は超パーフェクト。自分との差に悩む那智。しかも秀一は、何故か最後の一線を超えてくれなくて…。そんな二人の甘い船出までを描いた高校生編。今度は会うとHばかりで戸惑う那智と独占欲に苦しむ秀一が、愛し合うがゆえの痛みを乗り切っていく大学生編。さらに先生を好きになった生徒の、愛と嫉妬の青春ラブ。池戸裕子&七瀬かいのハートフルロマン作品集。

表題作船が出る前に

生徒会で超優秀・京野秀一(高校3年) 他
模型部・神名木那智(高校2年) 他

その他の収録作品

  • 帆を渡る風─船が出る前に 2─
  • 優しいジェラシー

評価・レビューする

レビュー投稿数1

博愛主義は、罪

超優秀な幼馴染の攻めと、そんな攻めにコンプレックスを持つ地味な受けです。
この2人の高校生編と大学生編と、もう一つ先生×生徒の話が入っています。どちらの作品も切なさと焦燥感に、胸をうたれました。

生徒会で超優秀・京野秀一(高校3年)俺様硬派ヘタレ攻め×模型部・神名木那智(高校2年)地味健気乙女受け
幼馴染で一つ年上の秀一に那智は、コンプレックスを持っている。
自分は10人並で頭もよくないし、秀一とつきあっている自信がない。
それなのに、ラブレターをもらうと博愛主義者の秀一はいつも一度はデートしてあげたりと相手をしてあげる。
それが那智には気に入らないのに、秀一はわかってくれなくて。

博愛主義が人を傷つける事を知らない攻めと、自分への評価が低い受けで、どっちもどっちです。
優秀でコンプレックスなんて持った事がないので、那智の悩みも迷いもわからない。
でも、一番重症なのは、「俺なんか」のどこがいいのと思っていつまでも自信がもてない受けの方です。
一度決裂して離れたことで、秀一の絶対的な自分の自信が揺らいで、那智の気持ちが少しは伝わったのだと思います。
この話で続きも、横恋慕キャラの先輩がいい味を出していました。
大学生編ではすっかり立場が逆転して、ヘタレ部分を垣間見せた秀一が可愛くてよかったです。

優しいジェラシー
中学校教師・牧瀬(27)ヘタレ攻め×生徒・藤井ひかり(15)おバカワンコ健気受け
先生がいつもペットのロッドにばかり構っているので、ひかりは嫉妬している。
卒業祝いに、先生とログハウスに泊まりがけで遊びに行くことに。
大好きな先生とたまには2人きりになりたくて、ロッドに無駄吠え防止の革の輪をかけて、離れた場所に繋いでしまう。
雨が降ってきて寒くなってくると、先生と2人きりでいても罪悪感で楽しめなくて。

先生にとってロッドは家族と一緒でとても大事な存在だと話すのを聞いて、事の重大さに青ざめます。
単純な気持ちからやってしまっておバカなんだけど、それだけ攻めの事を好きな受けの気持ちは可愛いです。大事さをわかって、泣きながら反省出来る素直さもいい子で好きです。
ただ、それを家族で大事な存在と言っていたロッドが爪をはがしたりと怪我をしたのに、あんなことをするほど好きになってくれた!なんて攻めが喜ぶのは、ダメです。その気持ちは、心の中に隠しておいて欲しかったです。
どうも、動物ネタの使い方が雑な気がします。
それさえなければ、犬の次でいいから俺のことを見て欲しいという受けの切なさが染みるいい話だったと思います。

エロ:★3 普通、先生×生徒は、最後まではなし
総合:★4 悩みながら頑張る子が好きなので、ツボな話でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ