こんなはずでは

konnna hazudewa

こんなはずでは
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×214
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
118
評価数
31件
平均
3.9 / 5
神率
25.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784396783563

あらすじ

なんとか滑り込んだ会社で、研修担当だった森さん。何気ない会話から、彼が誕生日だったこと、意外と年上なことを知り、気になって仕方がない安達くん。女のコの気持ちだってわからないし、森さんの気持ちはもっとわからないし、わからないけどわかりたいし知りたい――。

表題作こんなはずでは

安達智則 新入社員 
森さん 31歳 後輩教育係

その他の収録作品

  • bonus track(描き下ろし)
  • 連動小話 with 『からっぽダンス』(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

すごくかわいいリーマンもの!

かわいくって、やさしくって、ため息が出てしまう。
帯に『ほのぼのBLの新定番』とあって、ほっこり、安心して読める感じなのにニマニマが止まらないです。会話のやりとりがめっちゃいいんですよねぇ。表紙の涙こぼしてる後輩の一人前になれない感じもワンコっぷりもいいけど、これは先輩がどんなところで、どんなふうに照れる、いやデレるのか?…注目したい。試し読みが好きならたぶん、Go!!です。

1

社内恋愛は素敵!

癒しを求めて読ませていただきましたら
やっぱりほのぼのとしていて可愛らしかったです。

新入社員×元研修担当の先輩っていう設定、大好き過ぎる…!!
初対面での、優しそうな感じがずっと続いたわけでなく
それなりに怒られたりするのがまた好感触でした。
安達が見た目とは違って結構抜けてるタイプなので
森さんも大変だろうけど
安達本人は真面目だしそれなりに一生懸命だから
バカな奴ほど可愛いって思ってたんだろうな。

猪突猛進に森さんへアタックするでもなく、
押してきたと思ったら妙なとこで引いて(無自覚に!)
どうにも掴めないようなところも楽しかったです。
ウブっちゃウブだし、すぐ泣いてしまうしww

安達はノンケだったようですが森さんは…どうなんだろう…。
初デートで安達がエロいこと考えて真っ赤になったのを見て
「安心したけどな」って言ってるあたり、
ゲイ受けがノンケ攻めに対して思うような感情のような気がして…。
会社とかでも何か言いたげな表情があったので
ちょっと気になってしまいました。
と言いつつ、ノンケ同士でもノンケ×ゲイでも美味しいので大丈夫続き

あと、これも勝手に気になってしまったのですが
森さん、怒るわりにはちょいちょい可愛い言動が…。
“甘やかし上手な先輩”だからなんでしょうけど
「うるせえこのバカ!」とか大声はったり
ばちんと叩いたりするから
凄く男らしいイメージが私の中についてしまったので
安達の頭をなでて「ふふふ」って笑ったり
「感謝してよね」って言ったりが、
そこは頭をぐしゃぐしゃにして「ははっ!」と笑うとか
「感謝しろよ」ってちょっとドヤ顔するくらいとかが
森さんっぽいような気が……すみません。
多面性があるのが人間なんでしょうね…。

なんだかんだ言ってしまって申し訳ございませんでしたが
年下らしい頼りない感じも勢いも懸命さも可愛い安達と
あまり表面には出さないけどそんな安達が愛おしそうな森さん、
とてもお似合いなカップルでした!!

3

なんじゃこりゃ!可愛すぎるっっ!

男前な先輩とちょっと抜けてる犬っころ後輩のほっこりするお話です。
絵柄が、まず好きです。作風にとっても合ってます。
後輩君のちょっと抜けてるところとかおっちょこちょいたぽいとことかポロリと泣くとことか、何しろかわいいです。
話の内容は、何か事件や困難や葛藤などが起こることはなく、日常の小さな小ネタです。
が、台詞の1つ1つ、間の取り方、表情など、ところどころで笑いや萌えのツボをグイグイ押されます。
静かなる名作だと思いました。
文句無しで神です。

1

ほっこりv

ひじょーーーーーーーに可愛い作品でした(´艸`*)
会社の先輩と後輩の関係と、違和感ない日常の感じが
こぉ、肌にしみいるといいますか(笑
こういう先輩後輩コンビが職場にいたらきっと癒される。
テンポと雰囲気がすごく好き。

「お前、おれのこと可愛いの?」
聞く方も聞く方ですが、聞いた時の攻の反応がまた好きでした。
ここでしっかり「可愛いです!!」と答えない攻が好き。
ガツガツしすぎてないところがイイ(心情はわかりませんがw
私服デート、社員旅行。
何につけても覆わず微笑ましく見てしまう作品でした。

2

ほわほわ もだもだ いい感じ

表紙にホレて購入しました
続編希望です!
職場の先輩森さんと後輩安達くんのお話
2人ともかわいくてほのぼのします
台詞がそんなに多くないため
2人のほんわかした空気感が楽しめました
クスッと笑える所もあって癒されます
森さんの寝起きの顔ときたら!!
愛しい人だからこそ、すべてがかわいいんですね


1

作品としては好きだけど、萌えはなかったかな・・・

『ちいさくともる』がとても良かったので、これもまた期待して読んで正解でした。もうなんかこう、ぐるーっと一周して、こういうほのぼのした作品に安寧をもらっている心のEDなわたくしであります。しかしこの安達・・・こんな若手が職場にいたら、私あの経理の女性みたいなことになってるな絶対。どんどんあらぬ方向に会話を進めたり、突発的に大声出しちゃうし、迷惑。ワンコは二次元においてこそ可愛いのだとつくづく。そして笑えるのもまた然り。森みたいな器のでかい男じゃないと、うまくやっていけないということが、いちばん伝わってきた気がします(笑)

1

非BL『からっぽダンス』も合わせて読もう!

リンク・連動小話with『からっぽダンス』
非BLがオッケーな方はこちらもおすすめ。
リアルにありそうな話で私はとても楽しく読みました。

では『こんなはずでは』の感想を。
後輩×先輩、良いお出しが1冊まるまるっと取れておりまする。
2人の相性が抜群に良い!
恋にドキドキしている後輩クンの無茶苦茶な行動あるあるに笑えます。
ドジな後輩をほっておけない先輩の優しさが所々ににじんでいて、
こころがじんわりあったまりました。
恋をがむしゃらに応援したくなる漫画でした。

1

ついにやけてしまう

前作「ちいさくともる」を読んだ時は、正直ちょっと盛り上がりに欠けているように感じて、この作家さん合わないかも…と思っていたのですが、今作の試し読みペーパーを拝見して気になったのでリベンジと思い購入。


いやはや、断然こっちの話の方が好みですね。前作もリアルなストーリーではあったのですが、今作は割と身近なオフィスラブということもあり、話に親近感が湧きました。

新入社員の安達は一見背も高く男前なのに中身は天然ボケでお人好しそうな男。いかにも新入社員な感じのキャラにも好感が持てました。私情ですが最近転職したので新入社員の安達くんの気持ちがすごくわかる!そこがよりこの話を身近に感じるポイントでもありました 笑
そして安達の教育係の森は、幼顔ながら31歳で、男前な性格の面倒見のいい先輩。こういったキャラのギャップ設定にも弱いんですが、もうとにかく森さんがかっこいいしかわいいし…!!!なんなのこの最強キャラ!!最近見たBLの中で一番好きなキャラかもしれません。私の中のベストオブ萌えキャラ認定です。

会社の雰囲気も日常感がすごく出ていてほんとにほのぼの。だけどほのぼのの日常の中続きにちょっとした自分にとっての事件って感じがすごく萌えます。森さんと安達くんとのコンビネーションもまるで漫才コンビのように抜群でおもしろく、ついついにやにやしてしまいます。初デートで初めて私服を見る感覚も、すごく上手く表現されてて良かったです。もう、私服の森さんが可愛すぎるううう!!!31歳に見えないけどそんなギャップが堪らなく素敵なのです。最後の森さんの寝起き顔も面白くて萌える!!こういう人いるよな、普段は可愛い顔してるのに寝起きがブッサイクな人 笑 日常のあるあるが詰め込まれて本当に身近な話に感じる作品でした。

3

年下ワンコ

1冊ひとつのお話です。
帯に書いているようにまさに、ほのぼのBLでした。

新入社員の安達の教育係になった先輩森さんは
怒るとちょっと恐いけど面倒見のいい31歳。
そんな森さんに恋した安達くん、黙っていれば背も高くて
なかなかのイケメンなのに、どこかテンポがずれてるドジな大型犬。
そんな安達くんの気持ちに答える森さんと
森さん大好き純情ワンコの可愛いほのぼのストーリーです。

とにかく、森くんが犬っころです。それも超大型犬。
その犬っころに待てしたりお座りさせたり、上手に躾けながら
最終的には完全に絆されてしまう森さん。
安達くんの気持ちに気づいて、その気持ちを受け止めて
可愛い犬っころを大切に育てる森さん。
その森さんの掌の上で転がされる安達くん(本人は気づいてないけど・・)
何度もその掌から転げ落ちそうになって、その度に森さんに救われて
天然というかなんというか、呆れてしまうほどバカなんだけど
そこがもう森さんにとっては可愛くて仕方ないんでしょうね。
半分は森さんも安達くんに振り回されてるみたいに見えますが
案外どっちもどっちで釣り合ってるの続きかもしれません。
初めてお泊りした朝の森さんを見て、「ただのおじさん」に見えたのは
私だけじゃなく安達くんも同じなんだろうけど
その「ただのおじさん」に増々惚れ直してしまった安達くんは
森さんの本質に惚れ込んでいるんでしょうね。

本編随所に出て来る、安達くんと森さんのどこかずれた会話。
なかなか笑えるものばかりです。
しかし憎めないんですよね犬っころの安達くん。
森さんだけでなく、誰もがそんな風に感じるんじゃないかなぁ・・
「ほのぼのBL」というのが、とてもしっくりくると思います。

裏表紙のタクシー待ってる二人、とても可愛くて好きです。



2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ